Webex Meetings と Webex Webinars で仮想背景を使用する

背景をぼかすことで、周囲の状況を詳しく見ることができなくなるため、背後で何が起こっているか他の人に知られることがありません。プリセットされた背景、サイト管理者が用意した背景、自分で用意した画像で周囲の背景を置き換えることもできます。


 

問題があるか、[背景を変更] オプションが表示されない場合

  • Webex サイト管理者がサイトの仮想背景を有効に設定していることを確認してください。仮想背景が有効ではない場合、[背景を変更] オプションは表示されません。選択できる背景は、サイト管理者の許可内容によって異なります。

  • 要件のリストをチェックして、Webex のバージョンに加えて、コンピューターやデバイスが仮想背景をサポートしていることを確認してください。

  • 仮想背景は、Meetings ウェブ アプリまたは Linux ではサポートされていません。

  • Webex Training は仮想背景をサポートしていません。

  • 仮想背景を使用すると、コンピューターまたはモバイル デバイスの CPU 使用率が増加し、バッテリー残量に影響を与える可能性があります。

Mac または Windows では、Meetings デスクトップ アプリを使用して、ミーティング、ウェビナー、イベントで仮想背景を使用できます。

1

ミーティングに参加する前に、仮想背景を設定するには、プレビュー画面の [背景を変更] をクリックして、使用する背景を選択します。

  • ピントを合わせたまま周囲をぼかすには、[ぼかし] をクリックします。
  • デフォルトの仮想背景を使用するときには、希望の背景をクリックします。
  • 仮想背景に独自の画像、アニメーション GIF、ビデオ ファイルを使用するには、+ アイコンを クリックします。

 

480 x 360 ピクセル以上のサイズの画像またはビデオ ファイルを使用することをお勧めします。画像は .jpg、.png、.gif の形式である必要があります。ビデオ ファイルは .mp4 または .mov 形式である必要があります。

2

ミーティング中に背景を変更するには、[ビデオ オプション] アイコンビデオ オプション アイコンをクリックし、[仮想背景を変更] を選択して、背景のタイプを選択します。

3

ミーティングの参加者に選択した背景を見せる準備ができたら、[適用] をクリックします。 Webex は次のミーティングのために選択を記憶しています。

Meetings モバイル アプリを使用して、ミーティング、ウェビナー、イベントで仮想背景を使用できます。参加後に、背景を変更することもできます。仮想背景を設定する前に、他の人に周囲を見せたくない場合は、ビデオをオフにした状態でミーティングに参加してください。

1

[ビデオ]ビデオ をタップし、[仮想背景] をタップします。

2

使用する背景を選択します。

  • ピントを合わせたまま周囲をぼかすには、[ぼかし] をタップします。
  • デフォルトの仮想背景を使用するときには、希望の背景をタップします。
  • 仮想背景に独自の画像を使用するには、+ アイコンをタップします。

 

480 x 360 ピクセル以上のサイズの画像またはビデオ ファイルを使用することをお勧めします。画像は .jpg、.png、.gif の形式である必要があります。ビデオ ファイルは .mp4 または .mov 形式である必要があります。

選択した画像はモバイル デバイスに保存されるため、以後のミーティングで再度使用できます。画像は追加先のデバイスにのみ保存されます。別のデバイスで同じ画像を使用する場合は、新しいデバイスにその画像を追加する必要があります。

3

ミーティングの参加者に選択した背景を見せる準備ができたら、[適用] をタップします。 Webex は次のミーティングのために選択を記憶しています。

Android デバイスでは、Webex ミーティングとウェビナーで Meetings モバイル アプリを使用して仮想背景を使用できます。参加後に、背景を変更することもできます。仮想背景を設定する前に、他の人に周囲を見せたくない場合は、ビデオをオフにした状態でミーティングに参加してください。


 

