Cisco Spark 通話設定をユーザー向けに設定する

Document created by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

ユーザー概要ページから、ユーザーのために以下を完了できます。
  • 社外および社内通話の扱いなどの通話設定を設定します。

     

  • 番号を指定ないしは指定解除します。

     

  • 単一番号リーチおよび国際ダイヤルなどの機能をセットアップします。

     

  • 新規デバイス向けにアクティベーション コードを生成し、再起動、ログ送信、およびタイムゾーン設定などの既存デバイスのリモート運用を行います。

     


          
ステップ 1    顧客管理ポータルサイトからユーザーを選択します。
ステップ 2    入力リストから、ユーザーアカウントを選択します。
ステップ 3    概要ページでサービス > 発信を選択します。
ステップ 4    ユーザーに回線を設定するには、Line 見出しで以下を完了します。
  • 新規回線を追加するには、省略符号 (...)  アイコンを選択して新規回線を追加するを選択します。
  • 既存の回線を変更するには、回線入力を選択します。
ステップ 5    ユーザーに回線設定を設定するには、Line ページ上で以下を完了します。
  • 内線および電話番号を指定ないしは指定解除します。
  • 社内および社外通話に通話転送を設定します。
  • 発信元 ID を選択して、ユーザーが同僚にいつ発信したかを表示します。
  • ユーザーの回線を共有された回線に追加します。
ステップ 6    ユーザーに通話機能を設定するには、機能見出しで以下を完了します。
  • ボイスメール—機能を有効化する ユーザーはボイスメールを設定し、自身の暗証番号をセットアップできます。
  • 単一番号リーチ (SNR)— ユーザーに代わってボイスメールを設定するか、My Cisco Spark から同様に行うことも可能です。
  • 国際ダイヤル—会社全体およびユーザー固有の国際ダイヤル設定方法の詳細については、この記事を参照してください。
ステップ 7    ユーザーに通話機能を設定するには、デバイス見出しで以下を完了します。
  • 新規電話アクティベーションまたはユーザーが反応できるようにしたい電話については、省略符号 (...) アイコンを選択して アクティベーションコードの生成を選択します。 ユーザーはアクティベーション情報を記載したメールを受信します。
  • 既存の電話を選択します。 再起動、問題の報告、デバイスの削除、デバイス固有のタイムゾーン選択のデバイス管理オプションが提示されます。 詳細については、この記事を参照してください。

 


Attachments

    Outcomes