Cisco Jabber for Windows 11.8 以降でボイス メッセージを転送する

Document created by Cisco Localization Team on Feb 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

 

[ボイス メッセージ(Voice Messages)] タブで、ボイス メッセージを 1 人または複数の連絡先に転送できます。 また、自分自身のメッセージを録音して、転送されたボイスメールと一緒に転送するように選択することもできます。 録音されたメッセージを聴き、必要に応じてメッセージを録音し直すことができます。

  

受信者は、転送されたボイス メッセージを [ボイス メッセージ(Voice Messages)] タブで受信します。このメッセージは通常の新規ボイス メッセージとして、送信者の名前と「FW:」 という識別子付きで表示されます。 [再生(Play)] ボタンをクリックすると、自分が録音したメッセージが最初に再生され、続いてオリジナルのボイスメールが再生されます。

  

ボイスメールの転送機能は、システム管理者が有効にする必要があります。

  

        
1    [ボイス メッセージ(Voice Messages)] タブでボイスメールを右クリックします。
2    [ボイス メッセージの転送(Forward voice message)] をクリックします。 [ボイス メッセージの転送(Forward voice message)] ダイアログが表示されます。
3    (オプション)ボイスメールと一緒に送信する自分自身のメッセージを録音する場合は、[録音(Record)] をクリックします。 メッセージを再生し、必要に応じて録音し直すことができます。
4    検索ボックスで、ボイスメールの転送先の連絡先を検索します。 ボイスメールは複数の連絡先に転送できます。
5    [送信(Send)] をクリックします。
 


Attachments

    Outcomes