Cisco Spark for Mac - リリース ノート。

Document created by Cisco Localization Team on Apr 18, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Jul 3, 2017
Version 4Show Document
  • View in full screen mode

2017年6月28日

バージョン: 2.0.5820.0

2017年6月22日

バージョン: 2.0.5790.0

  • スペースから Cisco Spark ミーティングを開催するとき、ミーティング情報にビデオ アドレス(SIP URI)が含まれるようになり、人々は標準をベースにしたビデオシステムまたは会議室デバイスからミーティングにダイアルインすることができます。

  • Cisco Spark を開始した後で、VPN に接続する場合、電話の受発信ができるようになります。

  • 組織の管理者により設定されたストレージ構成のために、メッセージがスペースに短く表示されてから、消えるというバグを修正しました。

  • アプリがメッセージ サービスへの接続をテストする回数を制限しました。

  • ホワイトボードを共有するときに表示されるオランダ語の警告メッセージのスペルミスを修正しました。

2017 年 5 月 26 日

バージョン: 2.0.5630.0/ 2.0.5719.0

  • アプリでのフォントのカーニング問題を一部修正しました。

  • オランダ語の翻訳エラーを修正しました。

  • ユーザーがかなり長いメッセージを入力できるようになりました。

  • IPV6 ネットワークでファイルのダウンロードが開始されるまで時間がかかっていた問題を修正しました。

  • 一部の翻訳を更新しました。

  • 安定性を向上するために一部修正を加えました。

  • トラブルシューティングのために Mac クライアントからログを送信する機能を追加しました。

2017 年 4 月 28 日

バージョン: 2.0.5384.0

  • 全体的なパフォーマンスを向上するために、アプリがチーム情報を要求する頻度を変更しました。

2017 年 4 月 14 日

バージョン: 2.0.5175.0

  • プロファイル画像を見るだけでユーザーのステータスがわかるように、プロファイル画像にステータス情報のビジュアル表現を追加しました。

  • 最近のリストに、ユーザーのリストとスペースのリストが別々に表示されます。

  • スペースの作成手順と、他のユーザーとの連絡手順が、ユーザーにとってさらに使いやすいように改善されました。

  • 最新の MacBook Pro モデルに搭載されている Touch Bar へのサポートを追加しました:

