トレーニングセッションのセットアップとスケジューリング

Document created by Cisco Localization Team on Nov 22, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Apr 5, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

トレーニングセッションのセキュリティレベルを選択する

   

次の作業を行って、トレーニングセッションのセキュリティを強化することができます:

    
  •      

    パスワードの要求: Training Center ウェブサイトのほとんどは、主催するセッションにパスワードを設定する必要があります。 出席者がセッションに参加するには、このパスワードを入力する必要があります。

         

  •      

    非公開トレーニングセッションに参加: セッションの非公開を設定します。 非公開トレーニングセッションはトレーニングセッションカレンダーには表示されません。 出席者が非公開トレーニングセッションに参加するには、固有のセッション番号を入力する必要があります。

         

  •      

    出席者はこのセッションに参加する前にシングルサインオン認証を使ってログインする必要がある: 直接招待された出席者、および転送された招待状から参加する出席者に対する制限をかけることができます。

         

  •      

    セッションを招待されている出席者だけに制限する (登録のオプションが無効になります): こうすることでセッションを招待済み出席者のみに制限することができます。 招待状の転送を許可しない。

         

  •      

    招待メールからのセッションパスワードを除外する: Training Center ウェブサイトにより出席者に自動送信される招待メールにパスワードを記載しないようにできます。

         

  •      

    出席者にログインを要求: 出席者に対し、Training Center ウェブサイトのアカウント所有を要求することができます。 これによって、ログインした出席者のみがセッションに参加できるようになります。

         

  •      

    トレーニングセッションへの登録を出席者に要求する: トレーニングセッションのスケジュール時に、各出席者に氏名、メールアドレス、および他の必要な情報を登録要求に記入し、それを送信するように要求できます。 各登録要求に対して、出席を承認したり、拒否することができます。

         

  •      

    トレーニングセッションへのアクセスを制限する: すべての出席者がセッションに参加した後、セッションへのアクセスを制限して他の出席者のセッションへの参加を禁止することができます。

          


    ヒント


          

    トレーニングセッションの目的に応じて、適切なセキュリティレベルを選択してください。 例えば、社員旅行について話し合うためのセッションをスケジュールしたとします。この場合、セッションのパスワードだけを指定するでしょう。しかし財務状態について話しあうためのセッションをスケジュールする場合は、セッションを非公開にするでしょう。 また、すべての出席者がセッションに参加したら、以降のアクセスを制限することもできます。

          
         
   

議題名およびパスワードを設定する

   

トレーニングセッションのスケジュール時に、議題名およびパスワードを設定します。 議題名およびパスワードは、[スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで編集することができます。

    

重要


    
  •       

    イベントの議題に、次の記号は使用できません: \ ` " / & < > = [ ].

          

  •       

    イベントパスワードは 4 文字以上、16 文字以内です。 パスワードに次の記号は使用できません: \ ` " / & < > = [ ]。また、ユーザー名、主催者名、議題名、またはサイト名も指定できません。

          

    
   
        
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションおよびアクセス情報] にスクロールします。
2    誰かの代わりにトレーニングセッションをスケジュールする場合、[スケジュール] ドロップダウンリストからその人を選択します。 詳細については、他の主催者の代わりにトレーニングセッションをスケジュールするを参照してください。
3    トレーニングセッションの議題ボックスで、[議題] を指定してください。
4    (オプション) [セッションパスワードの設定] ボックスにパスワードを入力します。
5    オプションの指定が完了したら、[スケジュール] または [更新] を選択します。

トレーニングセッションを公開かまたは非公開にするかを指定する

      
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションおよびアクセス情報] にスクロールします。
2    下記の、このトレーニングセッションは、で以下のオプションのいずれかを選択します:             
オプション説明
全員に表示トレーニングセッションは、Training Center ウェブサイトの訪問者全員に対して、セッションの一覧およびトレーニングセッションカレンダーの両方に表示されます。
承認済みユーザーのみを対象に表示 

