Cisco Jabber for Android での通話

Document created by Cisco Localization Team on Feb 20, 2017Last modified by Krzysztof Miller on Jun 22, 2017
Version 3Show Document
  • View in full screen mode
 

Cisco Jabber for Android での通話

電話サービス アカウント

Cisco Jabber で通話する場合、アプリは発信者の勤務先電話番号を使用し、その番号を通話相手に表示します。   

システム管理者によるアカウントの設定に応じて、さまざまな方法で通話を発信できます。   

基本的な電話サービス アカウントでは、Voice over Internet Protocol(VoIP)を使用して音声通話を発信できます。 システム管理者は、アカウントに対して次の機能を有効にすることもできます。   

  •     

    ビデオ:ビデオ通話を発信できます。

        

  •     

    Dial via Office(DvO):勤務先電話番号とモバイル ボイス ネットワークを使用して通話できます。

        

 
                         
       

表 1 VoIP 通話と DvO 通話の動作比較
 

VoIP

      

DvO     

使用するネットワーク 

Wi-Fi またはモバイル データ ネットワーク     

モバイル ボイス ネットワーク     

最大同時通話数

      

2

同時にアクティブにできる通話は 1 件だけです。もう 1 件は自動的に保留になります。     

      

1

     

通話中の機能     

      

(保留、会議など)     

      

応対可能     

使用不可     

着信通話     

Cisco Jabber で開く     

ネイティブの電話アプリで開く

      

発信コール     

入力した番号が Cisco Jabber によってただちにダイヤルされる     

入力した番号をダイヤルする前に Cisco Jabber によってコールバックされる     

 
             
次の表に、電話サービス アカウントの設定に基づいて Cisco Jabber [Settings(設定)] の  メニューで設定可能な通話の設定を示します。   

表 2 通話の設定

アカウントの状態

変更可能な Cisco Jabber 設定

ビデオ対応     

     

自動的に送信(Send Automatically):この設定を使用して、通話のビデオのオン/オフを自動的に切り替えます。

      

モバイル データ ネットワーク(Mobile Data Network):この設定を使用して、モバイル データ ネットワーク使用時のビデオを自動的にオンまたはオフにします。

      
注             

ビデオ通話中、または低帯域幅モードをオンにしている場合、これらのビデオ設定は Cisco Jabber に表示されません。      

      
      

DvO が無効     

低帯域幅モード(Low-Bandwidth Mode):この設定を使用すると、低帯域幅ネットワークへの接続中に VoIP 通話を発信する場合、音声が最適化されます。

DvO が有効     

     

通話オプション(Calling Options): Cisco Jabber で常に VoIP 通話を発信するか、常にモバイル ボイス ネットワークを使用して通話を発信するか、またはネットワーク接続に基づいて通話方法を自動選択するかを指定します。

      

低帯域幅モード(Low-Bandwidth Mode):VoIP を使用する通話オプションを選択した場合は、Cisco Jabber に低帯域幅モード設定が表示されます。 この設定を使用すると、低帯域幅ネットワークに接続されている間に VoIP 通話を発信するとき、音声が最適化されます。

      

タブレットでの通話の発信

検索領域をタップして [キーパッド(Keypad)] 画面を開き、次のいずれかの手順に従って通話を発信します。

 
  • キーパッドで番号をタップし、[発信] をタップします。

     

  • username@example.com の形式で電子メール アドレスを入力し、[発信] をタップするか、 をタップして他の選択肢を表示します。 

      

    

発信中の機能

コール パーク

通話を別のデバイスに転送したり、一時的に保留したりするために現在の通話をパーク保留状態にするには、次の手順を実施します。

  1. 通話中の表示で をタップします。

         

  2. [パーク保留] をタップします。

      

  3. 他のデバイスから通話を戻すか、現在のデバイスで通話を再開します。   

     

会議コール

       
  1. 通話中の表示で をタップします。

         

  2. [会議] をタップします。     

         

  3. 次のいずれかの手順に従います。

         

    Cisco Jabber では最初の通話が自動的に保留にされ、両方の通話のステータスが表示されます。     

     

    1. 電話番号を入力し、[発信] を選択します。

       

    2. 名前またはビデオ アドレスを入力し、検索結果の項目をタップします。

       

  4. コントロール バーで、[マージ] をタップします。

     

    

通話の保留と再開

       
  1. 通話中の表示で をタップします。    

     

  2.      

    [保留] をタップします。     

         

  3.      

    通話を再開するには、[再開] をタップします。     

         

    

通話のマージ

       

マージ機能を使用して、既存の 2 件の通話をマージして電話会議にすることができます。   

    

この手順は、Cisco Jabber VoIP 通話にのみ適用されます。 マージ機能は、DvO 通話では使用できません。   

    
  1. 通話中の表示で をタップします。    

     

  2. [マージ] をタップします。

         

  3. [OK] をタップします。    

     

  4. (任意) をタップして会議参加者のリストを表示します。    

     

    

モバイル ネットワークへの通話の移動

       

この手順は、Cisco Jabber VoIP 通話にのみ適用されます。 この機能は、DvO 通話では使用できません。   

    
  1. 通話中の表示で をタップします。

         

  2. [携帯電話に移動] をタップします。    

     

  3. [OK] をタップします。    

     

  4. デバイスの呼び出し音が鳴ったら、[応答] をタップします。    

     

    

通話に関する統計の表示

  1. 通話中の表示で をタップします。    

     

  2. [通話の統計(Call Statics)] をタップします。

     

コール間の切り替え

       

2 件のインターネット通話に接続している場合、アクティブにできる通話は 1 件のみです。もう 1 件の通話は自動的に保留状態になります。

    
  1. 赤いバーをタップすると、もう 1 件の通話に切り替わります。   

     

通話の転送

     
  1. 通話中の表示で をタップします。    

     

  2.      

