共有デバイスを場所に追加する

Document created by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

ユーザーが職場にいる際、ランチルーム、ロビー、会議室などの何か所かの場所に分かれて集まります。 これらの場所にある共有 Cisco Spark デバイスをセットアップし、建設的な協力を促進しましょう。

共有 Cisco Spark デバイスを Cisco Collaboration Cloud に登録できます。 数点、気をつけていただきたいことがあります。

  •  

    一箇所につき、1 種類のデバイスのみサポートされます。 例えば、卓上電話 1 台または部屋からロビーへの連絡電話として追加できますが、両方は不可です。

      

  •  

    1 つの場所には1つのデバイスのみが追加できます。

      

  •  

    複数の卓上電話を1 箇所に追加できます。

      

  •  

    Shared 卓上電話は、ボイスメールおよび単一番号リーチを除くすべての利用可能な通話機能をサポートします。 会議室デバイスは、単一回線では基本的な通話機能のみをサポートします。

      

場所に追加するデバイスが何であれ、デバイスはユーザーではなく場所に割り当てられます。 これは、本機能の主な利点です。 共有使用 例えば、複数の部署を持つ小売店を営んでいる場合、各部署に10個の卓上電話を追加できます。 各部署の従業員はこれらの電話のどれにでもアクセスできます。 一箇所の共有卓上電話にセットアップしたすべての通話設定は、同じ場所のすべての共有卓上電話に適用されます。

          
1    Cisco Cloud Collaboration Management から、場所を選択します。
2    場所の追加を選択し、その場所の名称を入力します。
3    [次へ] を選択します。
4    この場所に関連付けしたいデバイスの種類を選択し、[次へ]を選択します。  

会議室のデバイスを選択した場合は、電話番号を割り当てられません。 最後のステップに進みます。

  
5    デバイスに電話番号を指定します。
6    [次へ] を選択します。
7    付与されたコードを使用してデバイスを有効化します。
 


Attachments

    Outcomes