トレーニングセッション:

  
  •  

    セッションの一覧上およびトレーニングセッションカレンダー上に表示されます。

      

  •  

    ユーザーアカウントを持ち、かつ Training Center ウェブサイトにサインインしているユーザーにのみ表示されます。

      

  
非公開 
  •  

    トレーニングセッションは、セッションの一覧やトレーニングセッションカレンダーのどちらにも表示されません。

      

  •  

    非公開のトレーニングセッションにすると、そのセッションに関する主催者、議題、および開始時刻などの情報を参照することはできません。 これにより、セッションへの不正なアクセスを防止することができます。

      

  •  

    非公開トレーニングセッションに参加するには、固有のセッション番号を入力する必要があります。

      

  •  

    出席者を非公開のトレーニングセッションに招待すると次のアイテムが出席者に届きます。

      

    •  

      トレーニングセッションに参加するための手順の詳細、トレーニングセッション番号が記載されている招待状メール。

        

    •  

      トレーニングセッションに参加するためのページに移動する URL。

        

      
  
3    [スケジュール] または [更新] を選択します。

500 人を超える出席者のサポート

   

トレーニングセッションの出席者を 500人以上に設定することができます。 ただし、このオプションを選択すると、Training Center 機能の一部が制限されたり、サポートされない場合があります。 これには次のものが含まれます:

    
  •      

    マルチポイントビデオ、プライベートチャット、およびアクティブな発言者を示す目印機能は利用できなくなります。

         

  •      

    出席者は他の出席者の名前を表示できなくなります。

         

  •      

    ブレイクアウトセッションとハンズオンラボの各コンピュータは、最大 100 人の出席者をサポートします。

         

    

重要


    

このオプションはセッション内から変更することができません。

    
   
       
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションおよびアクセス情報] にスクロールします。
2    [このセッションには 500 人以上の出席者が参加します] にチェックを入れます。       

このオプションの制限を記載するメッセージボックスが表示されます。

     
3    [OK] を選択します。
4    オプションの指定が完了したら、[スケジュール] または [更新] を選択します。

セッションを自動的に削除する

   
重要:     

 このオプションを選択した場合、このトレーニングセッションに紐付けられているすべてのテストも無くなります。 関連するテストはトレーニングセッションと共にすべて削除されます。

    
   
      
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションおよびアクセス情報] にスクロールします。
2    [終了後にセッションを自動的に削除] にチェックを入れます。
3    オプションの指定が完了したら、[スケジュール] または [更新] を選択します。

カテゴリを追加する

下記はトレーニングのスケジューリング時にカテゴリを追加するための手順です。 カテゴリは、トレーニングセッションのスケジュール完了後にも追加することができます。
       
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションおよびアクセス情報] にスクロールします。
2    カテゴリを選択します。
3    カテゴリを追加するには:
  1. [新しいカテゴリの追加] をクリックします。
  2. 名前と必要に応じて説明を入力します。
  3. カテゴリの状態を指定するには、カテゴリを公開にするか非公開にするか指定します。
  4. [作成] をクリックします。
4    オプションの指定が完了したら、[スケジュール] または [更新] を選択します。

他のセッションからセッション情報をコピーする

   

自分でスケジュールした他のライブセッション、または自分に代わってスケジュール済み他のライブセッションから、特定のセッション情報をコピーすることができます。 次のような一部のスケジュール情報はセッションによって異なるため、スケジューラにコピーすることは  できません:

    
  •      

    日付、時刻、および繰り返し (継続時間、タイムゾーン、および主催者より前の参加オプションを除く)

         

  •      

    招待される出席者およびプレゼンタのリスト (推定出席者数およびプレゼンタ数を除く)

         

  •      

    登録済み出席者数の登録データ

         

  •      

    ハンズオンラボ情報および予約

         

  •      

    コースの教材およびテスト

         

