Cisco Jaber for iPhone and iPad の設定

Document created by Cisco Localization Team on Feb 20, 2017Last modified by Krzysztof Miller on Jun 26, 2017
Version 3Show Document
  • View in full screen mode
 

Cisco Jabber for iPhone and iPad の設定

モバイル ネットワークを介した VoIP 通話の無効化

   

モバイル ネットワークでの着信または発信を行わない場合は、モバイル ネットワークを介した VoIP 通話を無効にできます。   

    
     
1    [設定(Settings)] 画面で [通話オプション(Call Options)] をタップします。    
2    [携帯電話ネットワークを介した通話機能(Call capability over cellular network)] の下で、[コール機能を無効にする(Disable Call Function)] をタップします。     携帯電話ネットワークでの VoIP を無効にすると、次のような変化があります。     
  •       

    Cisco Jabber の電話サービスが無効になります。      

          

  •       

    Cisco Jabber からの VoIP 通話の発信や、着信コールの受信ができなくなります。      

          

  •       

    バッテリの消費量が減ります。      

          

     

ボイス メッセージ用のオーディオ出力の設定

はじめる前に  

アカウントで電話サービスが有効になっていることを確認します。  

   
     
1    [Settings] 画面の [Call] で、[Audio and Video] をタップします。   
2    [オーディオ(Audio)] で、[ボイス メッセージ用スピーカーの無効化(Disable Speaker for Voice Message)] をオフに設定します。    ボイス メッセージは常に受話器で再生されます。   

低帯域幅モードの設定

   

Cisco Jabber で、オーディオを低帯域幅ネットワーク用に最適化するために低帯域幅モードが使用されています。 これにより、VoIP 通話の通話品質が改善される可能性があります。   

    

システム設定の詳細については、システム管理者に問い合わせてください。   

    
はじめる前に   
次のいずれかが該当する必要があります。   
  •      

    管理者が、異なるコーデックを使用するデバイス間の通話を処理するようにシステムを設定している     

         

    
    
     
1    [Settings] 画面の [Call] で、[Audio and Video] をタップします。    
2    [オーディオ(Audio)] で、[低帯域幅モード(Low Bandwidth Mode)] をオフに設定します。          
     
注             

同じ低域幅コーデックをサポートしていないデバイスに電話をかけると、 以下のいずれかの問題が発生する場合があります。      

       
  •        

    音声が聞こえない       

            

  •        

    通話がすぐに切断される       

            

      
      
     

呼出音の設定

  

iPhone または iPad に用意されている呼出音とは別の呼出音を設定する場合は、Cisco Jabber の呼出音を設定できます。  

   
     
1    [設定(Settings)] 画面の [一般(General)] で、[サウンド(Sounds)] をタップします。   
2    [着信音(Ringtone)] をタップして、使用する呼出音を選択します。    着信通話を受信すると、選択した呼出音が再生されます。   

通話オプションの設定

     
はじめる前に  

次の手順は、Dial Via Office(DVO)機能が有効になっている電話サービス アカウントにのみ適用されます。  

   
      
1    [設定] 画面の [発信][通話オプション] をタップします。   
2    オプションを選択します。                
オプション説明
[Voice over IP]     

常にモバイル データ ネットワークまたは Wi-Fi ネットワーク経由で VoIP 通話を発信します。     

[モバイルボイスネットワーク(Mobile Voice Network)]     

常にデバイスのモバイル ボイス ネットワーク経由で DVO コールを発信します。     

      

DVO を使用する場合、すべての通話は、社内通話システムからコールバックされる形で開始されます。     

[自動選択(Autoselect)]     

Cisco Jabber により、ネットワーク接続に基づいて VoIP またはモバイル ボイス ネットワークが選択されます。     

       

DVO を使用する場合、すべての通話は、社内通話システムからコールバックされる形で開始されます。     

3    [モバイル ボイス ネットワーク] または [自動選択] を選択した場合は、[DVO コールバック番号] セクションに正しいコールバック番号(通常は携帯電話番号)が入力されていることを確認します。   

代替 Dial via Office(DvO)コールバック番号の追加

  

DVO を使用する場合、すべての通話は、社内通話システムからコールバックされる形で開始されます。 DVO コールバック番号は、通常、ユーザの携帯電話番号です。  

   
       
1    [設定] 画面の [発信][通話オプション] をタップします。   
2    [DVO コールバック番号(DVO Callback Number)] セクションで、[代替番号を使用(Use alternate number)] をタップします。   
3    代替 DVO コールバック番号を入力します。   
4    [Save] をタップします。   

