ハイブリッド通話サービス認識をセットアップする

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

Hybrid Call Service Aware  概要

 

Hybrid Call Service Awareではあなたやユーザーに次の利点を提供します:

  
  • 既存のUnified Communications サービスで、Cisco Sparkを全通話に対し "aware" な状態にします。

     

  •  

    通話中にCisco Spark アプリ でデスクトップを共有します—正式なミーティングをセットアップする必要は有りません。

      

    • 通話が接続されたら、1:1のCisco Sparkメッセージ会議室はアプリケーション内でユーザーの会議室一覧のトップに移動します。 1:1会議室を有していない場合、Cisco Sparkがすぐに作成します。

       

    • 両方のユーザーはシンプルにボタンを一つ押せば、通話が接続している際にデスクトップを共有できます。

       

  •  

    オンプレミスおよびCisco Spark 通話ステータスおよび継続時間を確認しましょう。

      

  • オンプレミス通話履歴のロック解除—既存のデバイスからだけでなく、いかなるデバイスでもCisco Spark アプリで表示可能です。

     

Hybrid Call Service Aware を設定し、Cisco Sparkをオンプレミス呼び出しルーティングと統合しましょう。 そうするには、これらのタスクに従い
  •  

    オンプレミス通話環境をCisco Collaboration Cloudに登録しましょう。

      

  • Hybrid Call Service Awareのためにオンプレミスユーザーアカウント設定を準備する

     

  •  

    Cisco Spark usersのHybrid Call Service Awareを有効にする

      

  
      
はじめる前に 

建築およびデザイン情報を含む、Cisco Spark ハイブリッド サービスの詳細な概要を参照するには、Cisco Spark ハイブリッド サービスの展開を読まれることをお薦めします。

  

Hybrid Call Service Aware アーキテクチャのコンポーネントおよびコネクターがオンプレミスコンポーネントをクラウドと統合する場所を示す、このダイアグラムを参照してください。

  
 
表 1. コネクター、オンプレミス、Hybrid Call Service AwareのCloud コンポーネント

  
次にやること

 

Cisco Spark ハイブリッド サービスの 前提条件を完了します

  

Cisco Spark ハイブリッド サービスの 前提条件を完了します

 

このチェックリストを使用し、いかなるサービスを実行するために使用する前にCisco Spark ハイブリッド サービス用のExpressway-C connector ホストを設定したことを確認してください。

  
はじめる前に 

Expressway-C は Cisco Spark ハイブリッド サービスのホストコネクター専用である必要があります。 その他の目的のためにExpressway-C connector ホストを使用できません。

  
            
1    Expresswayを登録する前に、 Cisco Cloud Collaboration Management にアクセスして Cisco Collaboration Cloudの組織権限を管理するとき、完全な組織管理権を取得し魔性。
2    (オプション)Directory Connector Cisco Cloud Collaboration Management から使用して、Active Directory からユーザー属性をインポートします。   

Directory Connector の使用法については、このガイド を参照してください。

  
3    コネクターのキャパシティのプランを立てます:
  • ハイブリッド通話サービス向けに:
    •  

      Call Connectorは特に特定の上限も設定されず、複数のExpresswayクラスターをサポートしています。

        

    •  

      各クラスターは、アクティブ/アクティブ冗長性で最大二つまでExpressway-Cノードをサポートしています。

        

    •  

      各ノードは最大5000ユーザーサポートしています。

        

    •  

      高く固定したビジーアワーコールの試行速度を使用して、Call Connector の容量を確認しました。

        

      •  

        小/中規模 OVA—5000 ユーザー

          

        
  • 共材として、各サービスに5000人のユーザーを有するCalendar and Call Connectorの共材性サポートを有効化しますした。
4    Expressway-C コネクターホストのこれらの必要条件に従います。
  • Expressway ソフトウェアバージョン X8.7.1 かそれ以上を最低でもインストールします。 Cisco Spark ハイブリッドサービス はExpresswayの最新にバージョンのみをサポートしています。

