Webex のプロキシ例外を追加する方法は?

Webex のプロキシ例外を追加する方法は?

プロキシを介して WebEx ミーティングに接続するには?

解決策:

プロキシ例外を作成するには:

Windows

  1. 以下のいずれかの作業を行ってください。
  • Windows 7 の場合: [プログラムとファイルの検索] または [検索の開始] フィールドに Internet Options と入力して、Enter を押してください。
  • Windows 10 の場合: タスクバーの [ここに入力して検索] フィールドに Internet Options と入力し、Enter を押してください。
  1. [接続] タブをクリックします。
  2. [LAN の設定] ボタンをクリックします。
  3. プロキシ サーバーの下にある [詳細設定] ボタンをクリックし [プロキシ設定] ボックスに移動します。
  4. [例外] の下に *.Webex.com と入力します。
    • メモ: 他に入力されている者がある場合、最後に入力されているものの次にセミコロンを追加し、Webex の例外を入力します。
  5. [OK] をクリックします。
  6. [適用する] または [OK] をクリックし、インターネット オプションを閉じます。
  7. すべてのブラウザーを再起動します。
Mac
  1. Safari 開きます。
  2. Safari メニュー(トップ ナビゲーションにある)の下で、[基本設定] に進みます。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. [プロキシ] の隣の [設定の変更] ボタンをクリックします。
  5. [Bypass proxy settings for these Hosts & Domains(これらのホストとドメインのプロキシ設定をバイパスする):] フィールドに *.Webex.com と入力し、[OK] をクリックします。
Linux
Linux では、no_proxy 環境変数を介して HTTP プロキシ例外を定義できます。 no_proxy 変数では、HTTP プロキシを使用してはならないドメイン名または IP アドレスのリストを指定できます。 ドメイン名または IP アドレスと共に、必要に応じてぽーつ番号も指定できます。 Ubuntu でシステム全体の HTTP プロキシ例外を定義するには:

$ sudo vi /etc/environment
  • http_proxy="http://proxy.com:8000"
  • no_proxy="*.Webex.com"
上記の例は、ローカルホストに達する場合 (例: *.Webex.com)、HTTP プロキシを使用しないことを意味します。 ほかのすべての宛先については、指定された HTTP プロキシ (proxy.com:8000) を使用します。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
上矢印