ヘルス チェッカーを使って Cisco Spark への接続をテストする

Document created by Cisco Localization Team on Apr 12, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

ヘルス チェッカーを使って Cisco Spark への接続をテストする

発生している問題の原因がアプリ側にあるのか確認したり、サービス ステータスを確認するには、ヘルス チェッカーを使って Cisco Spark サービスへの接続に問題がないか確認することができます。

  • インターネット—ヘルス チェッカーはデバイスがインターネット接続を有しているかどうかをオペレーティング システムで確認します。

     

  • サーバー接続—ヘルス チェッカーは Cisco Spark アプリが Cisco Collaboration Cloud サービス コンポーネントに接続できるか確認します。 コンポーネントのいずれかにアクセスできなかった場合、そのセクションの色はオレンジに代わり、影響を受けるコンポーネントがリストにされます。 Windows では、証明書の照合に失敗してサービスへの接続が拒否された場合、赤い停止サインと一緒に詳細情報へのリンク表示され、影響を受けるすべてのコンポーネントの一覧が表示されます。

     

  • クラウド—ヘルス チェッカーは status.ciscospark.com から Cisco Collaboration Cloud のステータスを収集します。 停止状況が確認できる場合、停止の深刻さに応じて、オレンジか赤にセクションの色が変わります。 停止に関する情報がリストに表示されます。 計画されたメンテナンス活動がある場合もリストに表示されます。

     

開始する前に

  • チケットを提出する前に必ずこのテストを実行してください。

     

  • 使用しているプラットフォームでヘルス チェッカーが見つからない場合は、status.ciscospark.com で Cisco Spark サービスの最新のステータス (稼動状況) を確認したり、更新情報を購読することができます。

     

Windows および Mac

     
1    いずれかを実行します:
  • Windows では、プロファイル画像をクリックし、次に [ヘルス チェッカー] を選択します。
  • Mac では、[ヘルプ] > [ヘルス チェッカー] を選択します。
 

テスト結果にはクラウドのステータスが表示されますが、クラウドへの接続を確認することはできません。

2    (オプション) サービスへの接続を手動でもう一度テストするには、[テスト] または [更新] をクリックします。
次にすべきこと

 

アプリで問題が発生しているのにテストを実行しても何も問題が見つからない場合は、アプリ経由でサポートのケースを開いてください。

iPhone および iPad

[Me] (自分) > [サポート] > [サービス ヘルス チェック] の順にタップします。

テスト結果にはクラウドのステータスが表示されますが、クラウドへの接続を確認することはできません。

 

Attachments

    Outcomes