ウォーター マーク
2020年4月3日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

VoIP を使用する国は?

Cisco Webex VOIP は米国、EMEAR、およびアジアで使用可能です。 VOIP は次のコラボレーション アーキテクチャ ボード (CAB)、CAB A および B の国々で使用可能です。

VoIP を使用できる国は?

VoIP 制限を設けている国は?

グローバル ユーザーが VoIP を使用できますか?

海外の出席者が VoIP を使用できますか?

VoIP を米国外で使用できますか?


解決策:

Cisco Webex VOIP は米国、EMEAR、およびアジアで使用可能です。 VOIP は次のコラボレーション アーキテクチャ ボード (CAB)、CAB A および B の国々で使用可能です。

VoIP を使用できる国のリストは、以下を参照してください。

  • 米国
  • カナダ
  • メキシコ
  • 英国
  • ドイツ
  • イタリア
  • フランス
  • スペイン
  • オランダ
  • スイス
  • チェコ共和国
  • ポーランド
  • オーストラリア
  • 日本
  • 香港
  • シンガポール
  • インドネシア

以下の規則と制限が次の国々に適用されます

  • ロシア
    • Webex VoIP、パートナー VoIP およびパートナー音声は、Telematic ライセンスをもつロシア国内のパートナーによって提供される場合があります。
    • Webex VoIP、パートナー VoIP およびパートナー音声は、Telematic ライセンスをもたないロシア国外のパートナーにより提供される場合があります。ただし、ロシア国内に組織を持たない場合に限ります。
  • サウジアラビア、クウェート、アラブ首長国連合 (U.A.E)、トルコ
    • Webex VOIP は提供されない場合があります。
    • パートナー VOIP は TSP パートナーにより提供される場合があります。
  • インド、韓国
    • Webex VOIP は GPL のパートナーを通じてのみ提供される場合があります。
  • 中国
    • Webex VOIP は CPL 経由で MPCL ライセンスパートナーを通じてのみ提供される場合があります。
  • インドネシア
    • 見直し中

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事