    始めてExpressway とバージョンX8.8を使うのであれば、 Cisco Spark ハイブリッドサービスの設定をサポートするウィザードが表示されます。

  • 仮想 Expressway OVA ファイルをCisco Expressway Virtual Machine Installation Guide (X8.7)に従ってインストールし、その後、IP アドレスを参照することでユーザーインターフェースにアクセスできます。 cisco.com の Cisco Expressway Install and Upgrade Guides でドキュメントを検索できます。
  • Cisco Spark ハイブリッドサービスの仮想 Expressway-C を使用するために、リリースキー、または、Expressway シリーズキーは必要ありません。 リリースキーに関するアラームが表示されます。 インターフェースからそれを削除するように情報が伝達されます。
  • Expressway ウェブインターフェースを次のサポートされたブラウザーで使用します: Internet Explorer 8 もしくは 9 (互換モードではない)、Firefox 3かそれ以上、もしくは Chrome。

    このインターフェースは別のブラウザで使用できますが、公式にはサポートされていません。 JavaScriptとクッキーを有効化してExpressway ウェブインターフェースを使用します。

5    Expressway-C コネクターホストのこれらの設定必要条件に従います。 詳細は、cisco.comにあるCisco Expressway設定ガイドのリストで、 Cisco Expressway 基本設定展開ガイドをご参照ください。
  • 基本 IP 構成 (システム > ネットワークインターフェース > IP)
  • システム名 (システム > 管理者)
  • DNS 設定 (システム > DNS)
  • NTP 設定 (システム > 時間)
  • 管理者アカウント (ユーザー > 管理者アカウント を選択し、管理者 ユーザー、パスワード変更 リンクをクリック)
  • ルート アカウントの新規パスワード (CLI に ルート としてログオンし、passwd コマンドを実行)
6    これらマスターピア設定ステップに従います:
  • 現在追加ピアをインストールするつもりが無くても、登録する前にクラスタマスターピアとして Expressway を構成する必要があります。
  • Expressway-CクラスターのマスターピアにあるCisco Spark ハイブリッド サービス へ登録し、設定します。 ただし、クラスタの各ピアはコネクタをダウンロードおよびインストールし、クラスタの共有構成を使用して Cisco Cloud Collaboration Servicesに個別に接続します。
  • 以下は マスターピアを構成するために必要な最低限の設定ですが、詳細は Cisco Expressway Cluster Creation and Maintenance Deployment Guide (X8.7) (http://www.cisco.com/c/en/us/support/unified-communications/expressway-series/products-installation-and-configuration-guides-list.html) でご確認ください。
    •  

      システム > クラスタリング > クラスタ名 の順に選択し、DNS でピアの FQDN を解決する FQDN を入力します。

        

    •  

      システム > クラスタリング > ピア 1 IP アドレス はこの Expressway の IP である必要がります。

        

    •  

      システム > クラスタリング > 構成マスター は 1 である必要があります。

        

    •  

      システム > クラスタリング > クラスタ事前共有キー は記憶しやすいものにしてください (将来のピアで入力する必要があります)

        

7    ファイアウォールにある必要とされるポートを開きます。 Expressway-CCisco Collaboration Cloudの間のトラフィックはすべて、HTTPS またはセキュアなウェブである必要があり、TCP ポート 443 から送信されます。
8    組織がインターネットにアクセスするために使用する必要がある場合、HTTP プロキシの詳細情報を得ます。 プロキシは認証をサポートしないか、基本認証をサポートします。これらは Expressway のみにサポートされます。
  • Ubuntu 12.04.5でSquid 3.1.19 をテストし有効化しました。
  • 管理ベースのプロキシはテストしていません。
9    認証の信用性に関するこれらポイントをレビューします。 メインセットアップステップを始める際にセキュリティ接続のタイプを選択できます。  
 
  •  

    Cisco Spark ハイブリッドサービス Expressway-CCisco Collaboration Cloud との間のセキュアな接続を必要とします。

      

