iPhone および iPad 用の Cisco Spark で必要な権限

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Apr 12, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

iPhone または iPad 上で初めて Cisco Spark アプリにサインインすると、アプリが一部の iOS の権限設定を変更することを許可するように求めるプロンプトが表示されます。 Cisco Spark を使用中、他にもアクセス許可を求めるプロンプトが表示されます。

以下のリストでは、Cisco Spark アプリに必要なアクセス権限とその使用目的と方法について説明します。 iOS 設定 アプリで、[設定] > [Spark]、[設定] > [通知] > [Spark] をチェックすることで、Cisco Spark アプリに許可されているアクセス権限の完全なリストを確認することができます。
  • カメラ: この権限は、次の 2 つの目的で使用されます: ビデオ通話を行うためと、写真を撮って会議室にアップロードするためにカメラを使用します。

  • カレンダー: Cisco Spark アプリとデバイス本体のカレンダーを共有する場合、この権限によって、アプリはカレンダーを定期的に読み取り、これまでに会った人との連絡に使用する連絡先のリストを作成します。 連絡先リストはサーバーに送信されません。

  • 連絡先: Cisco Spark アプリとデバイス本体の連絡先を共有する場合、この権限によって、会議室にメンバーを追加する際にアプリでこの連絡先が表示されます。

  • マイク: この権限は、Cisco Spark アプリを使って発信することを許可するために使用されます。 アプリはオーディオを録音しません。
  • 通知: この権限は、アプリが開いてなかったり、画面がロックされていたりする場合でも、Cisco Spark アプリからの通話やメッセージに関してアラートを受け取ることができるようにするために使用されます。

  • App のバックグラウンド更新: この設定は、Cisco Spark アプリがバックグラウンドで特定のデータを更新することを許可します。
  • セルラー データの使用: モバイル データ通信の使用を許可すると、デバイスが Wi-Fi に接続されていなくても、携帯電話ネットワーク経由でアプリを使って会議室のコンテンツをダウンロードしたり、通話やすり合わせ会議に参加することができます。

重要:

モバイル デバイスの設定で、マイクに対するアプリのアクセスを拒否しないでください。 拒否してしまうと、アプリを使用しての通話や Cisco Spark ビデオ会議端末とのペアリングができなくなります。

他のデバイス プラットフォームの権限とその他のプライバシーに関する問題の説明について詳しくは、こちらをお読みください。




Attachments

    Outcomes