ボイスメール アカウントの設定

はじめる前に  

システム管理者からアカウント情報を取得します。 ボイスメール アカウントの場合は、ユーザ名、パスワード、サーバ アドレス、(場合によっては)ポートが必要です。  

   
      
1    [設定] 画面の [アカウント][ボイスメール] をタップします。   
2    システム管理者から取得したアカウント情報を入力します。   
3    [Save] をタップします。   

通知と免責条項の表示

      
1    [設定] 画面の [ヘルプ][バージョン情報] をタップします。   
2    [通知と免責条項] をタップします。   
3    次のいずれかのオプションをタップして、関連コンテンツを表示します。   
  • [緊急番号に関する通知(Emergency Number Notice)]    
  • [オープン ソースに関する通知(Open Source Notice)]    
  • 問題レポートツールに関する通知    
  • [強力な暗号化に関する通知(Strong Encryption Notice)]    
  • [データ使用およびエラー追跡(Usage and Error Tracking)]    

シスコへのフィードバックの送信

はじめる前に  
  •     

    デバイスの E メール アプリを設定します。    

        

  •     

    システム管理者からエラー報告用のメール アドレスを取得します。    

        

   
       
1    [設定] 画面の [ヘルプ] を表示します。   
2    [ヘルプ] で、[シスコにフィードバックを送信する] をタップします。         

メール アプリケーションが開いて新しいメッセージが表示されます。    

    
3    フィードバックを入力します。   
4    [Send] をタップします。   

ユーザ ガイドの表示

     
1    [設定] 画面の [ヘルプ][ユーザガイド] をタップします。   
2    タップすると次のコンテンツが表示されます。                
オプション説明
クイック スタート ビデオ      

Cisco Jabber の機能と利点を紹介するビデオ ツアー。            

クイック スタート ガイド      

Cisco Jabber に初めてサインインしていくつかの主要な機能を使用するための手順。      

ユーザ ガイド      

Cisco Jabber を使用するための詳細な手順。            

問題レポートの送信

はじめる前に   

    

  •      

    デバイスの E メール アプリを設定します。     

         

  •      

    システム管理者からエラー報告用のメール アドレスを取得します。     

         

    
        
1    [設定] 画面の [ヘルプ] の下で、[問題レポートツール] をタップします。    
2    [詳細ログ]をタップして、有効にします。    
3    問題を再現します。    
4    [問題レポートの送信] 電子メールをタップします。          

Cisco Jabber によって起動された電子メール アプリに新規メッセージが表示されます。このメッセージにはすでに件名が設定され、ログ ファイルが添付されています。     

     
5    E メール メッセージの本文に問題の説明を入力し、システム管理者に送信します。          
Tip                        
     
次の作業

   

重要:    

バッテリとストレージ領域の消費を抑えるため、[詳細ログ] が不要になった際には、この機能をオフにします。    

        
    

カスタム HTML タブの作成

Jabber でカスタム HTML タブを作成することができます。 このタブは設定ウィンドウと [カスタム タブ(Custom Tabs)] ウィンドウに表示されます。 設定ウィンドウからこのタブをタップすると、Jabber 内の宛先 URL に移動します。 管理者もカスタム タブを追加することができます。   カスタム タブは 10 個までしか追加できません。 管理者が 10 個のカスタム タブを作成している場合は、それ以上カスタム タブを追加できません。 また、管理者によって追加されたカスタム タブを削除することはできません。   
         
1    プロファイル画像をタップしてから、 [設定(Settings)]> [カスタム タブ(Custom Tabs)] の順にタップします。    
2    [カスタム タブの追加(Add Custom Tab)] をタップします。    
3    該当するフィールドにページ名と URL を入力します。    
4    [Add] をタップします。    
5    カスタム タブを削除するには、[カスタム タブ(Custom Tabs)] ウィンドウで、[編集(Edit)] をタップします。    
6    削除するカスタム タブの横に表示されている -- アイコンをタップしてから、 [削除(Delete)]をタップします。    

コール転送

Jabber はコール転送オプションをサポートしています。   

コール転送を設定するには:   

    
     
1    [設定(Settings)] > [コール(Call)] > [コール転送(Call forwarding)] に移動します。    
2    着信コールの転送には次のオプションがあります。          
  •       

    通話を転送しない(Do not forward calls)     

          

  •       

    ボイスメール(Voicemail)     

          

  •       

    携帯     

          

  •       

    ホーム     

          

  •       

    カスタマイズ(Customize):このオプションをタップして、コールを別の番号に転送することができます。      

           

    国番号と市外局番とともに番号を入力します。     

         

     
 

Attachments

    Outcomes