顧客向けに A-WX または A-SPK の発注を行う方法を簡略化しました。 最初に顧客に向けに発注を行う場合、パートナー組織を作成できます。

1

Cisco Commerce Workspace で、要求された開始日プロビジョニング連絡先メール アドレスを追加するだけで、A-WX または A-SPK を発注できます。

プロビジョニング連絡先メール アドレスは、プロビジョニング情報を提供する人物のものです。 メール エイリアスを使用し、プロビジョニング メールを受け取ったら、プロビジョニング情報を提供する個人のメール アドレスを追加できます。

2

要求された開始日に、メールがプロビジョニング連絡先メール アドレスに送信されます。 [今すぐ設定する] をクリックします。

要求された開始日から 1 日以上プロビジョニングが開始されなかった場合、顧客成功チームがあなたに連絡します。

完全に完了する前にウィザードを終了することができます。 保存された情報はありません。今すぐセットアップのためのリンクを使用して開始することができ ます。

3

あなたの役割として [I am a Partner] を選択し、[次へ] をクリックします。

4

[Yes, I will setup] を選択してサービスをセットアップします。


 

[Aother person in my company will set up] を選択して、別のメール アドレスを入力し、プロビジョニングを完了できます。 または、[The customer will set up] を選択して、顧客がサービスをセットアップし、パートナーが顧客の組織を管理するアクセス権をなくすこともできます。

5

1 個を選択し、[次へ] をクリックします。

  • これが最初の注文の場合、情報を追加して、Cisco Webex パートナー組織を作成します。
  • これが既存の組織の場合、組織情報を確認します。

    組織を認識していない場合、Cisco 担当者に連絡し、続行しないでください。

6

顧客の管理メール アドレスを入力して、[次へ] をクリックします。

ユーザーが同時に所属できるのは 1 つの Cisco Webex 組織のみです。

7

1 個を選択し、[次へ] をクリックします。

  • 新しい Cisco Webex 組織の場合、顧客情報を確認します。
  • これが既存の組織の場合、正しい顧客情報を確認します。

    組織を認識していない場合、Cisco 担当者に連絡し、続行しないでください。

8

顧客のパートナー情報が正しいことを確認し、[次へ] をクリックします。

注文が正常にセットアップされました。
9

新しい Cisco Webex パートナー組織については、パートナー組織に新しいパスワードを作成します。

サービスのセットアップ ウィザードが起動します。
10

購入したサービスに基づき、セットアップ ウィザードでサービス設定を追加できます。

  • 定額利用料金制の詳細—注文したサービスの情報を確認します。

  • 通話設定—組織に通話設定を選択します。

  • ミーティングの設定:

  • エンタープライズ設定—サブドメインを入力し、[利用できるかどうか確認する] をクリックし、[保存] をクリックします。

  • プロビジョニングと課金開始—[プロビジョニング] をクリックして、サブスクリプションをアクティベートし、プロビジョニングされたサービスの請求を開始します。 購入されたすべてのサービスに請求が開始されます。