Cisco Spark 会議室は、会話、共有、および仕事を完了させることができる場所です

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jun 3, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

会議室は、友人や同僚とプロジェクトのコラボレーションを行える場所です。 会議室のアイコンをクリックすると、会議室リストが表示されます。


ヒント


Cisco Spark for Web を利用して、時計アイコンをクリックし、[最近] タブを開くと、会議室リストが表示されます。


すべての自分の会議室は、会議室リストに表示され、フィルターを使えば会議室をソートできます。 コンテンツが最も頻繁に更新されている会議室が、一番上に表示されます。 青色の点は、未読のメッセージのある会議室を示します。

会議室内で行った会話や共有した資料は永続的に残されるので、いつでもスクロールバックして、以前の会話や資料を見つけることができます。

必要な数の会議室を作成します。 会議室リストの一番上のプラス記号をクリックします。

会議室には 2 種類あります。

  • 1:1 会議室

  • チーム会議室

1:1 会議室

1:1 会議室はプライベートスペースで、もう一人の相手と一緒に作業、通話、ファイルの共有が行えます。

  • 会議室は常に 1:1 会議室のままです。
  • 会議室名は、会議室にいる他の人物の名前です。
  • 会議室アイコンには他の人のプロファイル画像が表示されます。

チーム会議室

2 人以上の他の人物がいる会議室はチーム会議室です。 チーム会議室には、必要なだけ何人でも追加できます。 大規模な組織の場合でも、問題ありません。 会社のドメインに属している人であれば、チーム会議室に参加できます。 そして、社外の人であっても、会議室に参加するよう招待できます。

チーム会議室のメンバーはメッセージを投稿し、他のユーザーを招待し、会議室の名前を変更できます。 ここは、自分とグループとがタスク、プロジェクト、毎日の作業、通話ファイル共有といった共同作業を行える共有スペースです。

  • 会議室にいる人物は、誰かが会議室をロックするまで、いつでも他の参加者を会議室に追加できます。 その場合、モデレータのみが参加者を追加できます。

  • 会議室を作成するとき、会議室名を割り当てます。

  • 会議室がロックされていない場合は、会議室名を誰でも変更できます。 会議室のタイトルを選択して、入力するだけです。 iPhone、Pad、および Android の場合、[会議室の詳細] で会議室名が変更されます。

  • 誰でも会議室を退席できます。

ですから会社全体に対するアナウンスにも、チーム会議室を是非使用してください。 会議室モデレータを割り当てれば、会議室をロックして参加者を制限することができます。 または、会議室をロックしないでおき、組織内外のピープルが参加できるようにすることもできます。 外部参加者のいる会議室には、はっきりわかるようにマークが付けられます。

ルームを作成する方法 詳細 を読む。




Attachments

    Outcomes