スペースからインスタント ミーティングまたはグループ通話を開始する

Document created by Cisco Localization Team on Apr 12, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

状況によっては、メッセージをやり取りするよりも電話で話したり、直接会話するだけで話し合いがかなりスムーズに進むということもあります。 Cisco Spark で、あなたともう 1 人のユーザーとの間の会話から希望する相手に直接発信して通話を開始したり、複数のユーザーとのスペースに直接発信してグループ通話を開始することができます。 発信すると、インスタント ミーティングが開始します。 グループのスペースから発信すると、そのグループ内のすべてのユーザーに通知されます。

インスタント ミーティングまたはグループ通話中、以下のツールを利用できます:

  • あなたと他の参加者のビデオが自動表示されます。

  • 他の参加者と自分の画面を共有しながら会話を進行できます。

  • 通話中、ミュートまたはミュート解除ボタンを操作して他の参加者の音声とビデオを制御できます (あなたが通話を開始した場合)。

  • 必要に応じて、通話にさらに参加者を追加できます。

使用している Cisco Spark アカウントの種類によっては、これらすべての機能を利用できない場合があります。一部の通話機能は、有償版の Cisco Spark サブスクライバーのみ利用可能です。 各種 Cisco Spark プランの詳細については、Cisco Spark の Web サイトをご覧ください。

以下のいずれかのオプションを使用して、個人またはグループに発信することができます:
  • スペースから発信—アクティビティ メニュー をクリックし、[通話] を選択します。
  • 通話リストから発信—スペースの左にある、[通話] を選択します:
    • 通話したい相手の名前またはメール アドレスを入力するか、ダイヤル パッドの上にあるビデオ アドレスを入力します。 ダイヤル パッドを使って番号を入力して発信することもできます。

    • 最近の通話履歴や不在着信をチェックし、重要だと思われる場合は折り返し連絡します。




Attachments

    Outcomes