Cisco Spark 会議室システムを管理する

Document created by Cisco Localization Team on Apr 26, 2016Last modified by Cisco Localization Team on Feb 4, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

Cisco Cloud Collaboration Management のデバイスページで、組織における Cisco Spark 会議室システムすべての概要を見ることができます。

このページでは、次の作業を行うことができます。

  • 新しいアクティベーションコードの生成

  • デバイスの状態を確認する。

  • デバイス情報を変更する。

  • 既存のデバイスを非アクティブ化する。

注意: Cisco Spark に会議室システムを登録する際、API がロックされて会議室システムのウェブインターフェースにアクセスできなくなります。 すべての会議室システム設定がデフォルトにセットされます。

Cisco Spark がサポートする製品情報については、サポート対象のデバイス記事をご覧ください。

会議室システムを追加してアクティベーションコードを生成する

会議室システムをセットアップするにはアクティベーションコードが必要です。

  1. Cisco Cloud Collaboration Management に Cisco Spark の組織管理者のユーザー名とパスワードでサインインします。

  2. デバイス ページに移動します。

  3. 新しいデバイスをクリックします。

  4. 新しい会議室システムを選択して [次へ] をクリックします。

  5. デバイスの名称を入力して [次へ]をクリックします。 ディレクトリの問題を避けるため、デバイス名がパーソナルユーザー名と同一でないようにしてください。

会議室システムを Cisco Spark サービスに登録するアクティベーションコードが受領されました。 アクティベーションコードは 7 日後に失効します。 初期セットアップの詳細は、こちらを参照してください。

あなたの組織内の会議室システムを確認します。

Cloud Collaboration Management ポータルサイトのデバイスページ組織における会議室システムすべての概要を確認いただけます。

デバイスリストをフィルタリングして以下を表示します。

  • すべて

  • アクティベーションが必要です。

  • 問題がある

  • オフライン

  • オンライン

デバイス詳細パネルに表示される名前、カスタムタグなどの情報を使用してデバイスを検索することもできます。

会議室システム名を変更する

  1. 名前を変更したいデバイスをデバイスリストから選択します。

  2. 右のパネルに表示されているデバイス名の隣にある ペン アイコンをクリックします。

  3. 入力フィールドに新しい名前を記入し、変更を保存します。

タグを会議室システムに追加する

各デバイスに対しカスタムタグを追加し、容易に検索できるようにします。

  1. タグを追加したいデバイスをデバイスリストから選択します。

  2. 右に表示されているパネルで 追加 ボタンをクリックします。

  3. タグを入力 フィールドにタグを個別に入力します。

  4. 入力 を押してタグを保存します。

登録済みの会議室システムを削除する

  1. 削除したいデバイスをデバイスリストから選択します。

  2. 右に表示されているパネルで 削除 ボタンをクリックします。

  3. ポップアップウィンドウでアクションを確認します。

会議室システム情報を検索する

デバイスページからあなたの組織に登録された Cisco Spark 会議室システムの詳細情報をご覧いただけます。 会議室システムを検索または参照し、選択します。 右に表示されているパネルで以下の情報を見ることができます。

  • 状態

  • ソフトウェア バージョン

  • IP アドレス

  • シリアル番号

  • MAC アドレス

  • 潜在的な問題




Attachments

    Outcomes