顧客のユーザーのために Cisco Spark 通話を設定する

Document created by Cisco Localization Team on Feb 5, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

顧客の管理ポータルのユーザー概要ページから、これらのユーザーについて次の操作を行います:
  • 内線および外線通話などを含む通話の設定を行います。

     

  • 番号の割り当てまたは再割り当てを行います。

     

  • 単一番号リーチや国際ダイヤルなどの機能をセットアップします。

     

  • 新しいデバイスのアクティベーション コードを生成し、既存デバイスの再起動、ログの送信、タイムゾーンの設定などリモート操作で実行します。

     


           
ステップ 1    パートナーの管理ポータルから、[顧客] タブを選択し、顧客のエントリーをハイライト表示させて[顧客の表示] を選択します。
ステップ 2    顧客の管理ポータルから、[ユーザー] タブを選択します。
ステップ 3    エントリーのリストから、ユーザー アカウントを選択します。
ステップ 4    概要ページで、[サービス] > [通話] を選択します。
ステップ 5    ユーザーの回線を設定するには、[回線] の見出しの下で、以下のいずれかを完了します:
  • 新しい回線を追加するには、省略記号 (...) アイコンを選択し、次に [回線の追加] を選択します。
  • 既存の回線を変更するには、回線のエントリーを選択します。
ステップ 6    ユーザーの回線を設定するには、[回線] ページで、以下のいずれかを完了します:
  • 内線番号と電話番号の割り当てまたは再割り当てを行います。
  • 内線および外線通話の不在 (着信) 転送を設定します。
  • ユーザーが同僚に発信する際に表示される発信者 ID を選択します。
  • ユーザーの回線を共有回線に追加します。
ステップ 7    ユーザーの通話機能を設定するには、以下のいずれかを完了します:
  • ボイスメール—機能を有効にします。 その後、ユーザーが各自ボイスメールの設定を行い、ボイスメールにアクセスするための PIN を設定します。
  • 単一番号リーチ (SNR)—ユーザーに代わって設定するか、ユーザーが各自 My Cisco Spark から設定します。
  • 国際ダイヤル—全社レベルあるいは各ユーザー レベルで国際ダイヤルを設定する方法について詳細はこの記事を参照してください。
ステップ 8    ユーザーの通話機能を設定するには、[デバイス] の見出しの下で、以下のいずれかを完了します:
  • 新しい電話機をアクティベートする場合、あるいはユーザーの電話機を再度アクティベートする場合には、省略記号 (...) アイコンを選択し、次に [アクティベーション コードの生成] を選択します。 アクティベーション情報を記載したメールがユーザーに届きます。
  • 既存の電話機を選択します。 再起動、問題の報告、デバイスの削除、デバイス レベルで適用するタイムゾーンの設定など、デバイスの管理オプションが提示されます。 詳細については、この記事を参照してください。

 


Attachments

    Outcomes