Cisco Cloud Collaboration Management (パートナー管理者) に関する既知の問題

Document created by Cisco Localization Team on Feb 5, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  • Common Identity が有効な WebEx サイト: パートナーとして WebEx にサインインして [サイト管理] をクリックすると、Cisco Cloud Collaboration Management にリダイレクトされた後で不正アクセス エラーが返されます。

    • 回避策: https://admin.ciscospark.com から直接 Cisco Cloud Collaboration Management にログインし、[サービス] タブから WebEx 管理オプションへナビゲートします。

  • パートナー管理者が [顧客の表示] サイド パネルで他のパートナー管理者を指定する際に、入力する管理者のメールアドレスが大文字で始まる場合、その管理者をパートナー管理者に指定することはできません。

  • Cloud Collaboration Management から直接管理されている WebEx サイトについて、組織の管理者が管理者権限を割り当てられないことがあります。 この問題は、別々のパートナーが同じ組織のために重複して発注した場合に発生します。 [Cloud Collaboration Management] > [サービス] > [WebEx サイト] から WebEx サイトにアクセスしようとすると、「このサイトへのアクセス権がありません」というエラーが表示されます。 アカウントが WebEx サイトにアクセスできるように訂正するには、WebEx サポートのケースを開いてください。

  • 招待保留中のユーザーが「メッセージ」または「ミーティング (25 人まで)」などのユーザー サービスに割り当てられた場合、[招待の再送] オプションを選択しても招待メールは再送信されません。

    • 回避策: 招待されたユーザーは、Cisco Spark のウェブ アプリ (https://web.ciscospark.com) にサインインしてアカウントをアクティベートすることができます。 メール アドレスを入力後、プロンプトに従ってパスワードを設定します。

  • ライセンスが割り当てられていないユーザーを組織から削除しても、ライセンス数が減少することはありません。 別のユーザーにライセンスを割り当てることができます。

  • ディレクトリ同期に Cisco Directory Connector を使用している顧客の場合: 同期されたアカウントが無償版の組織に登録されているメール アドレスと一致しない場合、そのメール アドレスは無償版の組織には追加されず、Directory Connector ホストのイベント ログにエラーが記録されます。

    • 回避策: Directory Connector のベストプラクティスディレクトリ同期を有効にする前に、無償版の組織から有償版の組織にすべてのユーザーを移行しておいてください。 ドライ ラン (仮実行) の結果を確認してからライブの同期を行うようにしてください。

  • 大規模な組織では、ユーザー数が多すぎるため一部のユーザーのみ表示されます。 残りのユーザーを確認するには、検索機能を使用してください。

  • ファーストネーム、ラストネーム、表示名、メール アドレスで並び替えてユーザーのリストを表示します。

  • ディレクトリ同期が有効になっていると、この方法を用いてのみユーザーを組織に追加したり、組織から削除することができます。 Cisco Cloud Collaboration Management を使用して手動でユーザーを招待しようとすると必ず失敗します。

  • ユーザー アカウントにすでにサービスが割り当てられている状態で、組織のディレクトリ同期が設定されている場合、初めてユーザーがサインインするまでそのユーザーに割り当てられているサービスは表示されません。

  • 管理者アカウントがファーストネーム、ラストネーム、または表示名を設定していない場合、Cisco Cloud Collaboration Management にサインインしようとすると「サインインに失敗しました」というエラーが返されます。

  • パートナー管理者の場合、[顧客] ビューで顧客の組織を表示しようとしてもごく一部の顧客の組織しか表示されない場合があったり、Cloud Collaboration Management で自分の組織を管理しようとすると「権限がありません: このページにアクセスする権限がありません」というエラーに遭遇することがあります。 この問題の原因を取り除いて問題の再発を防ぐための解決策は導入されましたが、それでもエラーに遭遇している管理者は以下の手順に従ってください:

    • 回避策:
      1. パートナー組織にいる別の完全な管理者権限を持つ管理者に、管理者として組織を開いてもらいます。

      2. [ユーザー] タブをクリックして、エラーが発生している管理者のアカウントを編集します。 アカウントにフル管理者と販売管理者の両方の役割を割り当てます。

      3. 管理者権限で [NO] を選択し、保存します。

      4. その後、完全な管理者権限を選択したら、もう一度保存します。

  • 一部の特殊なケースでは、「Cisco Spark でアクティブ」と表示されているユーザーにサービスを設定することができなかったり、クラウド上で管理されているユーザーが WebEx サイトにサインインできないことがあります。 これらの症状が見られる場合は、ユーザーに Cisco Spark for Web (https://web.ciscospark.com) からサインインするように指示してください。 ユーザーが無事サインインできたら、もう一度操作を試みてください。

  • CSV を使用してユーザー リストをエクスポートする際に、ファーストネーム、ラストネームまたは表示名のフィールドに 2 バイト文字が含まれていると、ランダム文字が表示されます。

    • 回避策: ファイルを保存し、拡張子を「.txt」に変更します。その後、Excel で [ファイル] > [開く] の順に選択してファイルを開きます。

  • Cloud Collaboration Management から直接管理されている WebEx サイトについて、[ミーティングの使用状況] レポートを実行してもミーティングまたは出席者のデータが返されません。 当社では、この問題のできるだけ早い解決に取り組んでいます。現在、この問題の回避策はありません。

  • Cloud Collaboration Management から直接管理されている WebEx サイトについて、「WebEx Collaboration Meeting Rooms」のオプションが選択されていると、 WebEx サイト上にユーザーが作成されないことがあります。 症状としては、ユーザーの WebEx サービス設定を確認しようとすると、CCM が次のエラーを表示したままになります:「[ユーザー名] はまだこのサイトにプロビジョニングされていません。 このプロセスには時間がかかります。」このエラーは時間が経っても消えません。

    • 回避策: WebEx Meeting Center 200 にユーザーをプロビジョニングしてください。その際、WebEx Collaboration Meeting Rooms は追加しないでください。 サポートのケースを開いて、WebEx サイトへの正しいプロビジョニングをリクエストしてください。




Attachments

    Outcomes