Cisco Webex Desk Camera で利用可能な主要な更新について知っておく必要があります。最新のリリース ノートを常に確認して、小規模で頻繁な更新に関する詳細な情報を確認します。

5月

カメラのファームウェアとアプリのアップデート

Cisco Webex Desk Camera アプリの [更新] ボタンを使用して、カメラファームウェアとカメラアプリの両方を簡単に更新できます。

自動焦点およびイメージノイズ除去の改善

このリリースでは、自動焦点やイメージノイズ除去などの画質向上を実現します。これにより、異なるワークスペースや照明の状態でビデオのエクスペリエンスが向上します。

2 月

Cisco Webex Desk Camera は、ファームウェア リリース 2.2.1 で起動します。

カメラの概要については、Cisco Webex Desk Camera を参照してください。

近日中に提供される予定の機能リリースの詳細を共有しています。リリース日と機能自体を変更する 必要があることを覚えておいてください。この記事を購読すると、すべての変更に関する情報を入手することができます。

6 月

VDI 用の Webex によるカメラインベントリレポート

Cisco Control Hub では、仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI)環境で Webex と動作するカメラのインベントリ情報を表示できます。

この機能には、ホストされた仮想デスクトップ(HVD)では Webex リリース 41.6 以降が必要であり、Windows シンクライアントではリリース 41.6 以降の Webex VDI プラグインが必要です。

開発中の機能

Jabber および Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)のサポート

この機能を利用できる場合、ユーザは Jabber からカメラのファームウェアをアップグレードできます。管理者は、Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)から、カメラのステータスをリモートで表示して、カメラファームウェアを管理し、Jabber PRT を介してカメラログを取得できます。

Unified CM のカメラ管理では、Cisco Jabber 14.0 および Cisco Unified Communications Manager リリース 12.5 SU4 または 14.0 のメンテナンスリリース(MR)が必要です。

Webex のインテグレーションソリューション

インテグレーションソリューションにより、ユーザはカメラのファームウェアを更新し、Webex からカメラの設定を構成できます。管理者は、カメラのファームウェアを管理してカメラの設定を構成し、Cisco Webex Control Hub 上のデバイスの使用状況を分析できます 。