ハンズオンラボの管理 (WBS30、WBS31)

Document created by Cisco Localization Team on Oct 25, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

ハンズオンラボの設定 (WBS31)

出席者により多くのハンズオンラボトレーニングを提供するために、Training Center では以下に対応します。

 
  • オンデマンド ハンズオンラボセッション。 出席者はトレーニングセッション外側のリモートコンピュータに接続して各自のペースで学習を進めることができます。

     

  • セッション内で行うハンズオンラボ。 出席者がトレーニングセッション中に学習した内容の練習。 出席者は、トレーニングソフトウェアがインストールされたリモートコンピュータに接続することにより、実践的な経験をすることができます。

     

 
開始するには、主催者はリモートコンピュータの同一のストックからオンデマンドとセッション中のハンズオンラボ用コンピュータを予約しておく必要があります。 組織のハンズオンラボ管理者がラボやリモートコンピュータを設定します。

     
ステップ 1    [ハンズオンラボ] ページにアクセスするには、Training Center ウェブサイトにログインします。 左側のナビゲーションバーから、[セッションの開催] > [ハンズオンラボ] の順に選択します。
ステップ 2    次のいずれかを実行します:          
オプション説明
セッション中のハンズオンラボを設定するにはトレーニングセッションのスケジューリング時にラボの 1 つでコンピュータを予約したら、トレーニングセッション中にハンズオンラボを開始します。
オンデマンドハンズオンラボを設定するにはラボの 1 つでコンピュータを予約したら、予定期間中に予約されたコンピュータを使う出席者を招待します。

ハンズオンラボページについて

   

[ハンズオンラボ] ページにアクセスするには、Training Center ウェブサイトにログインします。 ナビゲーションバーで、[セッションの開催] を開いて [ハンズオンラボ] をクリックします。

    

[ハンズオンラボ] タブから以下のことができます:

    
  •      

    ハンズオンラボ管理者によって設定されたハンズオンラボコンピュータのリストを表示します。

         

  •      

    各ラボのスケジュールを表示します。

         

  •      

    オンデマンドセッション用のコンピュータを予約します。

         

    

[自分の予約] タブから以下のことができます:

    
  •      

    セッション中またはオンデマンドハンズオンラボ用にスケジュールしたセッションを表示します。

         

  •      

    出席者の招待や予約のキャンセルなど、予約を変更します。

         

   

セッション中のハンズオンラボ用コンピュータを予約する


           
ステップ 1    トレーニングセッションのスケジューリングで [セッション中のハンズオンラボ > ラボからコンピュータを予約] を選択する。   

ハンズオンラボスケジュールの表示に関する手順は、[ハンズオンラボスケジュールを表示する] を参照してください。

  
ステップ 2    ドロップダウンリストからラボを選択します。
ステップ 3    選択しラボの説明およびラボで設定されているコンピュータの数を表示するには、[ラボ情報] を選択します。
ステップ 4    予約するコンピュータの名前を入力します。
ステップ 5    コンピュータとラボの利用状況を確認します。   

予約状況が [予約状況] ボックスに表示されます。 予約状況は、[利用できるかどうかの確認] を選択するたびに更新されます。

  
ステップ 6    登録済み出席者にコンピュータを事前に割り当てるには、[トレーニングセッションのスケジュール] ページの [登録]セクションで [出席者の登録が必要] を選択します。   

出席者の登録を要求することによって、出席者が登録したときにコンピュータを割り当てることができます。 登録時に出席者にコンピュータを割り当てるには、[登録済み出席者にハンズオンラボコンピュータを割り当てる] を参照してください。

  
ステップ 7    トレーニングセッションとハンズオンラボのスケジューリングが済んだら、[スケジュール] を選択します。   

コンピュータを利用できない場合は、[コンピュータを利用できません] ページが表示されます。 [閉じる] を選択し、[トレーニングセッションのスケジュール] ページで予約時間またはコンピュータ数を新たに選択します。

  
ステップ 8    [OK] を選択します。

ハンズオンラボのスケジュールを表示する


      
ステップ 1    Training Center ウェブサイトにログインし、[セッションの開催 > ハンズオンラボ] の順に選択します。
ステップ 2    対象のラボについて、[ラボスケジュール] > [スケジュールの表示] の順に選択します。
ステップ 3    時間割の上にカーソルを移動すると、ラボスケジュールの詳細が表示されます。

登録済み出席者にハンズオンラボコンピュータを割り当てる


         
ステップ 1    Training Center ウェブサイトにログインし、[セッションに出席 > ライブセッション] の順に選択します。
ステップ 2    セッションの議題を選択します:
ステップ 3    [出席者 > コンピュータの事前割り当て] の順に選択します。
ステップ 4    出席者にコンピュータを割り当てるには、[指定解除された出席者] で出席者の名前をクリックします。
ステップ 5    複数の出席者を 1 つのコンピュータに割り当てるには、Ctrl キーを押しながら複数の出席者の名前を選択します。
ステップ 6    [指定 > OK] をクリックします。

