WebEx と Windows 版 Outlook の連携 はじめに

Document created by Cisco Localization Team on Dec 13, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 21, 2017
Version 4Show Document
  • View in full screen mode
 

WebEx と Windows 版 Microsoft Outlook の連携

WebEx ミーティング、WebEx パーソナル会議室ミーティング、WebEx パーソナル会議ミーティングのスケジューリングと開始には WebEx と Outlook の連携を使用すると便利です。 今すぐミーティングコマンドを使ってすばやくミーティングを開始することもできます。

WebEx と Outlook の連携は WebEx 生産性向上ツールの一部機能です WebEx 生産性向上ツールはサイト管理者によりインストールされているはずです。 まだインストールされていない場合、WebEx サイトから WebEx 生産性向上ツールをダウンロードしてください。

WebEx 生産性向上ツールをインストールすると、Microsoft Outlook に WebEx 連携オプションが追加され、WebEx ミーティングをすばやく簡単にスケジュールすることができます。

Outlook の連携を使えばミーティングのスケジューリング時に Outlook のアドレス帳を使って出席者を招待することができます。 ミーティングがあなたのサイト上の WebEx ユーザーのみに限定されている場合を除き、招待者は WebEx と Outlook の連携を使ってミーティングに参加したり、WebEx アカウントを用意する必要がありません。

WebEx と Outlook の連携ツールバーオプション

WebEx 生産性向上ツールがインストールされると、WebEx 連携ツールバーが Microsoft Outlook のウィンドウに表示されます。

以下の一覧には WebEx 連携ツールバーのボタンの説明が記載されています。

  • 今すぐミーティング: インスタントミーティングまたはパーソナル会議室のミーティングを開始します。 このミーティングはいつでもすぐに開始できるインスタントミーティングで事前のミーティングのスケジュールは不要です。 WebEx 設定ダイアログボックスの [今すぐミーティング] タブ上にあるインスタントミーティングのオプションを指定できます。 既定ではインスタントミーティングはパーソナル会議室で開催されます。 パーソナル会議室をインスタントミーティングとして使用したくない場合、基本設定の [今すぐミーティングの設定] セクションで [インスタントミーティングはすべてパーソナル会議室で開催する] オプションをオフにします。

     

  • ミーティングのスケジュールメニュー: Outlook の WebEx ツールバーにある [ミーティングのスケジュール] メニューを選択することで次のオプションを指定できます:

     

    • WebEx ミーティングをスケジュール: これを選択して WebEx ミーティングをスケジュールします。

       

    • スケジュール済みミーティングを開始: これを選択してスケジュール済みの WebEx ミーティングを開始します。

       

    • パーソナル会議室のミーティングをスケジュール: これを選択してパーソナル会議室でミーティングをスケジュールします。

       

    • パーソナル会議のミーティングをスケジュール:: これを選択してパーソナル会議のミーティングをスケジュールします。

       

    • ミーティングに参加: これを選択してスケジュール済みの WebEx ミーティングに参加します。

       

    • マイ WebEx: マイ WebEx にアクセスし、WebEx サイト上のアカウント情報やスケジュールしたミーティングを管理できます。 マイ WebEx の詳細については、サイトのオンラインヘルプを参照してください。

       

    • アカウント設定: WebEx 設定ダイアログボックスの [アカウント] タブを開き、WebEx サービスサイトの URL およびユーザー名とパスワードを指定します。 WebEx 設定ダイアログボックスからインスタントミーティングのオプションなどの追加オプションを指定することもできます。

       

    • ミーティングテンプレート: ユーザーやサイト管理者が WebEx サイトに保存したテンプレートを表示できます。 テンプレートにはミーティングの設定情報が含まれます。 必要に応じて、テンプレートを選択できます。 サイト管理の設定により、Outlook での主催者のテンプレートの使用を許可した場合にのみミーティングテンプレートが利用できます。

       

    • スケジューリング許可を設定: [マイ WebEx > 基本設定] ページを開きます。このページでは、あなたに代わってミーティングをスケジュールしたり編集する代理人を指定します。

       

    • ヘルプ: WebEx と Outlook の連携の使用方法を確認できます。

       

    • バージョン情報: WebEx と Outlook の連携のバージョン番号、およびライセンスや特許に関する情報を表示できます。

       

    • アップデートの確認: 現在の生産性向上ツールが最新版かどうか、また最新版がダウンロードできるかどうかを確認することができます。

       

 

Attachments

    Outcomes