    Cisco Collaboration Cloud がルート CA 証明書を管理することを許可できます。 ただし、それを選択する場合、認証局と信頼チェーンを知り、Expressway-C トラストリストに変更を加える許可を得る必要があります。

      

  
  
次にやること

   

Hybrid Call Service Awareの前提条件を満たします

  

Hybrid Call Service Awareの前提条件を満たします

 

Hybrid Call Service Awareを設定する前に、チェックリストを使って、発信コントロール環境を既にCisco Collaboration Cloudに統合しているかを確認するためのこのチェックリストを使ってください。

  
        
1    Cisco Unified Communications Manager、 Release 10.5(2)もしくはそれ以上をインストールします。
2    展開によって以下のうちのいずれかを設定します:
3    Cisco Unified Communications Manager クラスタ間の SIP トランクの場合、発呼側および接続側情報形式 (デバイス >トランク) を 接続側にのみURIおよびDNを配信 に設定する必要があります。
4    クラスタ内の少なくとも 1 ノード (ブートストラップサーバー、クラスターのパブリッシャーまたはサブスクライバーノード) で、いずれかのサービスを有効化する必要があります。
  • AXL ウェブサービス
  • CTIManager サービス
   

AXL Web Service と CTIManager Service をクラスタ中の最低 2 ノードで有効化することを推奨します。

  
5    Cisco CallManager Serviceability はクラスタ中の少なくとも 1 ノードで有効化されたことを確認します。 このサービスはデフォルトで有効になっており、AXL Web Service と CTIManager Service が有効であるノードを検出するために使用されます。
次にやること

 

ドメインを確認

  

ドメインを確認

ドメインの確認は組織のセキュリティと統合性にとって不可欠です。 確認することであなたが特定のドメインを所有していることを証明します。また確認は ハイブリッド通話サービス認識およびハイブリッド通話サービスコネクトといったサービスのために必要です。

会社が複数のドメインを所有している場合は、1 度に 1 つのドメインを追加してください。 例えば、ユーザーが sales.example.com と support.example.com にいる場合、両方のドメインを追加する必要があります。

所属する組織がメールアドレスを強制する場合、可能性のあるユーザーのロックアウトについての警告を提示されます。 あなたは、強制的に特定の注文のドメインを確認および削除して管理者がロックアウトされることを防ぐ必要があります。 ドメインを追加する際、例えば、管理者ドメインをまず追加してから他のすべてのドメインを追加する必要があります。

追加するすべてのドメインには弊社が提示した確認トークンが 1 つ必要です。 すべてのトークンは、お使いの DNS サーバー上の TXT レコードフィールド への入力が完了している必要があります。 お使いの DNS サーバーに確認トークンを追加した後、検証をトリガーできるようになります。

はじめる前に 
  •  

    すべてのドメインを検証する必要があります。 検証可能なドメインを所有している必要があります。

      

  •  

    DNS TXT レコードに確認トークンの投入は、以下のDNS ホスト要件に依存します。

      

  •  

    すべてのドメインについて、設定ページ上で各手順を繰り返す必要があります。

      

  • Hybrid Call Service Aware および Hybrid Call Service Connectのために有しているドメインを確認する必要があります—例えば、オンプレミスメールアドレスおよびディレクトリURIに含まれるドメインです。

     

          
1    顧客管理ポータルサイトから設定を選択します。
2    ドメイン下で、ドメインを追加するを選択します。
3    ドメイン名を入力して追加を選択します。
4    楕円形を選択します。
5    確認トークンの取得を選択します。
6    確認トークンをそれぞれのドメインの DNS TXT レコードに 1 ラインづつ追加します。
注意      

次のステップに進む前に、それぞれの確認トークンの追加が完了していることを確認します。 確認トークンがお使いの DNS サーバーに追加される前に確認を選択し、以下を遅延します。

  
  •  

    ドメインを検証する

      

  •  

    確認トークンを読み込むオポチュニティ

      

