Cisco Spark アプリでの通話とミーティングのための音声およびビデオ仕様

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Apr 12, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

Cisco Spark アプリを使って他のユーザーと通話する場合や、ミーティングを開催する場合には、ネットワークの帯域幅に応じてビデオ解像度を調整します—例えば、会社のネットワークではなく、自宅のネットワークに接続して大きなファイルをダウンロードする場合や、Cisco Spark を使用する場合では、ネットワークの帯域幅が異なります。 環境によって解像度が左右されますが、現在のネットワーク状態に応じた最高品質を確保します。

  • 当社では、音声には Opus コーデック、ビデオには OpenH264 コーデックを利用して双方の品質を最適化しています。

  • ビデオの解像度は、使用しているデバイスの種類によって異なります:

    • Cisco Spark アプリは、Mac、Windows、および一部の iPhone と iPad モデル (iPhone 4S 以降、iPad Air および iPad Air 2、iPad Pro、および iPad Mini 2 以降) を使用したビデオ通話において 720p 高解像度 (HD) ビデオをサポートしています。

    • Web (Firefox)、Android、およびその他の iOS デバイス (iPad 2 など) の場合、Cisco Spark は 360p 標準画質 (SD) でのビデオ通話をサポートしています。

  • Cisco Spark による帯域幅の使用量 (推定):

    • 360p ビデオ通話で 700 kbps、 720p ビデオ通話で 1.5 Mbps。

    • iOS 10 では、ビデオを無効にした通話または音声のみの通話で 80 kbps。




Attachments

    Outcomes