WebEx ミーティングを録画する

Document created by Cisco Localization Team on Oct 12, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 16, 2017
Version 3Show Document
  • View in full screen mode

 

サーバー上でミーティングを録画する


 

サーバーでミーティングを録画すると、録画を停止した後で、[マイ録画] ページに録画が自動的にコピーされます。 あるいは、お使いのサービスの録画ページに自動的にコピーされる場合があります。

サイト管理者により、ネットワークレコーダーですべてのミーティングを録画するオプションが有効になっている場合は、サイトで主催されているすべてのミーティングが自動的に録画され、サイト管理者だけがネットワークから録画を管理または削除できます。あなたが削除することはできません。

  

重要


  • 録画を一度停止して、後ほど再度録画を開始すると、別の録画ファイルが作成されます。 1 つのミーティングを 1 個のファイルに収めたい場合は、停止の代わりに一時停止を使用します。

     

  • ミーティングの録画を開始する前にマイクの音量を調整します。 最良の結果を得るため、録画中の音量調節は微調整のみにします。

     

  • デスクトップ共有や  ビデオミーティングを録画する予定の場合は、最高画質で録画ができるようにコンピュータのモニタの解像度を 1024x768 に設定します。

     


        

録画ボタンを使ってサーバー上でミーティングを録画する

1   [ミーティング] ウィンドウで [録画] を選択します。
2   音声会議が録音されていることを確認してください。
重要          

優れた効果を出すには、ミーティングの録音に WebEx 音声を使用することをお勧めします

    
  レコーダーパネルが表示され、録画が自動的に開始されます。

レコーダーパネルを使ってサーバー上でミーティングを録画する

     
1   ミーティングを開始します。
2   必要に応じて [レコーダー] パネルを開きます:
  • パネルウィンドウ上の [レコーダー] ボタンをクリックして [録画] パネルを開きます。
  • 自分のデスクトップまたはアプリケーションを共有している場合、ミーティングコントロールパネルから [レコーダー] のコマンドを選択し、[録画] パネルを開きます。
3   [レコーダー] パネルで [録画] を選択します。

ミーティング中に主催者の役割を別の参加者に委譲する場合でも、録画を管理の行う必要があります。

[録画を開始] ボタンをクリックすると、レコーダーパネル上で赤い録画インジケータアイコンが表示され、[録画中] の文言が録画が進行中であることを示します。

重要      

自分のデスクトップまたはアプリケーションの共有中に、録画が進行中の場合は、ミーティングコントロールパネル中に録画のインジケータが表示されます。

WebEx 音声を含むミーティングを録画する

 

ミーティングで音声会議に WebEx 音声が使用されていることを確認してください。 通常、ミーティングをスケジュールする時、あるいはインスタントミーティングの設定を指定する際にこのオプションを指定します。

  

録画ボタンを使ってサーバー上でミーティングを録画するで記載されている通りにミーティングを録画します。

  

ミーティングの録画では、音声会議は自動的に録音されます。

  

重要


  
  • 優れた効果を出すには、ミーティングの録音に WebEx 音声を使用することをお勧めします

     

  • WebEx 音声の使用中に、主催者およびユーザーは電話とコンピュータ間で音声接続を切り替えることができます。 録画ミーティングでは両方使うことも可能です。

     

  • コンピュータを使用してミーティングに参加する場合で、しかもこれが 1 回目のインターネット経由での音声接続の場合、音声設定ウィザードが表示され、音声設定の適切な調整をサポートします。 指示に従って設定を行います。

     

  • 音声接続にコンピュータを使用している間、あなたは、表示された [音量] パネルを使ってスピーカーを調整したり、マイクの音声を設定したりできます。 ミーティングを録画する際に、これらの設定を確認し、適切であるかどうかを確認してください。

     

  
  

他社の電話会議を含むミーティングを録画する

  

他社の電話会議サービスを使用するミーティングを録画することは可能です。しかし、他のサービスを使用する場合、それが確実に録画サービスに接続されていることを確かめてください。 他社の電話会議サービスが録画サービスに適切に接続されていない場合、あなたの録画には音声が含まれません。

   

重要


   

優れた効果を出すには、ミーティングの録音に WebEx 音声を使用することをお勧めします あなたのミーティングで他社の電話会議サービスを指定した場合、その音声接続と品質は、その他社の電話会議サービスに依存し、WebEx ミーティングサービスの制御下ではなくなります。

   

ミーティングの録画に他社の電話会議サービスの使用を考えている場合は、次の手順に沿って、その電話会議があなたの録画に含まれているかを確認する必要があります。

   

