ブレイクアウトセッションの作成

Document created by Cisco Localization Team on Oct 25, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 15, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

ブレイクアウトセッションを作成する - 出席者

             
1    メインのセッションウィンドウの [ブレイクアウトセッション] パネルから、[ブレイクアウトセッションの割り当て] を選択します。
2    [手動] を選択し、ブレイクアウトセッションを追加します。
3    セッションを追加するには、[セッションの追加] または [+] ボタンを選択します。
4    新しいブレイクアウトセッション名を入力し、提供される既定名を使用します。
5    ブレイクアウトセッション名をハイライトします。
6    ブレイクアウトセッションに追加する [割り当てなし] 参加者名を選択し、[>>] ボタンを選択します。
7    (オプション) 追加オプションを表示するには、オプションアイコンを選択します。
8    (オプション) 参加者が招待無しでブレイクアウトセッションに参加できるようにするには、[参加者] の [招待せずに他のユーザーにブレイクアウトセッションへの参加を許可] のとなりにあるチェックボックスを選択します。
9    (オプション) ブレイクアウトセッションの参加者数を制限するには、[参加者] の [このセッションに参加できる参加者数の制限] のとなりにあるチェックボックスを選択します。 次にボックスに参加者数を入力するか選択します。
10    [OK] を選択します。           

ブレイクアウトセッションが自動的に開始され、各招待者に参加への招待状が送信されます。 招待者は [はい] または [いいえ] を選択します。ブレイクアウトセッションの参加者に対し、ブレイクアウトセッションウィンドウが表示され、ブレイクアウトセッションのプレゼンタと参加者の名前が [ブレイクアウトセッション] パネルに一覧表示されます。 また、参加者が他の参加者とチャットできる [チャット] パネルが表示されます。 メインのセッションウィンドウの [ブレイクアウトセッション] パネルに自分の名前が表示されます。

     

作成されたブレイクアウトセッションを開始する

     
1    主催者ががあなたのブレイクアウトセッションを作成したときに送られてくるメッセージボックスで、[はい] を選択します。
2    (オプション) 後ほどブレイクアウトセッションを開始するには、[いいえ] を選択します。ブレイクアウトセッションは、[ブレイクアウトセッション] パネルでセッション名または自分の名前を選択して、[開始] を選択すると、いつでも開始することができます。

ブレイクアウトセッションに参加する

 

プレゼンタは、参加者を招待するか、または参加者が招待なしで参加することを許可することにより、参加者がブレイクアウトセッションに参加できるかどうかを決定します。

  

[ブレイクアウトセッション] パネルで、参加するブレイクアウトセッションの名前を強調表示し、[参加] をクリックします。

  

ブレイクアウトセッションから退席および再参加する

 

自分がブレイクアウトセッションのプレゼンタではなく、参加者である場合、セッションから退席し、後で戻ることができます。

  
  •  

    [ブレイクアウトセッション] パネルで [ブレイクアウトセッションから退席] をクリックします。

      

  •  

    [ブレイクアウトセッション] メニューから [ブレイクアウトセッションに参加] を選択します。

      

  

ブレイクアウトセッションで音声会議を使用する

   

あなたは、ブレイクアウトセッション中にお使いのコンピュータまたは電話を使って参加者と通信できます。 主催者がメインセッション内で設定するすべての電話会議オプションは、ブレイクアウトセッションとして適用されます。 音声会議のコントロールはメインセッションと同様です。

    

重要


    
  •       

    メインの音声会議セッションに参加している参加者がブレイクアウトセッションに参加する際は、自動的にメインの音声会議セッションからブレイクアウトセッション音声会議に切り替えられます。 参加者は、ブレイクアウトセッション音声会議に接続している間は、メインセッションで音声会議に参加できません。

          

  •       

    音声会議が利用できないか、ブレイクアウトセッションの開始前にメインセッションに対してまだ開始されていない場合、ブレイクアウトセッションの音声会議も無効です。

          

  •       

    ブレイクアウトセッションの音声会議の参加者がブレイクアウトセッションから退出すると、ブレイクアウトセッションの音声会議から自動的に切断されます。 参加者はメインセッションに戻り、[音声] メニューの [音声会議に参加] を選択すると、メインの音声会議に参加することができます。

          

    
   

ブレイクアウトセッション参加者の管理

   

重要


    

このセッションで 500 人を超える出席者をサポートするスケジュールオプションを選択した場合、ブレイクアウトセッションに出席できる参加者数は100人に制限されます。

    
   
