メール招待状から WebEx トレーニングセッションに参加する

Document created by Cisco Localization Team on Oct 25, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 15, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

Center のセットアップ

組織によって使用できる Center が異なります。Center には次のものがあります。Meeting Center、Event Center、Training Center、Support Center です。

すべての Center はミーティングおよびセッションの開催時または参加時に自動的に設定されます。しかし、事前に Windows または Mac でセットアップを済ませておけば、参加にかかる時間を節約できます。

このようにするには、お使いの WebEx サイトで [セットアップ] を選択し、次のいずれかを選択します。

  • Meeting Center

     

  • イベントマネージャ

     

  • トレーニングマネージャ

     

  • Remote Support

     

コンピュータからトレーニングセッションに参加するには

      
1    届いたトレーニングセッション招待状メールから [WebEx トレーニングセッションに参加] をクリックします。

ウェブブラウザが開き、[セッション情報] ページが開きます。

2    名前と メールアドレスを入力します。
3    [参加] をクリックします。

トレーニングセッションに接続されます。

音声に接続する

     
1    音声ボタンの下部にある [その他のオプション] をクリックします。
2    以下のいずれかのオプションを選択します。                
オプション次の操作
コールバック
  1. 電話番号を入力します。

     

  2. [コールバック] をクリックします。 コールバックを受け取り、場合により電話の 1 を押して接続します。

     

コールイン
  1. 画面に表示された電話番号にダイヤルします。

     

  2. プロンプトが表示されたら、電話のキーパッドからアクセスコードを入力します。画面に出席者 ID が表示されます。

     

コンピュータを使って通話

このオプションを選択して VoIP を使って音声に接続します。

スピーカーとマイクの調整を行うには、メニューバーの [音声 + コンピュータ音声設定] をクリックします。

ビデオ端末でコールバックを受ける
  1. ビデオシステムのアドレスを入力します。

     

  2. [コールバック] をクリックしてビデオ会議端末を使って接続します。

     

 

マイクアイコンを選択すればいつもで自分をミュートまたはミュート解除することができます。

モバイル端末からトレーニングセッションに参加する

      
1    モバイル端末からメール招待状を開き、[WebEx ミーティングに参加] をタップします。

モバイル端末ですでに Cisco WebEx ミーティングアプリケーションがインストールされている場合は自動的に起動します。 あるいはインストールページにリダイレクトされます。 プロンプトに従いインストールを完了します。

2    ログイン情報および必要に応じてパスワードを入力します。

WebEx トレーニングセッションに接続されます。

3    モバイル端末で着信して応答すればイベントの音声会議に接続されます。WiFi に接続されていれば VoIP を使用することができます。 音声オプションをタップして指定します。

以前、電話番号を入力していない場合、[コールバック] をタップすると、コールバックする電話番号を入力するようにプロンプトが表示されます。 既定の音声設定に応じてセッションは端末を自動的に呼び出します。 着信に 応答することでセッションの音声に接続されます。

 

Attachments

    Outcomes