ユーザーアカウントの管理

Document created by Cisco Localization Team on Apr 5, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

ユーザーアカウントタイプ

ユーザーアカウントには複数のタイプがあり、アカウントにより付与される権限が異なります:

 
                

ユーザーアカウントタイプ

説明

主催者

ユーザーによる WebEx セッションの開催が可能。

サイト管理者

ユーザーによるセッションの開催とサイト管理の使用が可能。

サイト管理 - 表示のみ

ユーザーによるサイト管理情報の表示が可能。情報の変更は不可。

出席者のみ

ユーザーによる WebEx へのログインとミーティングへの出席、各自のプロファイル管理、ミーティング一覧の表示が可能。

重要: 出席者は、主催者がアカウントの所有を要求している場合を除き、WebEx セッションに出席するために出席者アカウントを所有する必要はありません。

あなたの WebEx との契約で同時ライセンスオプションが提供される場合、必要な数のユーザーアカウントを追加することができます。 契約では同時にセッションを開催したり出席できる数が制限されています。 同時ライセンスについての質問等がありましたら、担当の WebEx アカウントマネージャまでお問い合わせください。

あなたの組織でアカウントのサインアップオプションを有効にしている場合、ユーザーは、WebEx サイトのアカウントサインアップフォームの入力を済ませ、新しいアカウントをリクエストすることができます。

機能を有効にしている場合は、ユーザーは WebEx サイトからアカウントをリクエストすることができます。

また、[サイト管理] から単一または複数ユーザーのアカウントを追加することも可能です。

ユーザーによるサイト上からのアカウント要求を許可する

この操作によりサイト上でアカウントのサインアップフォームを表示します。これによりユーザーは出席者アカウントをリクエストすることができます。 オプションを選択して以下を実行します:

  • すべてのアカウントリクエストのサイト管理者の承認を必要とします (すべてのリクエストがキューに移され、あなたが承諾または拒否を指定します)。

     

  • 特定のインターネットドメインからのサインアップのリクエストを自動的に承諾または拒否します。

     

         
1    ナビゲーションバーで、[設定 > 共通のサイト設定 > オプション] の順に選択します。
2    [サービスの要求設定] までスクロールして、[ユーザーに付加サービスの要求を許可] を選択します。
3    すべての要求を自動的に承認したい場合は、[すべてのアカウントの要求を自動承認] を選択します。
4    承認のために要求をキューに移動するには、[サイト管理者が手作業でアカウントの要求を承認する] を選択します。
5    [アカウントサインアップ時の必要項目] で、アカウントのサインアップフォームでユーザーが提供する必要がある情報のタイプを選択します。
6    [更新] を選択します。

アカウントリクエストの承認および拒否

あなたの組織の WebEx サービスサイトに、アカウントのサインアップ機能が含まれる場合、この操作でアカウントのリクエストを承諾または拒否します。

ユーザーによる新規アカウントのリクエスト後、ユーザーにサイトアクセス権限が付与されるまでに最長で 2 日程かかる場合があります。 ユーザーサインアップリクエストの承諾後すぐにユーザーがアクセスしたい場合、ユーザーのアカウントを編集し、パスワードを指定して新しいユーザーに提供します。

       
1    左のナビゲーションバーで [サイト情報] を選択します。
2    [サイト情報] ページで新規主催者アカウントのリクエストリンクを選択するか、新規参加者アカウントのリクエストリンクを選択します。

このリンクは、サイト上で 1 人以上のユーザーがユーザーアカウントのリクエストを出している場合にのみ表示されます。

3    1 つ以上のサインアップリクエストを承諾するには、承諾する各サインアップリクエストのチェックボックスを選択し、それから [承諾] を選択します。
4    1 つ以上のサインアップリクエストを拒否するには、拒否する各サインアップリクエストのチェックボックスを選択し、それから [拒否] を選択します。