オンデマンドハンズオンラボをスケジュールする


      
ステップ 1    Training Center ウェブサイトの [ハンズオンラボ] ページに移動して [ハンズオンラボ] タブを選択します。
ステップ 2    [オンデマンドラボ] の列で任意の [コンピュータの予約] リンクを選択します。
ステップ 3    予約オプションを指定し、[予約] を選択します。  

オンデマンドハンズオンラボに出席者を招待するも参照してください。

  

オンデマンドハンズオンラボに出席者を招待する


        
ステップ 1    [ハンズオンラボ] ページで [自分の予約 > オンデマンドで使用] の順に選択します。
ステップ 2    [セッション名] 欄でハンズオンラボセッション議題のリンクを選択します。
ステップ 3    [出席者の招待] を選択します。
ステップ 4    必要に応じて以下のいずれかの作業を行います。
  •  

    [ライブセッションの選択] を選択して、既存のトレーニングセッションの出席者全員を招待します。

      
  •  

    [招待される出席者] テキストボックスに、招待する相手のメールアドレスを入力します。

      
  •  

    [出席者の選択] を選択して、Training Center ウェブサイトで保存されているアドレス帳から連絡先を選択します。

      
  •  

    (オプション) [メールオプションの編集] を選択して、招待メールの内容をカスタマイズします。

      
ステップ 5    [OK] を選択します。

予約を変更する


       
ステップ 1    [ハンズオンラボ] ページで [自分の予約 > オンデマンドで使用] の順に選択します。
ステップ 2    予約を変更するハンズオンラボセッションのリンクを選択します。
ステップ 3    [予約の変更] を選択します。
ステップ 4    必要に応じて以下のいずれかの操作を行います。
  •  

    予約を削除するには、[予約のキャンセル] を選択します。

      
  •  

    予約内容を変更するには、情報を更新し、[予約の変更] を選択します。

      

ハンズオンラボセッションを開始する

 

トレーニング主催者として、ハンズオンラボをスケジュール済みにしている場合、予約時刻の 15 分前からハンズオンラボセッションを開始することができます。 ハンズオンラボセッションの管理は、プレゼンタが担当します。

  

          
ステップ 1    セッションウィンドウの [ラボ] > [ハンズオンラボの開始] を選択します。   

[ハンズオンラボの開始] ダイアログボックスが表示され、予約済みのラボとコンピュータ数が示されます。

  
注意:        

ハンズオンラボセッションはスケジュールした予約時刻の 15 分前から開始することができます。 スケジュールした予約時間の 15 分前より早くハンズオンラボセッションを開始しようとすると、エラーメッセージが表示され、予約時間内にハンズオンラボセッションを開始するように通知されます。

  
  
ステップ 2    [コンピュータの割り当て] から次のいずれかを選択します:
  •  

    出席者にコンピュータの選択を許可

      
  •  

    出席者にコンピュータを手動で割り当て

      
ステップ 3    (オプション) [参加者の接続時にリモートコンピュータを自動的に録画する] チェックボックスを選択します。 すべての予約コンピュータで [録画] ボタンが有効になります。 予約したコンピュータに参加者がログインするたびに、そのコンピュータ上のアクションが録画されます。 参加者がログアウトすると録画は停止します。
ステップ 4    [開始] を選択します。   

トレーニングマネージャが、このハンズオンラボセッション用に予約されたリモートコンピュータと通信します。

  

予約したコンピュータが通信を受信すると、[ハンズオンラボの開始確認] ダイアログボックスが表示されます。

  

[ハンズオンラボの開始確認] ダイアログボックスには、セッションに接続されているすべてのコンピュータ、およびセッション参加者の合計が一覧で表示されます。

  
ステップ 5    (オプション) 各リモートコンピュータに接続できる出席者数を制限するには、[出席者の制限] > [制限] の順に選択し、番号を入力します。
ステップ 6    ハンズオンラボ開始のダイアログボックスで、[手動でコンピュータに出席者を割り当てる] を選択した場合、[ハンズオンラボセッション中にコンピュータを割り当てる] を参照してください。
ステップ 7    [完了] を選択します。

ハンズオンラボセッションを録画する

 

プレゼンタは、ハンズオンラボセッションでの各リモートコンピュータのアクションを録画することができます。 この機能はトレーニングセッション中に参加者がどのようにリモートコンピュータを使用しているかを確認する場合に役立ちます。 参加者がリモートコンピュータに接続した時点で自動的に録画を開始することも、[ハンズオンラボ] パネルを使用して任意の時点で録画を開始することもできます。

  

リモートコンピュータを録画すると、トレーニングマネージャによりコンピュータ上に WebEx プレーヤー がダウンロード、インストールされます。 録画を再生するには WebEx プレーヤーを使用する必要があります。

  

