Cisco Jabber for Android の設定

Document created by Cisco Localization Team on Feb 20, 2017Last modified by Krzysztof Miller on Jun 22, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

設定へのアクセス

次の方法で [設定] 画面にアクセスします。

  • 右にスワイプするか、 をタップし、Android フォンのナビゲーション ドロワーを開きます。 [Settings(設定)] をタップします。

     

  • タブレットの [設定] アイコンをタップします。

     

低帯域幅モードの設定

Cisco Jabber for Android は低帯域幅モードを使用して、低帯域幅ネットワークの音声を最適化し、VoIP 通話の品質を改善することができます。

低帯域幅モードを使用するには、次のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • 管理者が、異なるコーデックを使用するデバイス間の通話を処理するようにシステムを設定している

     

  • 使用するデバイスと通話相手のデバイスの両方で、同じ低帯域幅コーデック(G.729a または G.729b)をサポートしている。

     




発信先のデバイスが同じ低帯域幅コーデックをサポートしておらず、さらに、コーデックの不一致を処理するようにシステムが設定されていない場合は、次のいずれかの問題が発生する可能性があります。

  • 音声が聞こえない

     

  • 通話がすぐに切断される

     


システム セットアップの詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

     
1    [Settings] 画面の [Call] で、[Audio and Video] をタップします。
2    [低帯域幅モード] 設定をオンまたはオフにします。

通話オプションの設定

はじめる前に

この手順は、Dial via Office(DvO)機能が有効になっている電話サービス アカウントに適用されます。

      
1    [設定] 画面の [発信][通話オプション] をタップします。
2    オプションを選択します。             
オプション説明
[Voice over IP]

常にモバイル データ ネットワークまたは Wi-Fi ネットワーク経由で VoIP 通話を発信します。

モバイル ボイス ネットワーク

常にデバイスのモバイル ボイス ネットワーク経由で DvO 通話を発信します。

DvO を使用すると、すべての通話は社内通話システムからのコールバックにより開始します。

[自動選択(Autoselect)]

Cisco Jabber により、ネットワーク接続に基づいて VoIP またはモバイル ボイス ネットワークが選択されます。

DvO を使用すると、すべての通話は社内通話システムからのコールバックにより開始します。

3    [モバイル ボイス ネットワーク] または [自動選択] を選択した場合は、[DVO コールバック番号] セクションに正しいコールバック番号(通常は携帯電話番号)が入力されていることを確認します。 正しいコールバック番号が入力されていない場合は、次のトピックを参照してください。
次の作業

 

代替 Dial via Office(DvO)コールバック番号の追加

代替 Dial via Office(DvO)コールバック番号の追加

DvO を使用すると、すべての通話は社内通話システムからのコールバックにより開始します。 DvO コールバック番号は、通常、ユーザの携帯電話番号です。

       
1    [設定] 画面の [発信][通話オプション] をタップします。
2    [DvOコールバック番号] セクションで、[代替番号を使用] をタップします。
3    代替 DvO コールバック番号を入力します。
4    [Save] をタップします。

代替 Dial via Office コールバック番号の変更

       
1    [設定] 画面の [発信][通話オプション] をタップします。
2    代替 DvO コールバック番号をタップします。
3    新しい代替 DvO コールバック番号を入力します。
4    [Save] をタップします。

通知と免責条項の表示

      
1    [設定] 画面の [ヘルプ][バージョン情報] をタップします。
2    [通知と免責条項] をタップします。
3    次のいずれかのオプションをタップして、関連コンテンツを表示します。
  • [緊急番号に関する通知(Emergency Number Notice)]
  • [オープン ソースに関する通知(Open Source Notice)]
  • [強力な暗号化に関する通知(Strong Encryption Notice)]
  • [データ使用およびエラー追跡(Usage and Error Tracking)]

シスコへのフィードバックの送信

      
1    [設定] 画面の [ヘルプ] で、[シスコにフィードバックを送信する] をタップします。
2    [使用状況データの収集(Collect Usage Data)] フィールドを使用して使用状況データを収集するかどうかを選択します。
3    アプリについてのアンケート調査を希望する場合は、[調査] を選択します。

[コールのDiffServを有効化する(Enable Differentiated Service for Calls)]

このオプションは、デフォルトで有効です。 次のシナリオで問題が発生しない限り、このオプションを無効にしないことを推奨します。

  • 他の参加者の声を聞いたり、姿を確認できるが、自分の声や姿は確認されない。

     