7    各ドメインの隣にある確認を選択します。  

確認トークンが見つかって一致した場合、ドメインステータスは確認済に変わります。

  

確認が失敗した場合、DNS キャッシュを待ち、お使いの DNS サーバー内の TXT レコードの Time To Live (TTL) を見ます。 TTL は、多くの時間や日数の間エラーをキャッシュ化させるために設定できます。 確認トークンの追加を再度試みてください。しかし、 TTL の失効時のみに確認が行われることを念頭に置いてください。

  
次にやること

 

設定タブを選択して、各ドメインのステータスを確認します。 ステータスは保留中、確認済み、またはクレーム済みとして表示されます。

  
  •  

    確認済みステータスとは、他の組織がこのドメインのユーザーを持つことができるという意味です。

      

  •  

    クレーム済みステータスとは、1 つの組織がこのドメインのユーザーを 1 人だけ持つことができるという意味です。

      

    

注意


現在、ドメインをクレームできません。


確認トークンのガイドライン

 

追加した各ドメインについて、あなたはDNS TXT レコードに入力する必要のある確認トークンを受け取ります。 DNS TXT レコードに確認トークンの入力は、以下のDNS ホスト要件に依存します。
  • DNS ホストのなかには、TXT レコードを 1 つのみしか許可しないものがあります。 複数の確認トークンがある場合は、同じ TXT レコードにそれぞれのトークンを追加してください。 各トークンは、別々のラインに入力することを推奨します。

     

  • DNS ホストのなかには、TXT レコードを 2 つ以上許可するものがあります。 複数の確認トークンがある場合は、各トークンをそれぞれの TXT レコードに 1 ラインづつ入力することを推奨します。

     

 

確認トークンを DNS TXT レコードに追加する際、以下のプレフィックスと共にトークンを入力することを推奨します。 cisco-ci-domain-verification=<token>。 この独自の標識は将来の検索機能を支援し、DNS TXT レコードに表示される他の情報から Cisco 確認トークンを区別します。

Expressway-C  コネクターホストをCloudに登録

   

Cisco Spark ハイブリッド サービスはソフトウェアコネクターを使い、安全にCisco Spark サービスを組織の環境に接続しています。

    

コネクターソフトウェアはオンプレミス Expressway-C (コネクターホスト)で、Cisco Collaboration Cloudにホストを登録した後に展開されます。

   
はじめる前に       

ドメインを確認

    
  •      

    その他のブラウザーのタブで開かれている、既存の Expressway-C 接続をサインアウトします。

         

  •      

    クラスタを登録する場合、マスターピアを登録します。 マスターが登録された際に自動的に登録されるため、その他のピアは登録する必要は有りません。 マスターとしてノードでセットアップを開始する場合、次の追加事項はシステムの再起動が必要になります。

         

  •      

    オンプレミス環境が送信トラフィックをプロキシする場合、アプリケーション > ハイブリッドサービス > コネクタプロキシ でプロキシサーバーの詳細を入力し、この手順を完了させます。 登録を完成させるにはこれに従う必要があります。

                

    コールコネクターにプロキシ情報を入力する場合、コールコネクターは自動的に設定を検出します。

         

  •      

    Cisco Collaboration Cloud は Expressway Web インターフェースからの登録の試行を拒否します。 Cisco Cloud Collaboration Managementを通じてExpresswayを登録する必要があります。

         

  •      

    登録プロセスがタイムアウトした場合、または他の理由 (例:認証エラーを変更する必要がある、または、プロキシの詳細を入力する必要がある) で失敗した場合、Cisco Cloud Collaboration Managementで登録を再起動できます。

         

            
1    Cisco Cloud Collaboration Managementから、サービス タブを選択します。
2    追加したいハイブリッドサービスのカードで セットアップを設定します。
3    新規リソースを追加 を選択し、Expressway-Cの登録を開始します。
4    Expressway展開プロントにおいて、以下のステップのいずれかを行います:
  • Expressway-C IP アドレスまたは FQDN を入力してCisco Collaboration Cloud  が  Expressway-Cのレコードを作成できるようにします。
  • 以前登録したExpressway-Cを選択します。 ハイブリッドサービスを一つ以上実行するのに使用できます。
5    リンクをクリックしてExpressway-Cを開き、サインインしてConnector Management ウィンドウをロードします。             