    • スペースにいる場合、アクション アイコンが表示されます。

    • 通話中には、ミュート アイコンと通話終了アイコンが表示されます。

    • デバイスとペアリングされている場合、画面共有アイコンが表示されます。

  • ワイヤレス共有とペアリング通話を初めて利用する際に役立つチュートリアルとコーチ マークを追加しました。

  • 安定性を向上するために一部修正を加えました。

2017 年 4 月 4 日

バージョン: 2.0.5000.0 / 2.0.5029.0

  • ペアリング済みのユーザーは、音声ミュートと音量コントロールを手動で操作することができます。

  • 無料アカウントを利用している組織にも、Proximity および ワイヤレス共有が利用可能になりました。

  • 安定性を向上するために一部修正を加えました。

2017 年 3 月 21 日

バージョン: 2.0.4851

  • ユーザー名の代わりに会話のタイトルが表示されてしまう問題を修正しました。

  • PowerShell での構文ハイライト表示へのサポートを追加しました。

  • プロキシ検出を向上しました。

  • パフォーマンスを最適化するために、クライアントに統合 GPU を使用するようになりました。

2017 年 3 月 2 日

バージョン: 2.0.4592.0 / 2.0.4643.0

  • 不正確な社外ユーザー数が表示される問題を修正しました。

  • いくつかの UI を改善しました。

  • 一部の通話で、通話開始時に発生していた 30 秒間の音声遅延を解消しました。

  • 安定性を向上するために一部修正を加えました。

2017 年 2 月 10 日

バージョン: 2.0.4348 / 2.0.4424

メッセージの同期を改善するために内部更新を行いました。

2017 年 1 月 24 日

バージョン: 2.0.4286.0

  • Cisco Spark のスペル チェック設定が、Mac OS のデフォルト設定にリセットされてしまう問題を修正しました。

  • Cisco Spark アクティビティ UX のアップデート:
    • Cisco Spark の会議室を「スペース」に名称変更しました。

    • 新しいフィルターのデザインとナビゲーション メニューを採用。

    • アプリケーションのヘッダーに検索とユーザー ステータスを組み込んだ新しいデザインを採用。

    • スペースに新しいアクティビティ メニューを採用。

    • 新しいアイコンとカラーを採用。

  • これまで別のウィンドウを開いて行っていたデスクトップ共有を、Cisco Spark のメインのユーザー インターフェイス内に移動しました。

  • スペースを検索すると、検索結果にチームの名前が表示されるようになりました。

  • 一部のユーザーが誤って外部からの参加者としてマークされていた問題を修正しました

  • ページ サイズの大きいドキュメントがサムネイルとして表示されなくなります。

  • ミーティング通知と他のユーザーからの着信通知で音が鳴るようになりました。

  • 翻訳を一部更新しました。

  • 安定性を向上するために一部修正を加えました。

2016 年 12 月 15 日

バージョン: 2.0.3948.0 / 2.0.3970.0

  • メッセージのアラートに短めのカスタム サウンドを追加しました。

  • 会話を切り替えたり、ウィンドウを最小化すると、ミニ通話ウィンドウが自動的に現れるようになります。 ユーザーが Spark から他のアプリケーションに画面を切り替える場合には、ミニ通話ウィンドウは現れません。

  • ログイン権限のないユーザーがログインしようとする際にログイン画面に表示されるエラー メッセージを改善しました。

  • 翻訳をアップデートしました。

  • 安定性を改善しました。

  • アポストロフィーをメールで使用できるようになりました。

2016 年 12 月 1 日

バージョン: 2.0.3785.0

  • 正確な名前が会議室リストに表示されるように問題を修正しました。 これまで、<ラストネーム>, <ファーストネーム> の順で表示名を設定していたユーザーは、ラストネーム (姓) のみ表示されていました。

2016 年 11 月 17 日

バージョン: 2.0.3702

ユーザーが初めてログインする際に発生していたログイン エラーの問題を修正しました。

2016 年 11 月 14 日

バージョン: 2.0.3651

  • 最近の会議室が多い場合のパフォーマンスを向上しました。

  • アプリは Mac 上のスペルチェッカーの設定を使用します。

  • 翻訳をアップデートしました。

  • 会議室をチームに追加するための情報メッセージには現在会議室名が含まれます。

  • macOS Sierra で、コンテンツ プレビューとして表示されるサムネイルのスクロール バーを修正しました。

  • アプリを最小化して元に戻す際に、コンテンツ プレビューを閉じることができなくなる問題を修正しました。

  • 1 対 1 会話で表示されない最近の履歴を修正しました。

  • 通話を離れた後、カメラのライトが光ったままになっているという問題を修正しました。

  • 通話中に通話統計を示すためのショートカット Cmd+Shift+S を追加しました。

  • 着信通話通知を正しい位置に配置しました。

  • 通話のエラー メッセージを更新しました。

  • 安定性を改善しました。

2016 年 11 月 14 日

新機能の追加

アプリから簡単に通知を管理できるように、通知コントロールを追加しました。最初に会議室と会話のグローバル設定を行ってから、各会議室の通知設定を個別に調整することができます。 例えば、誰かがあなたに @メンションした際にのみ通知を送信するようにすべての会議室を設定します。 次に、重要な会議室ではすべてのメッセージを通知するように設定し、あまり重要でない会議室では一切通知されないように設定できます。

