トライアル、顧客、および組織の開始ガイド (販売管理者とフル管理者)

Document created by Cisco Localization Team on Feb 5, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

トライアルの概要、顧客管理、および組織のセットアップ (販売管理者とフル管理者)

パートナーの販売管理者またはフル管理者は、この記事にある詳細なサービス体系図を使用して、顧客のために新しい Cisco Spark サービスのトライアルをセットアップしてください。 顧客のセットアップが完了したら、新しい組織のセットアップ、新しいサービスの導入を促進するために役立つレポート生成と使用状況データの確認、カスタマー エクスペリエンスのカスタマイズなど、サービスの導入をスムーズに行えるように顧客をガイドします。

開始する前に

パートナー組織の管理方法と販売管理者の指定方法に関する情報が必要なパートナーのフル管理者は、代わりに この記事を参照してください。

トライアルをセットアップする

      
 コマンドまたはアクション目的
ステップ 1Cisco Spark サービスを利用するためのネットワーク要件について理解する  

顧客のネットワーク要件を確認し、Cisco Spark ネットワーク テストを実行します。 このステップは、顧客のネットワーク環境が Cisco Spark サービスの利用に適しているか確認するために必要です。 問題が見つかった場合、トライアルのセットアップを開始する前に、テスト結果に基づいて顧客に推奨事項を提示します。

  
ステップ 2
  

簡単なステップに従って、Cisco Spark サービスのトライアルをセットアップします。 トライアルのアクティビティに関するヘルプを検索: トライアルの変換、機能のセットアップ、使用状況と導入状況の監視、RMA の処理方法、など。

  
ステップ 3
  
  

必要に応じて説明を加えながら、初期設定ウィザードに沿って新しい顧客の管理者をガイドします。 顧客に代わって顧客の組織にユーザーを追加し、管理することができます。 (顧客管理者にもこれらの操作を行う権限があります。)

     

トライアルと顧客を管理する

      
 コマンドまたはアクション目的
ステップ 1PSTN と E911 サービスをセットアップする
  

Cisco Spark 通話のトライアルをセットアップする際に通話機能の設定手順をスキップした場合は、顧客の PSTN サービス プロバイダーと Enhanced 911 (E911) サービスを設定し、顧客の組織のために番号を注文します。

  
ステップ 2Cisco Spark 通話機能に関する情報を検索
  

顧客が新しいサービスの使いこなせるようになるまで、顧客に代わって通話機能をセットアップします。

  
ステップ 3顧客の使用状況データのレポートを確認する
  

レポートを使用すれば、顧客による Cisco Spark サービスの使用状況を把握することができます。 この情報は、サービスの導入を促進するための方法を検討し、顧客がサービスを最大限に活用してもらうための提案を行うための判断材料となります。

  

顧客向けにエクスペリエンスをカスタマイズする

 コマンドまたはアクション目的
ステップ 1 サポートの設定と Cisco Spark ロゴをカスタマイズする
  
(オプション)

顧客と顧客のユーザーが利用可能なサポート オプションを選んで、サポートの設定をカスタマイズします。 パートナーが顧客に一次サポートを提供する場合、サポート チケット システムとヘルプ ドキュメントへのリンクを指定し、パートナーのロゴを追加して Cisco Spark のブランディングをカスタマイズします。

  
 

Attachments

    Outcomes