始めてExpressway とバージョンX8.8を使うのであれば、 Cisco Spark ハイブリッドサービスの設定をサポートするウィザードが表示されます。

     
6    Expressway-C 信頼リストのアップデートをする希望の方法を決定します:          

最初のページのチェックボックスは、必要な CA 証明書を Expressway-C トラストリストに手動で添付するかどうか、Cisco Collaboration Cloud がこれらの証明書を追加することを許可するかどうか決定します。    

      

以下のいずれかの手順を選択してください:

     
  • Cisco Collaboration Cloud が必要な CA 証明書を Expressway-C トラストリストに追加することを希望する場合、ボックスにチェックを入れます。
    登録するとき、Cisco Collaboration Cloud 証明書に署名した当局のルート証明書は Expressway-C に自動でインストールされます。 つまり、Expressway-C は証明書を自動的に信頼し、セキュアな接続を自動的にセットアップできます。
    注意             

    変更したい場合、Connector Management ウィンドウを使用して、Cisco Collaboration Cloud CA ルート証明書を削除し、ルート証明書を手動でインストールします。      

          
         
          
  • Expressway-C トラストリストを手動で更新したい場合、ボックスのチェックを外します。 手順は Expressway-C オンラインヘルプを参照してください。     
    注意      

    登録する際に、信頼リストが現在 CA 認証を有していない場合、認証信頼エラーが発生します。 Cisco Spark ハイブリッドサービス に登録するためにオンプレミス装置によって信頼される必要がある認証局を確認します。          

          
7    登録を選択します。
8    Cisco Cloud Collaboration Managementにリダイレクトされたのち、オンスクリーンテキストを読み、Cisco Collaboration Cloudが正しいExpressway-Cを特定していることを確認します。
9    情報を確認した後、許可をクリックして、Expressway-CCisco Sparkハイブリッドサービス に登録します。      
  •        

    Expressway-C  の登録が成功すると、Expressway-CCisco Sparkハイブリッドサービス ウィンドウはコネクタのダウンロードとインストールを示します。 新しいバージョンが入手可能になると、Management Connector は自動的にアップグレードし、Expressway-C コネクタホストに選択した他のコネクタをインストールします。

           

  •        

    各コネクタは新しいインターフェースのウィンドウをインストールします。 これらを使ってコネクターを設定および有効化できます。 Expressway-Cコネクターホストの アプリケーション > ハイブリッド サービス メニューでこれらにアクセスできます。

           

 

トラブルシューティングのヒント

登録が失敗し、オンプレミス環境が送信トラフィックをプロキシする場合、本手順の「開始する前に」セクションを参照してください。
次にやること

       

On-Premises Microsoft Exchange用に偽装許可アカウントをセットアップ

        

Hybrid Call Service Aware のためにCisco Unified Communications Manager ユーザーを準備する

   

Cisco Spark ハイブリッドサービス に登録するためにオンプレミス装置によって信頼される必要がある認証局

 

       

この表は、Cisco Spark ハイブリッドサービス を使用するときにオンプレミス装置が信頼する必要がある認証局を列挙しています。

    

Cisco Collaboration Cloud 必要な証明書を管理することを選択した場合、CA 証明書をExpressway-C トラストリストに添付する必要ありません。

    

注意


    

Cisco Collaboration Cloud ホスト証明書に署名するために使用された発行者は今後変更される場合があり、下の表は不正確である可能性があります。 CA 証明書を手動で管理している場合、下に列挙されているホストに対し現在有効な署名済み証明書を署名した認証局の CA 証明書を添付する (および期限切れ/取り消された CA 証明書を削除する) 必要があります。

    
    