             
1    メインのセッションウィンドウの [ブレイクアウトセッション] パネルから、[ブレイクアウトセッションの割り当て] を選択します。
2    [手動] を選択し、ブレイクアウトセッションを追加します。
3    セッションを追加するには、[セッションの追加] または [+] ボタンを選択します。
4    新しいブレイクアウトセッション名を入力し、提供される既定名を使用します。
5    ブレイクアウトセッション名をハイライトします。
6    ブレイクアウトセッションに追加する [割り当てなし] 参加者名を選択し、[>>] ボタンを選択します。
7    (オプション) その他のオプションを表示するには、オプションアイコンを選択します。
8    (オプション) 参加者が招待無しでブレイクアウトセッションに参加できるようにするには、[参加者] の [招待せずに他のユーザーにブレイクアウトセッションへの参加を許可] のとなりにあるチェックボックスを選択します。
9    (オプション) ブレイクアウトセッションの参加者数を制限するには、[参加者] の [このセッションに参加できる参加者数の制限] のとなりにあるチェックボックスを選択します。 次にボックスに参加者数を入力するか選択します。
10    [OK] を選択します。           
重要             

セッションの開始時に、セッションに参加できる参加者数を指定していた場合は、招待せずにこのセッションへの新しい参加者を追加コマンドが選択されても、その人数の参加者しかセッションに参加できません。

      
     

プレゼンタの役割を他の参加者に付与する。

     
1    [ブレイクアウトセッション] パネルの参加者リストから、プレゼンタの役割を渡す参加者の名前を選択します。
2    [ブレイクアウトセッション] パネルで [プレゼンタに指名] を選択します。       

その参加者名横にプレゼンタを表すインジケータが表示されます。

      
重要             

アプリケーション、デスクトップ、またはウェブブラウザの共有時は、プレゼンタの役割を付与することはできません。

      
     

ブレイクアウトセッション中にプレゼンテーションを行う

 

ブレイクアウトセッション中の情報のプレゼンテーションおよび共有は、メインセッションでのプレゼンテーションと同じように機能します。 唯一の相違点は、ブレイクアウトセッションウィンドウ内の [共有] メニューから、共有するコンテンツやソフトウェアを選択することです。

  

ブレイクアウトセッションでは、次のものを共有できます。

  
  •  

    ドキュメントまたはプレゼンテーション

      

  •  

    ブレイクアウトセッションウィンドウのホワイトボード

      

  •  

    ウェブブラウザ

      

  •  

    デスクトップ

      

  •  

    アプリケーション

      

  •  

    UCF マルチメディア

      

  

ブレイクアウトセッションで参加者のリモート操作を許可する

   

注意


    

デスクトップのリモート操作を許可された出席者は、パスワードで保護されている場合を除いてコンピュータ上の任意のファイルにアクセスすることができます。

    
   
     
1    共有が開始されると、[セッションコントロールパネル] で [捜査権限の割り当て] を選択します。
2    表示されるメニューから [キーボードとマウスを付与] を選んで、次に、共有コンテンツのリモート操作を付与する参加者を選択します。       

参加者に操作権限を与えるとあなたのマウスポインタが無効状態になります。

      
重要             
  •         

    マウスをクリックするといつでも共有アプリケーションの操作権限を取り戻すことができます。

            

  •         

    参加者がリモート操作を要求すると、マウスポインタのとなりに要求メッセージが表示されます。

            

      
     

ブレイクアウトセッションの終了

   

次のいずれかを実行します:

    
  •      

    [ブレイクアウトセッション] ページで、[ブレイクアウトセッションを終了] を選択します。

         

  •      

    ウィンドウの右上にある [閉じる] ボタンを選択して、ブレイクアウトセッションマネージャウィンドウを閉じます。

         

  •      

    ブレイクアウトセッションウィンドウの [ファイル] メニューから、[ブレイクアウトセッションの終了] を選択します。

         

  •      

    メインのセッションウィンドウの [ブレイクアウトセッション] パネルから、[ブレイクアウトセッションを終了] を選択します。

         

   

ブレイクアウトセッションを再開する

 

ブレイクアウトセッションが終了したら、[ブレイクアクとセッション]パネルにそのまま残り、プレゼンタは任意の時点で再開することができます。

  
      
1    [ブレイクアウトセッション]パネルで、再開するブレイクアウトセッションをハイライトします。
2    [開始] ボタン上の下向き矢印を選択します。
3    このブレイクアウトセッションを再開前と同じ出席者の割り当てで再開するか、または新しい割り当てを自動的に作成させるかを選択します。

ブレイクアウトセッションのコンテンツをメインセッションで共有する

   

トレーニングセッションのプレゼンタまたは主催者からブレイクアウトセッションコンテンツの共有要求が送信されると、[ブレイクアウトセッションのコンテンツの共有] ダイアログボックスが表示されます。 ブレイクアウトセッションで共有していたコンテンツがリストに表示されます。

   
     
1    メインのトレーニングセッションで共有するコンテンツを選択します。 複数のコンテンツを選択する場合は、Shift キーを押しながら選択してください。
2    [OK] を選択します。       

まず共有コンテンツが開かれ、次にそれがコンテンツビューアに表示されます。 出席者は自分のコンテンツビューアで共有コンテンツを参照できるようになります。

      

ブレイクアウトセッションの場合と同じように、メインセッションでコンテンツを共有することができます。

     
 

Attachments

    Outcomes