2016 年 11 月 11 日

バージョン: 2.0.3499

Cmd+C ショートカットを修正しました。 使用してコピーできます。

2016 年 11 月 1 日

新機能の追加

Cisco Spark Depot がついに登場しました! ビジネスの業績向上を支援する統合とボットを活用して、Spark エクスペリエンスをさらに強化しましょう。 セットアップはとても簡単です。数回クリックするだけで完了します。 https://depot.ciscospark.com にアクセスして、今すぐ試してください。

2016 年 10 月 31 日

新機能の追加

新しいプロジェクトに移行する際に、古い会議室も引き継ぎたいですか? 会議室の情報 "i" アイコンから、[最近] リストにある会議室をチームに移動したり、チーム内の会議室を [最近] リストに移動したり、会議室を自由に移動することができます。

2016 年 10 月 26 日

使用できる新機能

  • テキスト メッセージを目立たせましょう。 マークダウンを使って、テキストとコード ブロックをフォーマットできます。 メッセージ コンポーザー内の “M” アイコン をクリックすると、全オプションを見ることができます。 プレビューですので、フィードバックをお寄せください。

  • ヘルス チェッカーを使って Cisco Spark サービスへの接続をチェックして、問題がないか確認できます。 Windows – 歯車アイコンをクリックして、ヘルス チェッカーを選択します。

2016 年 10 月 25 日

バージョン: 2.0.3419

  • フルスクリーンビデオを使用している間はスクリーンセーバーを無効にしました。

  • 全メッセージを通知オプションを戻しました。 グループ会議室の情報 "i" アイコンの下に表示されます。

  • 安定性を改善しました。

2016 年 10 月 17 日

バージョン 2.0.3327

  • アニメーション GIF がサポートされ、会話エリアで再生できるようになります。

  • 検索結果を向上したので、より多くの合致が表示されます。

  • ボットの統合により、ボットを会議室とチームのモデレーターとして指定できます。

  • 会話エリアで共有された画像として表示されるサムネイルが反転しなくなりました。

  • ネットワークの状態が不安定になると、ビデオが自動的に無効になります。

  • 未読会議室が突然既読としてマークされてしまう問題を修正しました。

  • ユーザーのメール アドレスに「mailto:」が追加されてしまう問題を修正しました。

  • 安定性を改善しました。

2016 年 10 月 7 日

新機能の追加

会議室のビジュアルをカスタマイズしたり、[最近] リスト内で表示される会議室の画像を変更することができます。 JPEG および PNG 画像がサポートされています。 128 ピクセルの四角い画像が最適です。 画像は 1 MB 未満のものである必要があります。

2016 年 9 月 30 日

バージョン: 2.0.3165

  • テキスト メッセージ間のスペースを狭めました。

  • Cisco Spark 通話のビジー トーン (話中音) を変更しました。

  • アプリが突然終了してしまうことがある問題を修正しました。

  • カッコ内の文字も含めて、ユーザー名全体が表示されるようになりました。例えば: John Smith (Manager - IT)