 
                     
      

この CA が署名したクラウドホスト

      
      

発行 CA            

      
      

以下によって信頼される必要がある

      
      

目的

      

CDN

      
       O=Baltimore、OU=CyberTrust、CN=Baltimore CyberTrust Root            

        Expressway-C            

      
      

Expressway が信頼できるホストからコネクタをダウンロードできるようにする      

      
      

Common Identity (CI) サービス

      
O=VeriSign, Inc., OU=Class 3 Public Primary Certification Authority            

Directory Connector をホストするWindows Server 2003 または Windows Server 2008

       

Expressway-C            

      
      

Active Directory のユーザーをCisco Collaboration Cloudと同期し、Cisco Sparkハイブリッドサービス ユーザーを認証する

      
      

Cisco Spark      

      
O=The Go Daddy Group, Inc., OU=Go Daddy Class 2 Certification Authority            

Expressway-C            

      
      

      

      

Hybrid Call Service Aware のためにCisco Unified Communications Managerユーザーを準備する

次の手順に従って、Hybrid Call Service Awareの構成をしたいユーザーの設定を確認してください。 Cisco Unified Communications Manager内の各ユーザーのために自身のオンプレミスユーザーアカウント並びに関連CT有効化デバイスを準備する必要があります。 そのためにHybrid Call Service Awareを有効化する前に、この設定が必要です。

はじめる前に
  •  

    Expressway-C コネクターホストをCloudに登録

      

  • 現在、ハイブリッド 通話サービスのセットアップを行う際、エクステンション モビリティのみを持ち、関連付けられたデバイスがないユーザーをアクティベートすることはできません。 デバイスに関連付けされており、エクステンション モビリティのプロファイルをもつユーザーにおいて、
    • ハイブリッド 通話サービス認識およびHybrid Call Service Connect が有効になります。

       

    • Hybrid Call Service Connect が機能します。

       

    • ハイブリッド 通話サービス認識は、エクステンション モビリティのデバイスを含む通話に対し、画面共有のセッションを作成しません。

       

  • ユーザーはCisco Spark アプリ をインストールし、サインして、通話中にデスクトップ共有を使えるようにしましょう—スクリーン共有の閲覧ではWindows、MacおよびWebがデスクトップでサポートされ、AndroidおよびiOSがモバイルでサポートされています。

      

            
1    Cisco Unified CM Administration から、ユーザー管理 > エンドユーザーの順に選択します。
2    検索条件を指定し、検索をクリックし、構成したいユーザーアカウントを開きます。
3    メール ID にユーザーの電子メールアドレスが含まれていることを確認します。
4    ユーザーが組織と同じドメインを含む、有効なディレクトリURIを有することを確認しましょう。
5    ユーザーが Hybrid Call Service Awareに使用する卓上電話を決定し、エントリを 制御するデバイス  

Call Connector は制御リストに移動させる電話も監視します。

  
6    プライマリ内線をユーザーのディレクトリ番号に設定します。
7    ユーザデバイス割り当て をクリックし、チェックマークが付いたデバイスアイコンをクリックします。
8    ユーザーに関連付けられているデバイスの場合、CTIからのデバイスの制御を許可 チェックボックスをチェックします。
9    変更内容を保存します。
次にやること

 

Call Connector のアカウントを構成する

  

Call Connector のアカウントを構成する

必要な AXL と CTI のアクセス許可を持つ管理者アカウントを構成します。 Call Connector はこのアカウントを使用して、Cisco Unified Communications Manager と通信し、ユーザーの電話を監視し、ユーザーを確認します。

       
1    Cisco Unified CM Administration から、ユーザー管理 > アプリケーションユーザーの順に選択します。
2    以下のいずれかの作業を行ってください:
  • 検索を選択し、リストから、Call ConnectorCisco Unified Communications Manager と通信するために使用する管理者アカウントを選択します。
  • 新規追加を選択します。
3    次のロールのアカウントを構成します。
  • Standard AXL API Access
  • Standard CTI Allow Control of all Devices
  • Standard CTI Allow Control of Phones supporting Connected Xfer and conf
  • Standard CTI Enabled
  • Standard CTI Allow Control of Phones supporting Rollover Mode
4    保存 を選択します。
次にやること

