ミーティングの出席者全員だけでなく、イベントのプレゼンタもコンテンツを共有できます。

画面共有

自分の画面を共有するとそれが全員に表示されます。 Word ドキュメントまたは PowerPoint スライドを使用している場合、またはウェブサイトまたはチャット ウィンドウを開いている場合は、それが表示されます。


ミーティングの前に、通知をミュートし、個人または機密ドキュメントを閉じます。 これにより、偶発的非公開情報または煩わしい情報を共有してしまうことを心配する必要がなくなります。

[共有] をクリックし、共有する画面を選択します。

特定のアプリケーションのみ共有する

特定のアプリケーションを共有すると、他のユーザーは共有アプリケーション以外のものを見ることができません。 例えば、ブラウザーと PowerPoint を開いている場合、PowerPoint の共有を選択しても、開いているブラウザー タブは表示されません。 しかし、いくつかの PowerPoint プレゼンテーションを開いている場合、それらを切り替えて、引き続き共有することができます。 共有しながらスライドを編集することもできます。


共有されていないアプリケーションを誤ってクリックした場合、画面にはグレーになっています。

開いているアプリケーションを共有するには、[共有] をクリックしてリストからアプリケーションを選択します。

開いていないアプリケーションを共有するには、[共有] > [その他のアプリケーション] を選択して、アプリケーションの隣にある [共有] をクリックします。

コンテンツ上でビデオを共有するには、「Webex Meetings および Webex Events で共有コンテンツに重ねて自分の映像を表示する」を参照してください。

複数アプリケーションの共有

現在共有中のアプリケーションを停止することなく、複数のアプリケーションを共有できます。

共有中に追加のアプリを共有するには、[共有] をクリックし、[コンテンツの共有] を選択します。

ビデオ コンテンツの共有

ビデオ コンテンツの共有は他の種類のコンテンツの共有とは少し異なります。 このため、MeetingsEvents (new) にはビデオに最適化された共有モードがあります。

[共有] をクリックし、ドロップダウン メニューから [モーションとビデオ用に最適化] を選択し、共有する画面かアプリケーションを選択します。


参加者に聞かせたい音声がビデオにある場合は、[コンピューターの音声を共有] をクリックすると音声会議から直接ビデオの音声が聞こえるようになります。

共有しているものを確認する

コンテンツを共有しているときに、あなたが望むものだけを共有していることと、ミーティングの全員がそれを見ることができるようにしたいと思います。 画面またはアプリケーションを共有するときに、共有しているものを表示するウィンドウを開くことで、他のユーザーに表示される内容を確認します。

共有中に、画面の上部にあるミーティング コントロール バーのタブに移動し、下矢印をクリックします。

画面共有のプレビュー

ファイルの共有

ファイルを共有することで、1 つのファイルを共有することができます。 コンピューターに保存されているドキュメントやビデオ ファイルのようなものもあります。


すでにファイルを開いている場合は、画面またはアプリケーションを共有してください。 埋め込みビデオで PowerPoint プレゼンテーションを共有しようとしている場合、ファイル共有が機能しない場合があります。

ファイルを共有するには、[共有] > [ファイルの共有] を選択します。

ホワイトボードを共有する

アイデアを視覚的に共有するホワイトボード を作成します。 ミーティング中に共有したホワイトボードは自動的に保存されません。 ホワイトボードを保存してください。

テキスト ツールとグラフィックス ツールの両方を使用して、他のミーティング参加者とコラボレーションするための空白の作業領域を共有するには、[共有] > [新しいホワイトボード] を選択します。