       
ステップ 1    セッションウィンドウの [ラボ] > [ハンズオンラボのオプション] を選択します。
ステップ 2    [参加者が接続したらリモートコンピュータを自動的に録画する] にチェックを入れます。
ステップ 3    [リモートコンピュータ上のフォルダに録画] から録画の保存先とするフォルダの場所を入力します。   

フォルダがリモートコンピュータ上に保存されます。 WebEx 録画形式 (WRF) ファイルのファイル名には拡張子である .wrf が付いています。

  
ステップ 4    [OK] を選択します。
  • ハンズオンラボパネルから録画を開始するには、[コンピュータ] リストから [録画] ボタンを選択します。
  • 録画を一時停止および再開するには、[コンピュータ] リストで [一時停止] ボタンを選択します。
  • 録画を停止するには、[コンピュータ] リストで [停止] ボタンを選択します。

ハンズオンラボセッション中にコンピュータを割り当てる

 

[出席者にコンピュータを手動で割り当て] を選択した場合、[ハンズオンラボの開始確認] ダイアログボックス、[ハンズオンラボ] パネル、または [ラボ] メニューを使用して、参加者にコンピュータを割り当てることができます。

  

このセッションで 500 人を超える出席者をサポートするスケジュールオプションを選択した場合、ハンズオンラボコンピュータにアクセスできる参加者数は 50 人に制限されます。

  

         
ステップ 1    [コンピュータの割り当て] を選択します。
ステップ 2    [割り当てられていない参加者] から、特定のコンピュータを割り当てる参加者の名前を選択します。
ステップ 3    [コンピュータ] から、選択した参加者に割り当てるコンピュータを選択し、[割り当てる] を選択します。
ステップ 4    特定の参加者にコンピュータのコントロールを許可するには、[操作権限を与える] を選択します。
ステップ 5    [OK] を選択します。
ステップ 6    [ハンズオンラボの開始確認] ダイアログボックスの [完了] を選択します。   

参加者の指定を解除するには、[ラボ > コンピュータを割り当てる] の順に選択します。 [コンピュータの割り当て] ダイアログボックスで、割り当てを解除する参加者の名前を選択し、[指定解除] を選択します。

  

参加者にメッセージをブロードキャストする


      
ステップ 1    [ハンズオンラボ] パネルの [ブロードキャストメッセージ] ボタン  を選択します。
ステップ 2    表示されたメニューで、[すべて] を選択するか、メッセージのブロードキャスト先とするリモートコンピュータを選択します。
ステップ 3    メッセージを書いて [OK] を選択します。  

メッセージが選択した参加者のデスクトップに表示されます。

  

ヘルプリクエストに応答する

 

参加者がヘルプを要求すると、[ヘルプを要求] インジケータが [ハンズオン] パネルのその参加者の名前の隣に表示されます。

  

     
ステップ 1    [ヘルプを要求] インジケータを選択します。
ステップ 2    メッセージを入力し、[OK] を選択します。   

メッセージが参加者のデスクトップに表示されます。

  
ヒント        

それから参加者のリモートコンピュータに接続し、チャットビューアを使用して参加者に対する支援を続行できます。

  
  

ハンズオンラボコンピュータを操作する


     
ステップ 1    リモートコンピュータに接続します。
ステップ 2    [ハンズオンラボマネージャ] パネルの [操作権限を付与] を選択します。 これでリモートコンピュータを操作できます。

全員にラボから戻るよう要求する

 

ハンズオンラボセッション中、ハンズオンラボセッションからメインのトレーニングセッションに戻るよう、参加者全員に要求することができます。 参加者に直ちに戻るよう要求することも、戻る時間を指定することもできます。

  

      
ステップ 1    [ラボ > 全員に戻るよう要求する] の順に選択します。
ステップ 2    次のいずれかの操作をします:
  •  

    [約] を選択し、ドロップダウンリストから時間 (分) を選択します。 このオプションを選択すると、現在行っている作業を終了するまでの時間が参加者に示されます。

      
  •  

    [30 秒後に、すべてのセッションを終了します] を選択します。

      
ステップ 3    [OK] を選択します。 ハンズオンラボから戻るよう指示するメッセージを、参加者全員が受信します。 指定時間にハンズオンラボセッションが終了します。

ハンズオンラボセッションの終了

 

ハンズオンラボセッションを終了するには、[ラボ > ハンズオンラボを終了] を選択します。

  

すべての参加者のハンズオンラボセッションが終了します。

  

注意:


 

ハンズオンラボセッションを手動で終了しない場合、ハンズオンラボコンピュータの予約時間が期限切れになったときにセッションは自動的に終了します。 予約時間が期限切れになる 15 分前に、主催者の画面にメッセージが表示されます。 ハンズオンラボコンピュータが別のトレーニングセッション用に予約されていない場合は、それらのコンピュータとの接続を維持することができます。 次のセッションの主催者が予約したコンピュータに接続しようとした場合は、それらのコンピュータとの接続を切断されます。

  
  
 

Attachments

    Outcomes