    [Transfer] をタップします。     

         

  3. 次のいずれかの手順に従います。

     

    1. 電話番号を入力し、[発信] を選択します。

       

    2. 名前またはビデオ アドレスを入力し、検索結果の項目をタップします。

       

    

相手先カメラの制御

   

遠端カメラ制御をサポートしている通話では、遠端カメラを調整してビデオ通話の表示を鮮明にすることも、カメラの会議レイアウトを制御することもできます。 [遠端カメラの制御の表示(Show Far End Camera Control)] アイコンは、遠端カメラの制御が有効になっている場合に、通話中表示されます。 このアイコンを選択すると、通話が接続されている方法に応じて、この機能を使用して遠端カメラの移動、またはビデオ スクリーンの会議レイアウトの変更ができます。   

    

制御可能カメラが備わったデバイスを所有する部門または個人と直接通話する場合、同時に複数のユーザがそのデバイスと通話していても相手先カメラを制御できます。 一方、ブリッジに発信する場合、会議レイアウトの制御のみを行えます。これは、いくつかのカメラの映像を電話会議に表示する方法を選択することによって制御します。   

    
はじめる前に   

通話に使用しているシステムが遠端カメラ制御(FECC)をサポートしていることを確認します。 この機能は、ビデオ会議の管理者が有効にする必要があります。   

    
     
1    ビデオ通話を開始したら、 [遠端カメラの制御の表示(Show Far End Camera Control)]アイコンを選択します。    
2    パン、チルト、およびズームのボタンを使用して通話を制御します。          
     
  •       

    デバイスに直接コールしている場合は、コントロールを使用してカメラの左右のパン、上下の傾斜、ズームイン/ズームアウトを実行します。      

          

  •  
    ブリッジにコールしている場合は、コントロールを使用して、目的の会議レイアウトを選択します。   
                          
     

    オプション         

              
             

    説明         

              
             

    上に傾ける         

              
             

    上矢印キー         

              
             

    下に傾ける         

              
             

    下矢印キー         

              
             

    左にパン         

              
             

    左矢印キー         

              
             

    右にパン         

              
             

    右矢印キー         

              
             

    拡大         

              
             

    + 記号         

              
             

    縮小         

              
             

    - 記号         

              
           
          
      
     

Jabber 間通話の発信

   

Jabber 間での音声通話およびビデオ通話では、Cisco Unified Communications Manager に登録することなく、2 つの Jabber クライアント間で通話を行うことができます。

    

Jabber 間通話の使用方法:

   
  •     

    Jabber 間通話は、一度に単一の連絡先とだけ行うことができます。     

        

  •     

    Jabber 間での通話中に別の連絡先に通話を発信すると、行われている会話が終了します。

        

  •     

    ある連絡先との間で同時に Jabber 間通話を開始すると、通話は自動的に接続され、他の着信は通知されなくなります。

        

  •     

    モバイル通話中は、Jabber 間通話に応答できません。 着信 Jabber 間通話は、不在着信としてリストされます。    

        

  •     

    ユーザが Jabber 間通話を行っている間、モバイル通話を受信する場合、ユーザがそのモバイル通話に応答すると、Jabber 間通話がただちに終了されます。

        

   

  

   
はじめる前に   

この機能は、システム管理者が有効にする必要があります。

    
      
1    [連絡先(Contacts)] 画面で、連絡先の写真をタップします。 これにより、連絡先の詳細が表示されます。
2    連絡先の詳細のうち、連絡先の名前をタップします。     これにより、[プロファイル(Profile)] 画面が表示されます。    
3    [プロファイル(Profile)]画面で [Jabber 通話(Jabber Call)] オプションをタップして通話を行います。

Jabber の着信音とチャット通知音の設定

     
1    通話の着信音を設定するには、[設定(Settings)] > [サウンド(Sounds)] > [通話の着信音(Call ringtone)] に移動して、目的の着信音を選択します。
2    チャット通知音を設定するには、[設定(Settings)] > [サウンド(Sounds)] > [通知音(Notifications tone)] に移動して、目的のチャット通知音を選択します。

携帯電話ネットワークを介した VoIP 通話の無効化

Jabber の [設定(Settings)] で、携帯電話ネットワークを介した VoIP 通話を有効または無効にできます。

  

携帯電話ネットワークを介した VoIP 通話機能を無効にすると、次のようになります。

  
  •  

    電話サービスが切断されます

      

  •  

    着信コールが受信されません

      

  •  

    VoIP 通話を発信できません

      

  •  

    Jabber のバッテリ消費量が減ります

      

      
1    [設定(Settings)] に移動します。
2    [通話(Call)] セクションの下の [通話オプション(Call options)] に移動します。 [携帯電話ネットワークを介した通話機能(Call capability over cellular network)] ウィンドウが表示されます。 [携帯電話ネットワークを介した通話機能(Call capability over cellular network)] には 3 つのオプションがあります。
  • 音声のみ <デフォルト値>

     

  • 音声およびビデオを使用

     

  • コール機能を無効にする

     

3    [コール機能を無効にする(Disable call function)] を選択します。

ビデオ通話ウィンドウの最小化

Android デバイスの戻るボタンをタップすると、ビデオ通話ウィンドウが最小化されます。 最小化されたビデオ通話ウィンドウをタップすると、ビデオ通話が全画面で表示されます。 デバイスの任意の場所にビデオをドラッグして配置することができます。
 

Attachments

    Outcomes