セキュリティ

エンドツーエンドのセキュリティは、すべての Webex アプリと Webex Calling の顧客にとって標準です。 しかし、非常に厳しく規制された産業の場合、Pro Pack 機能によって、データ セキュリティと取得をさらにコントロールできるようになります。 Pro Pack の高度なセキュリティにより、以下の顧客管理セキュリティ オプションを提供できます。

  • Webex アプリのカスタム セキュリティ設定

    • 外部コミュニケーションのブロック - 自社組織のデータを安全にし、データが組織外に漏えいするのを防ぐため、どのユーザーがスペース内で組織外のユーザーとコミュニケーションを行えるかをコントロールできるようになっています。 詳細については、「組織の Webex スペースで外部ユーザーをブロックする」を参照してください。

    • PIN ロックの実施 - モバイル端末でコンテンツの安全性を確保するために、PIN ロックをセットアップできます。 PIN ロックを有効にすると、モバイル上の Webex アプリは PIN を使った場合のみ、操作することができます。使わない場合、画面はロックされます。 詳細については、「モバイル デバイスのセキュリティのセットアップ」を参照してください。

    • アクセス権を取り消す - 携帯電話をなくした場合、または誰かが退職した場合、リモートからアクセス権を取り消し、携帯電話内のキャッシュされた Webex アプリ コンテンツを削除することができます。 詳細については、「Webex へのユーザーのアクセス権を取り消す」を参照してください。

    • ファイル共有コントロール - ユーザーが Webex アプリでファイルを共有する方法を管理できます。 データの損失を防ぎ、マルウェアの懸念を排除し、Webex アプリのポリシー コントロールを適用する場合、ユーザーが Webex アプリに対してファイルをダウンロード、プレビュー、アップロードすることを制限できます。 詳細については、「ユーザーのファイル共有を防ぐ」を参照してください。

コンプライアンス

StandardとPro Packの両方のサービスには、さまざまなコンプライアンス機能があります。 両方とも、会社が社内のデータ ポリシーに従い、データ抽出に関する法的要件をサポートし、データ セキュリティのレイヤーを追加できるようになります。 この追加レイヤーのセキュリティを企業の Data Loss Prevention (DLP) およびアーカイブ システムと統合できます。

  • eDiscovery の検索と抽出ツール—標準の Webex アプリと Webex Calling の顧客はわずか 90 日間のコンテンツにアクセスできますが、Pro Pack の顧客は Webex アプリのスペースと Webex Calling 内で無制限のデータにアクセスできます。 メール アドレス、スペース ID、キーワード、および特定の時間制限を使用して、検索を絞り込みます。 詳細については、「Webex アプリのコンテンツの規制コンプライアンスを確実にする」を参照してください。

  • DLP 向け Events API およびアーカイブ—標準的な顧客か Pro Pack 顧客かに関係なく、Events API を使用して、既存の Data Loss Prevention (DLP) ソフトウェアに統合できます。 ポリシー違反を確認し、問題解決のためにアクションを起こすこともできます。 しかし、Pro Pack 顧客の場合、90 日以上前に発生したイベントも監視できます。 イベントには、メッセージの投稿、ファイル、スペースへのユーザーの追加、Webex Calling コールの発信と受信が含まれます。 また、Events API を使って既存のアーカイブ ソフトウェアを統合すれば、無制限のサイズの Webex データをアーカイブすることができるようになります。

    詳細については、次のサイトを参照してください。アーカイブと DLP ソリューションとのWebexアプリのインテグレーションおよびhttps://developer.webex.comを選択します。

  • リアルタイム ファイル DLP - ProPack を使用すると、コンプライアンス オフィサーと DLP システムは、リアルタイム ファイル DLP の検査と回避方法にアクセスできます。

    リアルタイム ファイル DLP は、Webhook の送信を積極的に行い、スペースでユーザーがファイルにアクセスする前に DLP システムによるファイルのスキャンを許可します。

  • フレキシブルな保持ポリシー - Pro Pack 顧客の場合、Webex アプリ内のユーザーによって作成され共有されるコンテンツには、組織のポリシーに従って、保管期間を設定することができます。 保管期間を過ぎたデータはすべて削除され、取り出すことができなくなります。

    詳細については、「組織の保持ポリシーを設定する」を参照してください。

  • 法的保持: Pro Pack 顧客の場合、法的保持を使用して、訴訟に必要な情報が保持ポリシーによって削除されないようにすることができます。

    詳細については、「法的保持のコンプライアンス データを管理する」を参照してください。

分析

Pro Pack のアナリティクスを使用して可視性を高め、ユーザーの採用と使用に関するデータの詳しい洞察を取得することができます。 最大で 13 か月間のデータを表示して、それらのデータを掘り下げることができます。 このデータ ビューは、ユーザーによる採用、リソースの最適化、ビジネス トレンドの理解に対して、的確にフォーカスしているかどうかを明らかにすることができます。

詳細については、「クラウド コラボレーションのポートフォリオの分析」と「クラシック Meetings レポートを使用する」を参照してください。

Standard および Pro Pack サービスの違い

スタンダード

Pro Pack

セキュリティ

Hybrid Data Security オンプレミス キー管理

はい

カスタム セキュリティの設定

はい

コンプライアンス

eDiscovery 検出・抽出ツール

90 日間のデータが利用可能

無制限のデータが利用可能

Events API

90 日間のデータが利用可能

無制限のデータが利用可能

保持に関するポリシー

無制限のデータ保管

フレキシブルな保持ポリシー

法的保持

はい

分析

レポート

90 日間のデータが利用可能

最大 13 か月分のデータが利用可能

ドリルダウンおよび検出機能が付属するレポート

はい

はい

参加者が利用できる詳細なドリルダウン。

リアルタイム ミーティング診断

はい

はい

詳細情報

Pro Pack for Control Hub は、特定のプランで使用可能なアドオンです。 詳細については、Cisco パートナーに問い合わせるか、Cisco Collaboration Flex Plan 発注ガイド を参照してください。