サイト管理がアカウントをリクエストしたユーザーにメールメッセージを送信し、リクエストが承諾されたか拒否されたかを知らせます。

新しいユーザーアカウントの追加

           
1    ナビゲーションバーで [ユーザーユーザーの追加] の順に選択します。
2    [ユーザーの追加] ページで作成したいアカウントのタイプを選択します。
  • 主催者: ユーザーは WebEx セッションを開催できます。
  • サイト管理者: ユーザーはセッションを開催したり、サイト管理を使用できます。
  • サイト管理 - 表示のみ: ユーザーはサイト管理の情報を見ることができますが、変更することはできません。
  • 出席者のみ: ユーザーは WebEx にサインインしてミーティングに出席したり、プロファイルの編集をしたり、ミーティング一覧を見ることができます。
    重要      

    出席者は、主催者がアカウントの所有を要求している場合を除き、WebEx セッションに出席するために出席者アカウントを所有する必要はありません。

3    [アカウント情報] セクションで、ユーザー名およびメール情報を入力します。
4    サイトのパスワード基準設定に準拠するパスワードを作成し、入力します。
5    ユーザーのための既定の言語とタイムゾーンを選択します。
6    ユーザーに対して有効にする権限を選択します。
7    [連絡先情報] セクションで、オフィス、携帯、代理電話番号、所在地などの情報を入力します。
  1. [コールバック] チェックボックスを選択して、各番号に対しコールバックを有効にします。
  2. コールイン認証] を選択して、出席者によるコールイン認証を必須にします。
8    [追加] を選択します。

ユーザーアカウントの編集

Cisco Unified MeetingPlace (WBS30 のみ) ユーザーは、サイトでディレクトリサービスの統合が有効な場合に、ユーザーアカウントを更新しないでください。 導入時に提供された手順に従ってください。

         
1    左側ナビゲーションバーで [ユーザーユーザーの編集] の順に選択します。
2    検索機能を使ってユーザーアカウントを探します。

WebECD 担当者アカウントなど、特定のアカウントタイプを選択して表示させることでユーザーを探し出すことも可能です。

3    (オプション) ユーザーアカウントを有効または再有効するには、アカウントのとなりの [アクティブ] チェックボックスにチェックを入れるかまたは解除して、[送信] を選択します。
4    (オプション) ユーザーが開催できるミーティングのタイプを変更するには、[セッションタイプ] カラムのアカウントのとなりにあるチェックボックスを選択するか解除し、それから [送信] を選択します。
5    ユーザーアカウントの詳細を編集するには、アカウント名を選択します。
6    [ユーザーの編集] ページでアカウントの情報または設定を変更し、[更新] を選択します。

ユーザーアカウントを有効または無効にする

ユーザーアカウントはいつでも一時的に無効にしたり再有効にしたりできます。 アカウントが無効になっている間、ユーザーは WebEx セッションを開催することができません。 また、無効になった主催者のセッションを開始することもできません。

サイト管理を使用して、ユーザーアカウントを WebEx サービスサイトから削除することはできません。 しかし、そのアカウントの情報 (ユーザー名、パスワード、他のユーザーへの割り当てなどを含む) を変更することは可能です。

       
1    ナビゲーションバーで [ユーザー > ユーザーの編集] の順に選択します。
2    ユーザーアカウントを見つけます。
3    ユーザーアカウントを有効または再有効するには、当該アカウントのとなりの [アクティブ] チェックボックスにチェックを入れるかまたは解除して、[送信] を選択します。
4    [送信] を選択します。

パスワードリクエストの承認および拒否

ユーザーがパスワードを忘れてしまった場合でもログインアシスタンスのオプションが有効にしてある場合は、ログインページからパスワードをリクエストすることができます。 この手順を使ってパスワードのリクエストを承諾または拒否します。

      
1    左のナビゲーションバーで [サイト情報] を選択します。
2    [サイト情報] ページで [新しいパスワード要求] を選択します。

このリンクは 1 人以上のユーザーがパスワードをリクエストすると表示されます。

3    リクエストのとなりにあるボックスにチェックを入れ、それから [承認] または [拒否] を選択します。
ヒント       ユーザーによるパスワードリクエストについての詳細を確認するには、ユーザー名を選択します。
  各パスワードリクエストで、サイト管理がパスワードをリクエストした相手にメールを送信し、リクエスト状況を通知します。
 

Attachments

    Outcomes