  • メッセージを取得する際のパフォーマンスを向上しました。

  • 個々のメンションが削除されると、メンション リストからも削除されるようになりました。

2016 年 9 月 19 日

バージョン: 2.0.3040

  • ファイルは、個々で最大 2 GBまで転送できるようになりました。

  • macOS Sierra もサポートされるようになりました。

  • 通話を開始した際にビデオに表示される点滅を修正しました。

  • OS X 10.10 を搭載した Mac で、ビデオを全画面表示モードに切り替えるボタンを修正しました。

  • アプリからの通知は、ロックされているか、スリープモードの時はコンピュータに送信されなくなりました。

  • 安定性を改善しました。

2016 年 9 月 9 日

バージョン: 2.0.2992

  • Cisco Spark アプリに再接続している際のパフォーマンスを向上しました。

  • 一部のユーザーや会議室のインテグレーションが誤って外部参加者として認識されてしまう問題を修正しました。

  • 会議室で共有したファイルや画像のサムネイルが、適切に表示されるようになり、常に読み込み中として表示されなくなりました。

  • 着信通話の呼び出し音が止まらなかったり、終了した後も通話中のままになってしまう問題を修正しました。

  • 通話のエラー メッセージを更新し、さらに詳しい説明を加えました。

  • 相手のメール アドレスを使って 1 対 1 の会話を開始する場合でも、正常に機能するようになりました。

  • ポップアウト ビデオ ウィンドウにプレビュー コンテンツが表示される問題を修正しました。

  • アプリを使ってデスクフォン (卓上電話) を操作中に、DTMF 入力が利用できなくなる問題を修正しました。

2016 年 8 月 23 日

新機能の追加

重要なメッセージにフラグを付けて後で確認できるようになりました。

2016 年 8 月 22 日

バージョン: 2.0.2822

  • 一部のアイコンとカラーを一新しました。

  • 日本語およびポーランド語を中心に、翻訳を向上しました。

  • ネットワークを変更すると、アプリがコンピューターのプロキシに変更がないかチェックするようになりました。

  • さらに、問題をいくつか修正しました。

2016 年 7 月 25 日

バージョン: 2.0.2577.0

  • Spark 会議室でファイルのプレビューが可能になりました。

  • いくつかの不具合を修正しました。

2016 年 7 月 13 日

バージョン: 2.0.2466

  • 一部の言語で発生していた問題を修正しました。

  • いくつかの不具合を修正しました。

  • ボットのサポートを追加しました。

2016 年 7 月 12 日

新機能の追加

Cisco Spark アプリから Cisco デスクフォンを使用して、会議室と通話できるようになりました。 タイトル バーのメニューから電話を選択します。 利用可能なデバイスの一覧にお使いの電話がない場合には、この機能を使用する権限がありません。 サービス利用権限についての詳細は、管理者に確認してください。

2016 年 6 月 30 日

バージョン: 2.0.2351

一部のバグを修正しました。

2016 年 6 月 24 日

バージョン: 2.0.2311

  • 超巨大、多忙な会議室向けにアップデートを最適化しました。

  • 一部の言語で発生していた問題を修正しました。

  • 会議室で [チーム名] をクリックすると、そのチームに移動します。

  • 検索結果に表示される会議室には、あなたがまだチームで参加していない会議室も含まれます。

  • いくつかのバグを修正し、安定性を向上しました。

2016 年 6 月 22 日

バージョン: 2.0.2260

  • 1 対 1 会話から退出できるようになりました。 [情報] アイコンをクリックして [退出] を選択します。

  • メッセージ コンポーザーからスクリーン キャプチャを行う際に、アプリが最小化されます。

  • チーム内の会議室のアーカイブとアーカイブ解凍が可能になりました。

  • 会話や会議室で共有するファイルのファイル名で多言語文字をサポートするようになりました。

  • いくつかのバグを修正し、安定性を向上しました。

2016 年 6 月 9 日

新機能の追加

チームの登場です! Cisco Spark のチームは、プロジェクトに関連するすべての会議室、ファイル、メンバーを 1 か所にまとめて管理することができるすぐれものです。 チームに追加されるメンバーは、すべての会議室を見ることができ、チーム ホームから参加する会議室を選択できます。 必要に応じて、チーム メンバーはさらに多くの会議室を追加できます。

2016 年 6 月 7 日

バージョン: 2.0.2033

いくつかのマイナーな不具合を修正しました。

2016 年 5 月 31 日

バージョン: 2.0.2002

日本語版を修正しました。 正しい言語が表示されています。

2016 年 5 月 30 日

バージョン: 2.0.2001

  • Spark のユーザー エクスペリエンスをさらに向上するため、アプリのデザインをリフレッシュしました。 例えば、[会議室の詳細] のスライディング パネルを削除しました。 新しいデザインでは、会話エリアの上部にあるアイコンを使って [会議室の詳細] にアクセスできます。 ここで、ユーザー、共有コンテンツ、使用するその他のものが示されます。

