Cisco Spark for iPhone and iPad - 既知の問題

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 19, 2017
Version 3Show Document
  • View in full screen mode

最終更新日: 2017 年 6 月 14 日

既知の問題

  • 一部の着信で、「不明な発信者」と表示されます。

  • かなり多数の会議室に参加しているユーザーでは、サインイン後に会議室がダウンロードされるまでかなり時間がかかることがあります。 この問題は調査中です。 この問題には回避策はありませんが、デバイス上でしばらく Cisco Spark を開いたままにしておくと、最終的にすべての会議室がダウンロードされます。

  • Cisco Spark に連絡先にアクセスすることを許可していない場合、会議室に参加者を追加するときに [連絡先に接続] オプションが短く表示され、既存の連絡先が存在するため、リストの下に移動します。

  • 現時点では、iPhone または iPad のローカルのビデオ ライブラリからビデオ ファイルを共有することはできません。

  • Cisco Spark アプリがバックグラウンドで実行中、通話がないと音声が数秒間記録されます。 これは通常のことです。 数秒後にオフになるはずです。 回避策: Cisco Spark アプリ[設定] で、[Proximity 機能] をオフにしてください。後で他の Cisco Spark 会議室システムとモバイル デバイスをペアリングして使用するには、Proximity 機能をオンにする必要があります。 会議室システムの使用が完了したら、いつでもオフに戻せます。

  • 送信ボタンが時々反応しなくなることがあり、何度も繰り返してボタンをタップすると、同じメッセージが重複して送信されてしまいます。

重要:

モバイル デバイスの設定で、マイクに対するアプリのアクセスを拒否しないでください。 拒否してしまうと、アプリを使用しての通話や Cisco Spark ビデオ会議端末とのペアリングができなくなります。

iOS 10 での既知の問題:

  • ユーザーがビデオ通話にエスカレーションすると、リモート パーティ (相手先) に通知されません。

  • Siri を使って発信する場合、同じ名前で複数の連絡先がある相手に発信できない場合があります。

  • すべての着信通話は音声のみの通話として表示されます。

  • 電話がロックされている間に、Cisco Spark アプリからの着信通話を逃した場合、ロックされたスクリーンに不在着信の通知が表示されません。

Cisco Spark のホワイトボード アクティビティには既知の問題があります:

  • ホワイトボードを読み込み中に、描線が消えてしまうことがあります。

  • ホワイトボード上の描線の数が多すぎると、ホワイトボードの読み込みとレンダリングの実行に問題が生じることがあります。

見つけたすべての問題について、フィードバックを送信して報告してください。

現在のシステム要件については、この記事を参照してください。

問題が発生している場合、あるいはサービス ステータスを確認したい場合は、この記事を参照してください。

Cisco Spark for iPhone and iPad - リリース ノート




Attachments

    Outcomes