  • 予期しない Wi-Fi 接続問題が発生している。

     




コールの Diffserv を無効にすると、オーディオやビデオの品質が低下する可能性があります。


はじめる前に

このオプションが Cisco Jabber で見つからない場合は、管理者に連絡してください。

      
1    [設定(Settings)] に移動します。
2    [音声とビデオ(Audio and Video)] に移動します。
3    [コールの DiffServ を有効化する(Enable Differentiated Service for Calls)] をタップします。

デフォルトのオーディオ出力の設定

       
1    [設定(Settings)] に移動します。
2    [音声とビデオ(Audio and Video)] に移動します。
3    [デフォルトのオーディオ出力(Default Audio Output)] をタップします。
4    [イヤホン(Earphone)] または [スピーカー(Speaker)] をタップして、デフォルトのオーディオ出力を選択します。

ボイス メッセージ用スピーカーの無効化

Cisco Jabber for Android は、オーディオ出力デバイスとしてデフォルト設定されているイヤホンまたはスピーカーを使用して、ボイスメールを再生します。 ボイスメールの再生でスピーカーを無効にするには、次の手順を実行します。

 
     
1    [設定(Settings)] に移動し、[音声とビデオ(Audio and Video)] をタップします。
2    [ボイス メッセージ用スピーカーの無効化(Disable Speaker for Voice Messages)] をタップします。

ボイスメールはイヤホンから再生されます。

オフライン(ミーティング中)ステータス

 

連絡先がオフラインで、Outlook カレンダーに会議出席依頼がある場合には、Jabber for Android に「オフライン(ミーティング中)」のステータスが表示されます。 このステータスは他のユーザのモバイル デバイスの連絡先リストに表示されます。 詳細については、最新の『On-Premises Deployment Guide for Cisco Jabber』の「Integrate Cisco Jabber with Applications」の章を参照してください。

カスタム HTML タブの作成

Jabber でカスタム HTML タブを作成することができます。 このタブはナビゲーション バーと [カスタム タブ(Custom tab)] ウィンドウに表示されます。 ナビゲーション バーからこの HTML タブをタップすると、Jabber 内の宛先 URL に移動します。 管理者もカスタム タブを追加することができます。 カスタム タブは 10 個までしか追加できません。 管理者が 10 個のカスタム タブを作成している場合は、それ以上カスタム タブを追加できません。 また、管理者によって追加されたカスタム タブを削除することはできません。
         
1    [設定(Settings)] > [カスタム タブ(Custom tab)] の順にタップします。
2    [カスタム タブの追加(Add Custom Tab)] をタップします。
3    カスタム タブの名前と URL を入力します。
4    [追加(Add)] をタップします。
5    カスタム タブを削除するには、[カスタム タブ(Custom tab)] ウィンドウでカスタム タブをタップしてから、[カスタム タブの編集(Edit custom tab)] ウィンドウの [削除(Delete)] をタップします。
6    複数のカスタム タブを削除するには、[カスタム タブ(Custom tab)] ウィンドウの [編集(Edit)] アイコンをタップし、カスタム タブを選択して、[ごみ箱(Trash)] アイコンをタップします。

Jabber の連絡先の並べ替え

ステータスまたは名前に基づいて連絡先を並べ替えることができます。
     
1    [設定(Settings)] > [表示(Display)] > [連絡先の並べ替え(Sort contacts by)] に移動します。
2    [名前(Name)] または [ステータス(Status)] を選択します。

Jabber の着信音とチャット通知音の設定

     
1    通話の着信音を設定するには、[設定(Settings)] > [サウンド(Sounds)] > [通話の着信音(Call ringtone)] に移動して、目的の着信音を選択します。
2    チャット通知音を設定するには、[設定(Settings)] > [サウンド(Sounds)] > [通知音(Notifications tone)] に移動して、目的のチャット通知音を選択します。

コール転送

Jabber はコール転送オプションをサポートしています。  

コール転送を設定するには:  

   
     
1    [設定(Settings)] > [コール(Call)] > [コール転送(Call forwarding)] に移動します。   
2    次のいずれかのオプションを選択します。          
  •       

    転送機能を無効にする

          

  •       

    ボイスメール(Voicemail)

          

  •        

    携帯

           

  •        

    ホーム

           

  •       

    番号を追加する:国番号と市外局番を含む電話番号、または URI を入力できます。

          

     
 

Attachments

    Outcomes