 

Call Connector を開始する

  

Call Connector を開始する

Cisco Sparkハイブリッドサービス についてExpressway-Cを登録する前に、Call Connectorを手動で有効にします。

       
1    Cisco Expressway Base から、アプリケーション > ハイブリッドサービス > コネクタ管理の順に選択します。
2    Call Connector を選択します。
3    アクティブドロップダウンメニューから 有効化 を選択します。
4    保存をクリックすると、Call Connector が起動し、Connector Management ウィンドウのステータスが 実行中 に変化します。
次にやること

 

Cisco Unified Communications Manager を Cisco Collaboration Cloud に接続する

  

Cisco Unified Communications ManagerCisco Collaboration Cloud に接続する

   

Hybrid Call Service Awareをサポートするには、単一ノードにサーバー情報を入力することで、Call ConnectorCisco Unified Communications Manager環境にリンクする必要があります。 この手順では、Cisco Unified Communications ManagerCisco Collaboration Cloud の間でブローカーとして機能するコネクタによって、この 2 つをつなぎます。 このリンクが確立され、Call Connector が開始するまで、試験は失敗します。

 
はじめる前に   

Call Connector を開始する

    

次に関して注意してください:

    
  •      

    通話環境における各クラスターに、単一Cisco Unified Communications Managerノードのコールコネクターでサーバー情報のみ入力する必要があります。 ノードはプライマリである必要は有りませんが、AXL Web Service およびCisco CallManager Serviceabilityのために有効化しているものを入力するようにしてください。

         

  •      

    コールコネクターはクラスターとクラウドの間の弾力性のある接続を保持します。 コネクターはクラスター内のすべてのサーバノードに意識を持つため、Expressway-C 接続ホストに一つのみ追加する必要があります。 特定のノードがクラスター内でダウンした場合、コネクターはそのほかのサーバーに移動します。

         

         
1    Expressway-C から、アプリケーション > ハイブリッドサービス > 通話サービス > Unified CM Serversの順に選択します。
2    [新規] を選択します。
3    Cisco AXL Web Service と Cisco CallManager Serviceability が有効になっている単一 Cisco Unified Communications Managerノードのホスト名または IP アドレスを入力します。
4    Call Connector に構成した Call Connector アカウントの証明書を入力し、Cisco Unified Communications Manager に接続します。    

クラスター当たりノードを一つ入力します。 コネクターは自動でクラスター環境内のそのほかのノードを探し、CTI およびAXLリクエストにサービスを提供することができるものを識別します。

5    証明書を確認をクリックして、接続と提供された証明書の認証をテストします。
6    接続テスト完了後、追加をクリックしてCall Connector設定をExpressway-Cに保存します。
次にやること

   

ハイブリッド通話サービスについてユーザー構成を確認する

   

ハイブリッド通話サービスについてユーザー構成を確認する

ユーザーのバリデーションチェックによって、Cisco Unified Communications Manager のユーザーが ハイブリッド通話サービス認識ハイブリッド通話サービスコネクト について適切に構成されているかどうか確認できます。 この試験は電子メール、ディレクトリ URI、CTI リモートデバイス設定など、構成の全要件を確認します。 構成またはトラブルシューティングをサポートするため、CSV ファイルとしてユーザーエラーまたは警告を保存します。

  

Cisco Cloud Collaboration Management で Hybrid Call Services についてユーザーをアクティブ化する前にこの試験を実施することを推奨します。

