イベントのスケジュール、編集、キャンセルと開始

Document created by Cisco Localization Team on Oct 21, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Apr 5, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

イベントのスケジュール、編集、キャンセルと開始

 

イベントをスケジュール、開始、編集、またはキャンセルするには、ウェブサイトの主催者アカウントを持っている必要があります。

  

イベントのスケジュール

イベントのスケジューリングの前に [イベントのスケジューリング] ページの一部を完了すると便利です。 詳細は [イベントの計画] を参照してください。

          
1    Event Center ウェブサイトにログインします。
2    ナビゲーションバーから、[イベントの開催 > イベントをスケジュール] を選択します。
3    次のスケジューリング情報を完了します:
基本情報セクション
  • 公開イベントは Event Center ウェブサイトで表示され、誰でも見ることができます。 非公開イベントは招待されている参加者だけが見ることができます。

     

  • 登録を使えば、あなたのイベントに出席する予定のユーザーの情報を確認することができます。

     

  • プログラムを使えば、特定のプロジェクト、製品、または受講生でイベントをグループ化することができます。

     

  • マイ WebEx でレポートを生成することで、イベントに関する情報を確認できます。イベント終了時にイベントを削除しても生成は可能です。

     

  • イベントパスワードを入力する際にスペースや二重引用符  (“”) が含まれていないことを確認してください。

     

  • (WBS31 以降のみ) eコマース機能が有効な場合、[イベント費] ボックスでの費用の入力を要求できます。

     

  • (WBS31 以降のみ) ロモーションコード機能が有効でかつイベント料金の割引を提供する場合、出席者にプロモーションコードが提供されることを確認してください。

     

  • サイト管理者の設定によって、トラッキングコードの指定は任意であったり必須になることもあります。

     

ヒント      

サイト管理者により、自分のユーザープロファイルにも同じトラッキングコードオプションが表示されるように設定されている場合、ユーザープロファイルを編集してトラッキングコードを指定することができます。 ここで指定したトラッキングコードは、自動的に [イベントをスケジュール] ページに表示されます。

日時セクション
  • [イベントのタイムゾーンを計画] を選択して、異なるタイムゾーンにいる参加者にとって適切な時間を選択します。

     

  • 推定継続時間を指定するのは、自分の予定や計画を立てやすくするためだけです。 ここで指定した時間が経過しても、イベントが自動的に終了することはありません。

     

イベントの説明とオプションのセクション
  • UCF の自動再生オプション: イベント中のイベント資料のアップロード作業を排除するため、イベント開始前に事前にアップロードしておくと便利です。 イベント資料を追加するには、まず、 Event Center ウェブサイトの [マイ WebEx] セクションの個人用フォルダに資料をアップロードしておく必要があります。

     

  • イベントの説明を HTML (ハイパーテキストマークアップ言語) コードで書式設定することができます。 ウェブページ作成プログラムを使用する場合、そのプログラムで書式設定済みのイベント説明を作成し、そこから HTML コードをコピーして、[説明] ボックスに貼り付けることができます。

     

  • イベント後の誘導先 URL はイベント終了時に表示されます。

     

  • 大量の出席者が参加するイベントで出席者リストが見れるユーザーは、[主催者、プレゼンタ、およびパネリストのみ] を選択してパフォーマンスを改善します。

     

  • ビデオ機能は、サイト管理者がオンにしている場合に限り、利用できます。

     

出席者と登録のセクション
  • 参加者に対し、イベント参加前にシングルサインオン認証でログインすることを要求し、かつイベントを招待者のみに制限すると、登録オプションが利用できなくなります。

     

  • 必要な登録 ID で [はい] を選択すると、各出席者は登録要求が承認されると、一意な登録 ID を受け取ります。 このオプションを使えばあなたのイベントでより多くのセキュリティ機能を追加できます。

     

  • 登録要求の承認を求める場合、登録の自動承認および自動却下を行うための承認ルールを設定することができます。

     

メールメッセージのセクション
  • iCalendar の添付を加えるを使えば、招待済み参加者がスケジュール済みイベントを Microsoft Outlook などのカレンダープログラムに追加することができます。

     

4    (オプション) 同じ情報を再び使用する場合は、[テンプレートとして保存] を選択します。
5    イベントの詳細の指定が済んだら、[このイベントをスケジュールする] を選択します。
6    [イベントメールを送信] ページで、招待メールの宛先を選択し、[今すぐ送信] をクリックします。

[後で送信] を選択すると、[イベント情報] ページが表示されます。このページで、後からイベント情報の更新を知らせるメールを送信できます。

7    表示されたメッセージに対して、[OK] と [続ける] を選択します。 [イベント情報] ページが表示されます。 また、設定したイベントに関する情報が記載された、確認用のメールメッセージが自分宛に送信されます。

イベントの開始、編集、取り消し

             

タスク

操作

イベントを開始する

重要      

出席者が主催者より先に参加できる設定を指定していない場合、主催者が出席者より先に参加してイベントを開始する必要があります。

  1. Event Center ウェブサイトにログインします。

     

  2. [マイ WebEx] > [マイミーティング] の順に選択します。

     

  3. 目的のイベントを見つけて [開始] を選択します。

     

イベントの編集

  1. Event Center ウェブサイトにログインします。

     

  2. [マイ WebEx] > [マイミーティング] の順に選択します。

     

  3. 目的のイベントを見つけて [編集] を選択します。

     

イベントの取り消し

  1. Event Center ウェブサイトにログインします。

     

  2. [マイ WebEx] > [マイミーティング] の順に選択します。

     

  3. 目的のイベントのチェックボックスにチェックを入れ、[削除] を選択して確定します。

     

  4. メール通知オプションを選択します。

     

 

Attachments

    Outcomes