録画ボタンを使ってサーバー上でミーティングを録画するで記載されている通りにイベントを録画します。  

   

まだ他社の電話会議に接続されていない場合は、WebEx レコーダー (サーバー上の録画) 設定ウィザードが現れます。

   
        
1   [他社の電話会議を録音する] を選択します。
2   [次へ] を選択します。 ウィザードの次のページが表示されます。
3   あなたの電話会議サービスのこれらの情報を指定します:
  • (必須) ダイヤルイン番号: あなたの電話会議サービスに接続するためのダイヤル番号です。 番号に - — () などの文字は使用することはできません。
  • グリーティングメッセージのスキップ番号: あなたが電話会議サービスにコールインする際に音声のグリーティングをスキップするために使用されるキーまたは番号です。
  • ユーザー ID の前に一時停止: ユーザー ID の入力が求められるまでの待ち時間の秒数です。 
注意: グリーティングのスキップを選択している場合、待ち時間が短くなります。
  • (必須) ユーザー ID: 電話会議サービスのあなたのユーザー ID です。 あなたのユーザー ID の後にキーを押すよう要求されている場合は、それも必ず含めます。 電話会議サービスにより、ユーザー ID は PIN 番号、電話会議 ID、ミーティング番号、アクセスコードなどと呼ばれる場合があります。
  • ユーザー PIN の前に一時停止: 最後のキーの入力が終了してから PIN 番号の入力あるいは 2 つ目のユーザー ID が要求されるまでの間の待ち時間が必要な場合は、その長さを指定します。
  • ユーザー PIN: あなたのユーザー ID 認証番号 (PIN) または 2 つ目のユーザー ID です(持っている場合)。 電話会議サービスによっては、PIN は、PIN 番号、ユーザー ID、電話会議 ID、ミーティング番号、アクセスコードなどと呼ばれる場合があります。
4   [次へ] を選択します。 システムが他社の電話会議サービスへの接続を試みます。 設定ウィザードページの上部にメッセージが表示され、接続が正常かどうかをあなたに知らせます。
5   設定ウィザードにあるガイドラインに従い接続が正常かどうかを確認します。
6   設定ページの上部に表示されるメッセージが接続が正常であることを示し、グリーティングが流れてきた場合、[録画を開始] を選択してあなたのミーティングを録画し、電話会議を録音してください。

録画を一時停止して再開する

     
1   サーバー上でミーティングの録音を開始します。
2   録画を一時停止する準備ができたら、[一時停止] を選択します。    

レコーダーの状態テキストが [録画] が一時停止されたことを示し、一時停止ボタンがオレンジ色に点滅します。 録画を一時停止するときに、アプリケーションやデスクトップを共有している場合、録画インジケータアイコンがオレンジ色に変わります。

   
3   ミーティング録画を一時停止するには、[一時停止] を選択します。
重要      

録画を一時停止した後に再開する場合は、同一の録画ファイルに保存されます。

        

録画の品質を向上させるためのヒント

 

ネットワークレコーダーは、記録ファイルのサイズを比較的小さい状態で保持しながら、毎秒 2。5 フレームでビデオをキャプチャして高品質な記録を作成します。 このセクションに記載されているテクニックを使用して記録の品質をさらに向上することができます。

  

ビデオ品質を向上させる

    
  • マウスの動きをキャプチャする場合は、 最初はゆっくりとマウスを動かし、徐々に動きを早くします。

     

  • ボタンをクリックしたりメニュー項目を選択する前にオブジェクトの上でマウスの動きを一瞬止めるようにします。 このように操作することで、ユーザーがオブジェクトをクリックする前にレコーダーはマウスの動きをキャプチャできるようになります。

     

  • 複雑なアクションや長いアクションを記録する予定の場合は、記録を開始する前に一連の操作手順を記述してミスをできるだけしないようにします。

     

  • 記録を開始する前に、モニターのディスプレイ解像度を 1024x768 ピクセルに設定します。

     

  

音声品質を向上させる

    
  • 音質が良くない場合は、コンピュータのサウンドカード、マイク、またはスピーカーのアップグレードを検討してください。

     

  • ひずみによる雑音を生じない範囲でできるだけマイク音量を大きく設定します。

     

  • 音声の録音に電話のヘッドセットを使用します。 ヘッドセットを利用すると、通常、電話のハンドセットまたはスピーカーを使用するよりも良好な音声品質を確保することができます。

     

  • マイクから 15cm ほど離れて話すようにします。

     

  • 不要な雑音が記録されないように、記録は静かな場所で行います。 紙や本などの雑音を発生させる物を移動しないようにします。

     

  

 


Attachments

    Outcomes