Webex Events (新) は Webex Webinars になりました

Webex Events (新規) は 2022 年 1 月半ばから始まり、Webex ウェ ビナーに名前が変更されました。 今回の名称変更は、本製品をより広範な Webex ポートフォリオと一致させるために行われます。

この変更が Webex Events (新) に与える影響は?

  • Webex Events (新) が現在使用されている場所ではどこでも、Webex Events (新) の名称が Webex Webinars に変更されます。 これには、製品内、Control Hub、マーケティングやヘルプ関連ドキュメントでのスケジューリングが含まれます。 この名称変更は、API やイベントレポート (特に現在ウェビナーまたはウェブキャストと呼ばれているフィールド) に反映されます。

  • また、3,000 人以上のユーザーに対応するプランを利用しているイベント主催者のために、スケジューリングのフローを簡素化しています。 従来、主催者がイベントをスケジュールする際は、ウェビナーウェブキャストの 2 つの選択肢がありました。 今回のアップデートにより、主催者が出席者用のウェブキャスト ビューを選択して、テキスト ベースのチャット、Q&A、投票による参加のみを出席者に許可できるようになりました。 出席者用のウェブキャスト ビューは、3000 人以上の出席者をサポートするライセンスでも利用できます。 出席者が 10,000 人を超えるウェビナーでは、出席者用のウェブキャスト ビューが必要になります。

今回の更新でライセンスは変更されますか?

  • 今回はプロビジョニング、注文プロセス、SKU ネーミングに変更はありません。

この変更で Webex Events (クラシック) は影響を受けますか?

  • Webex Events (クラシック) の設定に変更はありません。

何かすべきことはありますか?

  • 何も操作する必要はありません。

  • 今回の名称変更と効率化された新しいスケジューリング フローを反映して、トレーニング資料やドキュメントを変更することもご検討ください。

Webex Webinars および Events (クラシック)

41.4 のアップデートでは、従来の Events (クラシック) に加えて、お使いのサイトで Webex Webinars (旧 Webex Events (新)) が利用可能になりました。 Webex Webinars には、Webex Meetings でおなじみの多数の高度な機能と Events (クラシック) で使われていた機能が含まれています。 今後のアップデートで Webinars を引き続き強化していきます。

ご利用の Events (クラシック) のプランで最大 1000 人のユーザーがサポートされている場合は、Webinars で最大 1000 人のユーザーがサポートされます。 このプランでは Meetings 用の Webex Assistant は利用できません。 Meetings 用の Webex Assistant のサポートを追加する場合、または無料で Webex Assistant が含まれる 3000 人以上のユーザーをサポートするプランにアップグレードする場合は、Webex アカウント チームに連絡してください。

ご利用の Events (クラシック) プランで最大 3000 人以上のユーザーがサポートされている場合は、Webinars でも最大 10,000 人のウェビナー ユーザーおよび最大 100,000 人のウェブキャスト ユーザーがサポートされます。 ウェブキャスト ビューのウェビナーと、Meetings 向け Webex Assistant は、3000 人以上のユーザーをサポートするプランにのみ含まれます。 3000 人以上のユーザーをサポートするプランにアップグレードするには、Webex アカウント チームにお問い合わせください。

Webinars と Events (クラシック) の比較」を参照し、このアップデートで利用可能な機能をご確認ください。 現在の既知の問題と制限については、「ウェビナーの既知の問題と制限」を参照してください。

ウェビナー スケジューラ

Webinar を使用すると、主催者は Webex サイトのホームページまたはカレンダーページのどちらからでも、Webex の [ウェビナーをスケジュール] をクリックできます。 主催者は、パネリストを招待したり、練習セッションを自動的に開始したりできます。 42.1 のアップデートでは、3000 人以上のユーザーをサポートするプランで出席者数やウェブキャスト ビューの選択も可能になりました。 ウェビナーのスケジューリングについて詳細をご覧ください


Events (クラシック) のスケジューラからスケジュールされたイベントでは、元の Events (クラシック) エクスペリエンスが保持されます。

ウェビナーの出席者はウェルカムページから参加します。 登録が必要な場合、出席者はこのページで登録し、質問に回答します。 主催者は、ウェルカム ページと登録ページをカスタマイズし、ロールを出席者に割り当てることができます。

出席者用のウェビナーウェブキャスト ビュー

ウェビナーは、購入したウェビナー プランに応じて、最大 10,000 人の出席者、またはウェブキャスト ビューで最大 100,000 人の出席者をサポートします。 どちらの規模またはビューを選択しても、ウェビナーの機能が向上しています。

  • プレゼンタはモーションおよびビデオ用に最適化されたコンテンツをコンピューター音声と共有することができます。

  • すべての出席者はパネリストのビデオおよび共有コンテンツを参照できます。

  • ウェビナー出席者の管理を手伝ってもらうために、ウェビナーのスケジュール時またはウェビナー中に、イベントの共同主催者を割り当てることができます。

  • 主催者は、すべての出席者に対してステージ ビューを設定することができます。


    ウェブキャスト ビューのウェビナーは、3,000 人以上のユーザーをサポートするプランにのみ含まれます。 ウェブキャスト ビューのウェビナーは、政府版 Webex では利用できません。

ウェビナーでは、参加者の集中力を保ち、ウェビナーの効果を最大限に引き出すための豊富な機能を活用できます。 有効になっている場合、すべての参加者は、アニメーション化された絵文字の反応を送信したり、ミュージック モードを選択して音楽を流したり、People Insights プロファイルを使用してパネリストのプロファイルを調べたりできます。

ウェビナーで出席者のやり取りを制限して、参加や視聴をできるだけ簡単にする場合は、ウェビナーをウェブキャスト ビューで開催するという方法があります。 出席者が招待を受信してウェルカム ページから参加すると、すぐに Web ブラウザを使用してウェビナーをストリーミングできます。 出席者は音量の調整、ビデオの停止と再開、全画面展開、チャット、投票、主催者からの質問への回答が行えます。 主催者は、ウェビナー中はいつでも、出席者のレイアウトを指定できます。


ウェブキャスト ビューのウェビナーは、政府版 Webex では利用できません。

参加者が Webinars でできることを確認し、ウェビナーとウェブキャストの違いを見極めることにより、今回のアップデートで何ができるかを知ることができます。

今すぐウェビナーを始めましょう。