メールテンプレートを管理する (WBS30、WBS31)

Document created by Cisco Localization Team on Mar 1, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

メールテンプレート

WebEx サイトには HTML 形式とプレーンテキストのカスタマイズが可能なメールテンプレートが含まれています。 メールテンプレートページでは HTML 形式のテンプレートを利用可能にするかどうかを選択できます。

 

プレーンテキストのメールテンプレートをカスタマイズした場合は、HTML 版は使用できません。 既定のテンプレートに戻すと HTML 版が使用できるようになります。

 

メールテンプレートのカスタマイズ

WebEx サービスがメールを自動的に送信します。例えば主催者がセッションをスケジュールあるいは変更した際などです。 あなたのサイトにメールテンプレートのオプションがある場合、これらのメールを指定するテンプレートを変更することができます。 メールテンプレートは既定の状態に戻すことができます。

 

重要


あなたのサイトでサポートしている各言語でテンプレートに変更を加えてください。 同じ言語のテンプレートで変更を加えます。 例えば、フランス語のテンプレートを編集する場合、フランス語で変更を加えます。


 

メールテンプレートのオプションの有効化については、WebEx アカウントマネージャに連絡してください。

              
1    あなたの WebEx サイトにサインインしたら、既定言語のリンクを選択します。
2    [基本設定] ページの [言語] リストで編集するテンプレートの言語を選択します。
3    [保存] を選択します。
4    サイト管理のリンクを選択し、サイト管理ポータルを開きます。
5    ナビゲーションバーで [設定 > メール > メールテンプレート] の順に選択します。

利用できるメールテンプレートのリストが表示されます。

 
6    [既存のメールテンプレート:] ドロップダウンリストで テンプレートのカスタマイズを行うサービスを選択します。
7    変更するテンプレートを選択します。
8    必要に応じてテキストを変更したり、変数を削除したり再編します。

変数の前後にはパーセント (%) の印が付いています。

 
重要:
  • テンプレート内で変数を移動することはできますが名前の変更はできません。

     

  • 各メールテンプレートには一式の変数が含まれています。 一つのテンプレートから変数をコピーして別のテンプレートに貼り付けても機能しません。

     

 
9    HTML メールテンプレートのカスタマイズ後、[HTML のプレビュー] を選択し、適切に表示されているかを確認します。
10    [更新] を選択します。
11    この手順に従い、サポートされている各言語に対して同じ変更を加えます。

既定のメールテンプレートに復元する

メールテンプレートをカスタマイズした場合、元の状態に復元することができます。

 
       
1    ナビゲーションバーで [設定 > メール > メールテンプレート] の順に選択します。
2    復元したいテンプレートのとなりのボックスにチェックを入れます。
3    ページ下部の [既定の設定に戻す] を選択します。 メッセージが表示され、テンプレートを元に戻すことを確認します。
4    [OK] を選択します。
 

Attachments

    Outcomes