  •      

    テスト

         

   
     
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションおよびアクセス情報] にスクロールし、[コピー] を選択します。
2    セッション情報をコピーするセッションを選択し、[OK] を選択します。

スケジュール済みセッションのトラッキングコードを指定する

   

サイト管理者は、[トレーニングのスケジュール] ページに表示されるトラッキングコードオプションを指定することができます。 トラッキングコードにより、部門、プロジェクト、またはトレーニングセッションと関連する他の情報を識別することができます。 サイト管理者の設定により、トラッキングコードの指定は任意にも必須にもなります。

   
       
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[トラッキングコード] にスクロールし、左側のボックスでコードラベルを選択します。       

事前に指定されたリストからトラッキングコードを選択するようサイト管理者が設定している場合は、コードの一覧が表示されます。

     
2    次のいずれかを実行します:
  •       

    右側のボックスにトラッキングコードの一覧が表示される場合、そのリストからトラッキングコードを選択します。

          
  •       

    右側のボックスにトラッキングコードを入力します。

          
3    各トラッキングコードラベルに対して、繰り返します。
4    [スケジュール] または [更新] を選択します。       
ヒント             

サイト管理者により、自分のユーザープロファイルにも同じトラッキングコードオプションが表示されるように設定されている場合、ユーザープロファイルを編集してトラッキングコードを指定することができます。 ここで指定したトラッキングコードは、自動的に [トレーニングセッションのスケジュール] ページに表示されます。

      
     

スケジュール済みセッションに音声会議を設定する

 

電話会議のオプションは、組織が使用しているオプションによって異なります。

  
      
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[音声会議設定] にスクロールします。
2    以下のいずれかのオプションを選択します。
  •  

    WebEx 音声: ミーティングで統合型音声会議を利用する場合に指定します。 次のオプションを選択できます:

      
    •  

      トールフリー番号を表示する: Training Center サイトでトールフリーのコールイン電話会議が提供されている場合、トールフリーとトールの番号の両方が利用できます。 トールフリーのコールイン電話会議を用意した場合、会社/組織側に電話料金が課金されます。それ以外の場合は、参加者に各自の電話料金が課金されます。

        

    •  

      トールフリーの制約事項を見るリンク: これを選択して国ごとの通話制限の一覧を表示します。(www.webex.com/pdf/tollfree_restrictions.pdf)

        

    •  

      国際コールイン番号を表示する: このオプションでは、トールフリーやローカル番号などの電話番号の一覧が表示されます。海外にいる出席者は、これらの番号にダイヤルして電話会議に参加できます。

        

    •  

      参加者がコールインしたときに電話会議 CLI 認証を有効にする: CLI (電話番号表示) は発信者を識別する 1 つの形式であり、呼び出しに応答される前に発信者の電話番号を転送するテレフォニーインテリジェントサービスです。 主催者サイトアカウントを持つダイヤルイン電話使用者は、認証され、適切な電話会議に置かれ、 番号を入力する必要がありません。

        

    •  

      出席時に出席者をミュート: 出席者がトレーニングセッションに出席する時に彼らの音声をミュートすることができます。 このようにすることで、トレーニングセッションの進行が雑音により妨害されることを防ぎます。

        

    •  

      出席と退席のトーン: 参加者全員に一人の出席者がセッションに入室または退出した際には、警告音またはアナウンスを発するように選択できます。

        

      
    重要        

    WebEx 電話会議は最高 125 人の通話をサポートします。

      
      
  •  

    他社の電話会議サービス 

      
    •  

      セッションで他のサービスが提供する電話会議を利用する場合に指定します。

        

    •  

      電話会議への参加方法を記載したダイアログボックスが表示されます。 これらは [セッション情報] ページ、招待メール、およびトレーニングセッション上に表示されます。

        

