カレンダーサービスの要件

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

一般的なハイブリッドサービスの要件

管理者アクセス

       

Expressway を登録するとき、Cisco Cloud Collaboration Management にアクセスして Cisco Cloud Collaboration Services の組織権限を管理するとき、完全な組織管理権を持っている必要があります。

    

ユーザー

Directory ConnectorCisco Cloud Collaboration Management から使用して、Active Directory からユーザー属性をインポートします。

Directory Connector の使用法については、Cisco Directory Connector Administration Guide を参照してください。

Expressway

  •       

    Expressway ソフトウェアバージョン X8.7.1 以降が必要です。      

          
  •       

    仮想 VCS .ova ファイルを Cisco VCS Virtual Machine Installation Guide (X8.7) に従ってインストールし、その後、IP アドレスを参照することでユーザーインターフェースにアクセスできます。 cisco.com の Cisco VCS Install and Upgrade Guides でドキュメントを検索できます。      

           

    メモ:


    ハイブリッドサービス の仮想 Expressway-C を使用するために、リリースキー、または、Expressway シリーズキーは必要ありません。 リリースキーに関するアラームが表示される場合があります。承認するとインターフェースから削除されますが、何もしなくても問題ありません。


          
  •           

Expressway ブラウザへの対応

Expressway ウェブインターフェースは Internet Explorer 8 もしくは 9 (互換モードでない)、Firefox 3 以降、または Chrome で使用するために設計されています。 このインターフェースは別のブラウザで使用できますが、公式にはサポートされていません。 Expressway ウェブインターフェースを使用するには JavaScript と cookie を有効化する必要があります。

Expressway-C 構成

以下の基本構成が Expressway-C で必須です。 詳細については、cisco.com の Cisco VCS Install and Upgrade GuidesCisco VCS Basic Configuration (Single VCS Control) Deployment Guide を参照してください。

  •        

    基本 IP 構成 (システム > ネットワークインターフェース > IP)

            
  •        

    システム名 (システム > 管理者)       

            
  •        

    DNS 設定 (システム > DNS)

            
  •        

    NTP 設定 (システム > 時間)

            
  •        

    管理者アカウント (ユーザー > 管理者アカウント を選択し、管理者 ユーザー、パスワード変更 リンクをクリック)

            
  •        

    ルート アカウントの新規パスワード (CLI に ルート としてログオンし、passwd コマンドを実行)       

            

Management、Calendar、Call Connectors の場合、Expressway-C のみが必要です。

マスターピア構成

現在追加ピアをインストールするつもりが無くても、登録する前にクラスタマスターピアとして Expressway を構成する必要があります。

       

Expressway-C クラスタマスターピア上で ハイブリッドサービス を登録、構成するだけで済みます。 ただし、クラスタの各ピアはコネクタをダウンロードおよびインストールし、クラスタの共有構成を使用して Cisco Cloud Collaboration Services に個別に接続します。

以下は Cisco Cloud Collaboration Services をマスターピアとして構成するために必要な最低限の設定ですが、詳細は Cisco Expressway Cluster Creation and Maintenance Deployment Guide (X8.7) (http://www.cisco.com/c/en/us/support/unified-communications/expressway-series/products-installation-and-configuration-guides-list.html) でご確認ください。

       
  •        

    システム > クラスタリング > クラスタ名 の順に選択し、DNS でピアの FQDN を解決する FQDN を入力します。       

            
  •        

    システム > クラスタリング > ピア 1 IP アドレス はこの Expressway の IP である必要がります。              

            
  •        

    システム > クラスタリング > 構成マスター は 1 である必要があります。

            
  •        

    システム > クラスタリング > クラスタ事前共有キー は記憶しやすいものにしてください (将来のピアで入力する必要があります)

            

ファイアウォール :

Expressway-CCisco Collaboration Cloud の間のトラフィックはすべて、HTTPS またはセキュアなウェブである必要があり、TCP ポート 443 から送信されます。 場合によってはファイアウォールを開く必要があります。

プロキシ

組織がインターネットにアクセスするために使用する必要がある場合、HTTP プロキシの詳細が必要です。 プロキシは認証をサポートしないか、基本認証をサポートします。これらは Expressway のみにサポートされます。

証明書

  • ハイブリッドサービスExpressway-CCisco Cloud Collaboration Services との間のセキュアな接続を必要とします。

    Cisco Collaboration Cloud がルート CA 証明書を管理することを許可できます。 ただし、それを選択する場合、認証局と信頼チェーンを知り、Expressway-C トラストリストに変更を加える許可を得る必要があります。

  • Calendar Connector を構成する際、Expressway-C と Microsoft Exchange、または、Expressway-C と Microsoft® Active Directory® との間でセキュアな接続を確立したい場合、Expressway CA トラストリストも必要となる場合があります。

Calendar Connector の要件

   
   
  •      

    Microsoft Exchange のサポート対象のバージョンがオンプレミスで以下にインストールされている。

          
    •       

      Exchange Server 2013 with Service Pack 1

            
    •       

      Exchange Server 2010 with Service Pack 3

            

    Office 365 は現在サポートされていません。

              
  •      

    ユーザーが Active Directory にリストされていて、組織のオンプレミスの Exchange サーバーに検出可能な受信箱を持っている。

         
  •      

    Expressway から Exchange への EWS 送信のポートアクセス: TCP ポート 443 (セキュア) または TCP ポート 80 (非セキュア)     

         
  •      

    Expressway から Active Directory への LDAP 送信のポートアクセス: TCP ポート 636 (セキュア) または TCP ポート 389 (非セキュア)     

         
  •      

    Microsoft Global Catalog 検索のポートアクセス: TCP ポート 3269 (SSL で保護された Global Catalog 検索) または TCP ポート 3268 (保護されていない Global Catalog 検索)。

         
  •      

    @WebEx 機能には Cisco WebEx Meeting Center site with CMR Cloud が必要です。

         
    
    
 

Attachments

    Outcomes