      
1    Expressway-C コネクタホストから、アプリケーション > ハイブリッドサービス > 通話サービス > Unified CM Servers の順に選択し、確認したい登録済み Cisco Unified Communications Manager を選択します。
2    以下のいずれかの手順を行ってください:
  • 特定のユーザーアカウントの構成を確認したい場合、ユーザーリストの CSV ファイルをアップロードしてから、実行 (特定のユーザーリスト) をクリックします。
  • 実行 (全ユーザー) をクリックして、Cisco Unified Communications Manager に登録された全ユーザーアカウントの構成を確認します。
  構成エラーまたは警告を含むユーザーアカウントが記載されたレポートが表示されます。
3    情報を CSV ファイルとして保存し、Cisco Unified Communications Manager でユーザーとシステム設定を変更するためのチェックリストとして使用します。

Call Connector のステータスを確認する

ユーザーに Hybrid Call Service Aware の権限を付与する前に、Call Connectorが適切にインストールされていることを確認してください。

     
1    Expressway-Cから、アプリケーション > ハイブリッドサービス > 通話サービス > Call Connector ステータスの順に選択します。
2    ステータス 列のアイテムを確認します。
次にやること

 

以下のいずれかの作業を行ってください:

     

ユーザーのHybrid Call Service Awareを有効にする

この手順で個々のCisco Spark ユーザーをHybrid Call Service Awareで有効化します。

  
Cisco Spark ユーザーのためのサービスを有効化するそのほかの方法に関してはこれらの記事を参照してください:
はじめる前に    
      
1    Cisco Cloud Collaboration Management から、ユーザーを選択します。
2    リストから特定のユーザーを選択するか、検索を使用してリストを絞り込みます。 列をクリックしてユーザーの概要を開きます。
3    Call Serviceを選択し、 Call Service Aware を切り替え、変更を保存します。   

サービスを有効化した後、Cisco Spark ユーザーステータスはアクティベーション保留中から有効化に変更されます。 この変更の時間の長さは、サービスに向け有効化したユーザー数によって変わります。

  
オンプレミスユーザーをDirectory Connectorを使用して同期する場合、ユーザーの概要の通話サービスページから以下の情報も表示できます:
  •  

    ディレクトリ URI (Awareの下)

      

  
次にやること

 

Cisco Sparkアプリデスクトップ共有および統合型通話履歴をテストします

  

Cisco Sparkアプリデスクトップ共有および統合型通話履歴をテストします

Hybrid Call Service Aware アクティベーションを確認するため、ユーザーとのテストコールのウォークスルーを実施し、適切な動作を確認します。

iOS または Android 用の Cisco Spark アプリを使用する場合、他の発信者が開始した画面共有のみが表示されます。 新しいものを開始することはできません。

はじめる前に 
  •  

    ユーザーのHybrid通話サービス認識を有効にする

      

  • テストコールの前にユーザーは以下の手順を組み合わせる必要があります。
    • Windows または OS X 用の Cisco Spark アプリを開きます。

        

    • アプリをフォアグラウンドに移動させます。

        

    •  

      発信したユーザーが卓上電話で電話を受けるためのインストラクションを提供します。

        

      
  
       
1    オンプレミスの卓上電話から、 Hybrid Call Service Awareに構成されている他のユーザーに発信します。   

着信したユーザーが卓上電話を受ける場合、Windows もしくは OS XのCisco Sparkアプリで、アクティブな通話の継続時間を示す、1:1 会議室でのアップデートを両方確認できます。 通話管理ウィンドウに表示されるボタンを押すと、インスタント画面共有が開始します。

  
2    以下のステップを実行して、それぞれが画面共有を開始できるかテストします。
  1. デスクトップスクリーンの共有をアプリから開始します。
  2. その他のユーザーに、あなたの後で画面共有を開始するように指示します。  

    第 2 の共有が開始したら、第 1 の共有はただちに終了します。

      
3    卓上電話から通話を終了します。

通話管理ウィンドウが消え、進行中の画面共有が即時に終了します。 1:1 ルームには通話の合計時間が表示されますが、通話が進行中であることを示す表示は消えています。

4    Cisco Spark アプリから通話タブを選択し、通話履歴を表示します。
次にやること

 

  
 

Attachments

    Outcomes