      
  •  

    VoIP のみを使用する: 参加者がコンピュータを使ってインターネット通話に接続するように指定します。

      
  •  

    なし: セッションで音声会議が必要でないことを指定します。

      
3    [スケジュール] または [更新] を選択します。   
重要        

トレーニングセッションをスケジュールすると音声会議への参加方法が自動的に表示されます。

  
  •  

    サイトのセッション情報ページ (参加者はトレーニングセッションの開始前に情報を参照することができます)

      

  •  

    招待メール (トレーニングのスケジュールページのオプションを使って参加者を招待した場合)

      

  •  

    情報タブ (トレーニングセッションウィンドウのコンテンツビューアに表示されます)

      

  
  

日時オプションを指定する

   

スケジュール済みトレーニングセッションが開始される日付と時刻、頻度、および推定継続時間を指定することができます。 出席者が開始時刻の前にトレーニングセッションおよび電話会議に参加することを許可するかどうか、可能な場合には事前の何分間かを指定することもできます。

     
                                  
        

オプション

        
        

説明

        
        

開始時刻        

        
        

トレーニングセッションを開始する日付と時刻を選択します。

        
        

出席者は、開始時刻の___分前から参加することができます。        

        
        

出席者が、トレーニングセッション開始時刻より設定した時間 (分) だけ早くトレーニングセッションに参加することを許可します。

         
重要                

このチェックボックスを解除した場合、出席者が参加する前にトレーニングセッションを開始しなければなりません。

         
        
        

出席者は WebEx 音声にも接続できる        

        
        

出席者もトレーニングセッションの開始時刻前に音声会議に参加できるよう許可をします。

         
重要                

出席者がトレーニングセッションの開始時刻前に参加することを許可している場合にのみ、このオプションは利用可能になります。

         
        
        

頻度        

        
 
        
  •           

    単一セッションのクラス          

              

        
        

単独のトレーニングセッションを構成し、繰り返しパターンのない 1 回のみ開催されるクラス。

        
        
  •           

    単独セッションクラス (継続的に提供)          

              

        
        

単独のトレーニングセッションを構成し、定期的に繰り返すクラス。

         
重要                

出席者は 1 つのセッションにのみ登録します。

         
         

[繰り返し] オプションには、次の項目があります。

         
  •           

    日単位: 次の条件に従って日単位で繰り返すクラス:

               

    •             

      ___ 日ごと: トレーニングセッションが指定した日数おきに開催されるようスケジュールします。

                  

    •             

      平日: 月曜から金曜までの間、毎日トレーニングセッションが開催されます。

                  

              
  •           

    週単位: 毎週トレーニングセッションを開催する曜日をチェックボックスで選択します。

              

  •           

    月単位: 次の条件に従って月単位で繰り返すクラス:

               

    •             

      ___ヶ月ごとの___日: トレーニングセッションが開催される日と月数を指定します。

                  

    •             

      ___か月ごとの [どの] [日]: トレーニングセッションが開催される日と月数を指定します。

                  

              
         

[終了] オプションには、次の項目があります。

         
  •           

    終了: トレーニングセッションの最終日を選択します。

              

  •           

    終了後: 追加のトレーニングセッションがなければトレーニングセッションの数を指定します。

              

        
        
  •           

    複数セッションのコース          

              

        
        

複数のトレーニングセッションを構成するコースです。つまり、数日、数週、数ヶ月などに渡る一連のセッションです。

         
重要                

出席者は一連のセッション全体に対して 1 回登録します。

         
         

[繰り返し] オプションには、次の項目があります。

         
  •           

    日単位: 次の条件に従って日単位で繰り返すクラス:

               

    •             

      ___ 日ごと: トレーニングセッションが指定した日数おきに開催されるようスケジュールします。

                  

    •             

      平日: 月曜から金曜までの間、毎日トレーニングセッションが開催されます。

                  

              
  •           

    週単位: 毎週トレーニングセッションを開催する曜日をチェックボックスで選択します。

              