  • 新しい会議室を開始するためのアイコンなど、一部の古くから親しまれているアイコンも変わりました。 大きなプラス記号を廃止し、このような新しいアイコンが採用されています。

  • アプリの動作と反応が速くなりました。

  • アプリにスクリーン キャプチャ機能が追加されました。 メッセージ コンポーザーの横にある [+] をクリックしてスクリーン キャプチャを選択するだけで、画面を取り込むことができます。

  • メッセージ コンポーザーで書いたメッセージを送信せずに会議室を退室すると、ドラフトが会議室フィルターの下に表示されます。 それをクリックすると、草案メッセージのリストが表示されます。 1つ選択すると、戻って、メッセージを書き終えることができます。

  • 通話とミーティングのビデオが、会話エリアに表示されます。 さらに、以下のフィルムストリップを追加したので、あなたとミーティングをする最大4人のユーザーのビデオを視聴できます。

  • Apple メニュー バーの [アプリ] メニューで、[Cisco Spark] > [環境設定] を選択して、アプリで使用する音声、ビデオ、着信時の呼び出し音の音源を設定することができます。

  • また、すべてのメッセージについて通知されるようにアプリを設定する場合にも、Apple メニュー バーの [アプリ] メニューで、[Cisco Spark] > [環境設定] を選択します。

  • これらの役立つコーチ マークは、機能を初めて使用するときに表示され、その後は表示されません。 今後、コーチ マークがその後も表示されるようにする予定です。

  • 現時点では、1 対 1 メッセージから退出できません。

  • 会話エリアで共有されているコンテンツをクリックすると、会話エリアでプレビューするために開くのではなく、Macで開きます。 現在、この機能を復活できるように取り組んでいます。

  • OSX10.10.5 を搭載している MacBook または 13 インチ MacBook Pro では、メッセージ エリアでテキストを選択する際にいくつかの問題が発生することがわかっています。 これを解決するため、トラックパッド環境設定の [ポイント&クリック] セクションで、[ルックアップとデータ収集] の選択を解除することを推奨します。

  • サポート対象は OS X 10.10 以降のみです。

2016 年 5 月 13 日

バージョン: 1.3883

いくつかのセキュリティと安定性の問題を解決しました。

2016 年 5 月 8 日

機能の廃止

会議室を整理しやすいようにデザインを一新し、重要フィルターを削除しました。 重要フィルターはお気に入り未読会議室に表示されなくなりました。 重要としてマークされていた会議室は、[すべてのメッセージを通知] としてマークされるようになり、引き続き通知が送信されます。 チーム会議室から通知を受けるためには、[会議室の詳細][すべてのメッセージを通知] が選択されていることを確認してください。 すべての 1 対 1 会議室は、デフォルトで通知が有効になっています。

2016 年 5 月 4 日

バージョン: 1.3878

  • 着信時の通知の表示を更新しました。
  • Mac 版アプリは 21 言語をサポートします。 サポート対象言語については、こちらをお読みください。
  • 新しい会議室を作成しているとき、選択候補リストでユーザーの名前が途切れるという問題を修正しました。
  • [会議室の詳細] での通知ラベルには、[重要としてマーク] ではなく、[すべてのメッセージを通知] が表示されるようになりました。

2016 年 4 月 8 日

バージョン: 1.3872

  • 有償版の顧客向け Cisco Spark アプリのサポート メニューに、ヘルプ テキストを追加しました。
  • 現在利用できる Cisco Spark サービスを確認するためのサービス ページを更新しました。 Mac からアクセス可能: https://my.ciscospark.com/#/
  • [通話] タブの問題を修正しました。 通話リストの正しいリストを表示するはずです。
  • ビデオ通話中にダイヤル パッドが消えてしまう問題を修正しました。



Attachments

    Outcomes