  •           

    月単位: 次の条件に従って月単位で繰り返すクラス:

               

    •             

      ___ヶ月ごとの___日: トレーニングセッションが開催される日と月数を指定します。

                  

    •             

      ___か月ごとの [どの] [日]: トレーニングセッションが開催される日と月数を指定します。

                  

              
         

[終了] オプションには、次の項目があります。

         
  •           

    終了: トレーニングセッションの最終日を選択します。

              

  •           

    終了後: 追加のトレーニングセッションがなければトレーニングセッションの数を指定します。

              

        
        

不定期セッションのスケジュール        

        
        

不定期に複数の日付で開催される単発のセッションコースです。

         
重要                

出席者は 1 つのセッションにのみ登録します。 各セッションは個別に編集できます。

         
         
  •           

    不定期: 次の条件に従って不定期に繰り返すクラスです:

               

    •             

      セッション 1: 初回のトレーニングセッションを行う日時を指定します。

                  

    •             

      他のセッションの追加: リンクをクリックして追加のトレーニングセッションを行う日付と時刻を選択します。

                  

              
        
        

セッションのタイムゾーンを計画する        

        
        

セッションリストおよびトレーニングカレンダーで、トレーニングセッションの時刻が表示されるタイムゾーンを選択します。

        
        

推定継続時間        

        
        

トレーニングセッションの推定継続時間を選択します。

         
重要                

推定継続時間は計画のために指定します。 ここに指定した継続時間が経過しても、トレーニングセッションが自動的に終了することはありません。

         
        
    

重要


    
  •       

    出席者をトレーニングセッションに招待すると、その出席者にはトレーニングセッションの開始時刻と予想時間を記載した招待メールメッセージが送信されます。

          

  •       

    出席者をトレーニングセッションに招待すると、招待用のメールメッセージには、指定したタイムゾーンに基づいたトレーニングセッションの開始時刻が記載されます。 出席者が別のタイムゾーンの地域に居住している場合は、[ライブセッション] ページのセッションリストから各出席者の居住地域のタイムゾーンに応じた開始時刻を参照することができます。

          

    
   

トレーニングセッションの時刻、頻度、および継続時間をスケジュールする

             
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[日時] にスクロールします。
2    [開始時刻 リストでトレーニングセッションを開始する時刻を指定します。
3    予定されている開始時刻より早く出席者が トレーニングセッション に参加することを許可するかどうかを選択します。 許可する場合は、時間 (分) をドロップダウンリストから選択します。
4    出席者が開始時刻より先に音声会議にも参加できるかどうかを指定します。
5    [頻度] から次のいずれかのオプションを選択します。
  •       

    単一セッションのクラス      

          
  •       

    単独セッションクラス (継続的に提供)      

          
  •       

    複数セッションのコース      

          
  •       

    不定期セッションのスケジュール      

          
6    [定期開催シングルセッションクラス] または [複数セッションコース] をスケジュールする場合、次の作業を行ってください:
  • 以下の [繰り返し] パターンのいずれかを選択します:
    •         

      日単位: 指定した日数ごと、または平日に発生するセッションを選択します。

              

    •         

      週単位: 毎週トレーニングセッションを開催する曜日をチェックボックスで選択します。

              

    •         

      月単位: 特定の日付 (例えば、各月の 5 日) または特定の日 (例えば、各月の第二火曜日) に、月の繰り返しパターン (1 = 毎月、2 = 1 か月おきなど) で発生するセッションを選択します。

              

          
  • スケジュールされた日付、または指定された数のセッション後に発生する [終了] 日付を選択します。
7    [不定期セッションのスケジュール] コースをスケジュールする場合、次の作業を行ってください。
  • 最初のセッションの日付を選択します。
  • [他のセッションの追加] を選択し、2 番目のセッションの日付を選択し、その他のセッションについても繰り返します。
8    (オプション) [タイムゾーン] リストから適切なタイムゾーンを選択します。       

[タイムゾーン] リストでは、ユーザープロファイルで指定したタイムゾーンが既定で選択されています。

     
9    [推定継続時間] リストでは、が継続すると予想される時間数および分数を選択します。
10    [トレーニングセッションのスケジュール] ページまたは [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページでオプションを指定し終わったら、それぞれ [スケジュール] または [更新] をクリックします。

トレーニングセッションのセキュリティオプションを指定する

         
1    [トレーニングセッションのスケジュール] または [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで [セッションオプション > オプションの編集 > セキュリティ] までスクロールします。
2    [出席者に送信するメールにパスワードを記載しない] にチェックを入れます。
3    [出席者はこのセッションに参加する前にシングルサインオン認証を使ってログインする必要がある] にチェックを入れます。
4    [セッションを招待されている出席者だけに制限する (登録のオプションが無効になります)] にチェックを入れます。
5    [このセッションに参加する出席者は、このサービスのアカウントを持っている必要があります] にチェックを入れます。
6    [保存] を選択します。

セッション終了後に移動するウェブページ先を指定する

      
1    [トレーニングのスケジュール] ページまたは [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションのオプション] にスクロールします。
2    移動先ウェブサイトのアドレス (URL) を、[セッション後の移動先アドレス (URL)] ボックスに入力します。
3    [スケジュール] または [更新] を選択します。

スケジュール済みトレーニングセッションのメッセージまたは挨拶文を作成する

         
1    [トレーニングのスケジュール] ページまたは [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、[セッションのオプション] にスクロールします。
2    [挨拶文] のとなりにある [出席者のセッション参加時に表示される挨拶文のカスタマイズ] を選択します。
3    (オプション) [出席者がセッションに参加したらこのメッセージを表示する] チェックボックスを選択します。
4    [メッセージ] ボックスにメッセージまたはグリーティングメッセージを入力します。       

メッセージまたは挨拶文には最大 4000 文字まで入力できます。

     
5    [OK] を選択します。
6    [スケジュール] または [更新] を選択します。       
重要             

出席者は [セッション] メニューの [ウェルカムメッセージ] を選択すれば、トレーニングセッション中にいつでもメッセージまたは挨拶文を参照することができます。

      
     

スケジューリングテンプレートを使用する

   

トレーニングセッションのスケジュール時に、スケジュールオプションの設定を今後の利用のためにテンプレートとして保存することができます。 一部のスケジュール情報はセッションによって異なるため、テンプレートにインポートすることはできません。 以下のスケジュールオプションはテンプレートに引き継がれません。

    
  •      

    日付、時刻、および繰り返し (継続時間、タイムゾーン、および主催者より前の参加オプションを除く)

         

  •      

    招待される出席者およびプレゼンタのリスト (推定出席者数およびプレゼンタ数を除く)

         

  •      

    登録済み出席者数の登録データ

         

  •      

    ハンズオンラボ情報および予約

         

  •      

    コースの教材およびテスト

          

    テンプレートを選択すると、スケジューラのオプションフィールドに選択したテンプレートの値が設定されます。 各テンプレートはウェブサイトで更新または新規テンプレートとして保存することができます。

         

   
       
1    [トレーニングセッションのスケジュール] ページまたは [スケジュール済みトレーニングセッションの編集] ページで、スケジュールオプションフィールドにデータを入力するか、設定を変更します。
2    ページの下部にある [テンプレートとして保存] を選択します。
3    [テンプレート名] フィールドに入力するか、既存のテンプレートを変更する場合は名前を変更します。
4    [保存] を選択します。       

次回のセッションスケジューリング時にあなたのテンプレートを [テンプレートを使用する] 一覧から選択できます。

      

テンプレートを削除するには、[マイ WebEx > マイプロファイル > スケジュールテンプレート] の順に選択します。 テンプレートを選択し、[削除] を選択します。

     
 

Attachments

    Outcomes