Webex Training と Webex Events (クラシック) では、背景の変更はサポートされていません。

1

[ビデオ]ビデオ をタップし、[仮想背景] をタップし ます。

2

以下のいずれかの作業を行ってください。

  • ピントを合わせたまま周囲をぼかすには、[ぼかし] をタップします。
  • デフォルトの仮想背景を使用するときには、希望の背景をタップします。
  • 仮想背景に独自の画像を使用するには、+ アイコンをタップします。

     

    480 x 360 ピクセル以上のサイズの画像またはビデオ ファイルを使用することをお勧めします。画像は .jpg、または .png の形式である必要があります。ビデオ ファイルは .mp4 または .mov 形式である必要があります。

    選択した画像はモバイル デバイスに保存されるため、以後のミーティングで再度使用できます。画像は追加先のデバイスにのみ保存されます。別のデバイスで同じ画像を使用する場合は、新しいデバイスにその画像を追加する必要があります。

3

ミーティングの参加者に選択した背景を見せる準備ができたら、[適用] をタップします。 Webex は次のミーティングのために選択を記憶しています。

Webex のバージョン、オペレーティング システム、仮想背景をサポートするコンピューターとデバイスに関する情報をまとめました。リストにある要件を満たす場合のみサポートされます。使用しているデバイスが要件を満たしていない場合、背景を変更するオプションは表示されません。


 

Windows を使用している場合、オプションが表示されていても、[背景を変更] が機能しない場合があります。

Windows

オペレーティング システム:

  • Windows 10、64 ビット (x86-64 および AMD64)

プロセッサ:

  • Intel Core i3、i5、または i7 4000 シリーズプロセッサ以降

  • Intel Core i9 デュアルコアプロセッサ以降

  • Intel Xeon デュアルコアプロセッサ以降

  • その他の Intel プロセッサ:6 コア以上

  • AMD Ryzen 5、7、9 プロセッサ以降

  • その他の AMD プロセッサ:3Ghz 以上で 4 コア、または 4 コア以上

  • Intel 以外、AMD 以外のプロセッサ:8 コア以上***

メモリ:

  • 4 GB 以上の RAM

GPU モード:

  • Intel® HD Graphics Driver バージョン 26.20 以降

Mac

オペレーティング システム:

  • macOS High Sierra (バージョン 10.13) 以降

プロセッサ:

  • Apple M1

  • Intel Core i9 デュアルコアプロセッサ以降

  • Intel Core i7 5000 シリーズ デュアルコア以降

  • Intel Core i7 3000 シリーズ クアッドコア プロセッサ以降*

  • Intel Core i5 6000 シリーズ デュアルコア以降

  • Intel Core i5 3000 シリーズクアッドコアプロセッサ以降

  • Intel Core i3 8000 シリーズ デュアルコア プロセッサ以降

  • Intel Xeon デュアルコアプロセッサ以降

  • Intel Core m3 7000 シリーズデュアルコアプロセッサ以降

  • その他の Intel プロセッサ:6 コア以上


 

Intel Core i5 5000 シリーズのプロセッサ (2017 MacBook Air など) を搭載している Mac では、仮想背景はサポートされません。

iOS

デバイス:

  • iPhone 7 以降

  • iPad (第 5 世代) 以降

  • iPad Pro 以降

  • iPad mini (第 5 世代) 以降

  • iPad Air (第 3 世代) 以降

Android

オペレーティング システム:

  • Android 9.0 (Pie) 以降

プロセッサ:

  • Snapdragon 845

  • Samsung Exynos 9810

  • 同等のプロセッサで 8 コア以上

メモリ:

  • 3.5 GB 以上の RAM


 

これらの要件を満たす Android デバイスのみがサポートされます。

次のヒントは、自分と周囲の区別ができるようにして、仮想背景を最も効果的に使用するために役立ちます。

  • 自分のいる場所の照明が十分であることを確認してください。

  • 壁やその他、静的な背景の前に座ってください。

  • 周囲とは違う色の服を着てください。

コンピューターの性能によっては、バックグラウンドで実行されている CPU や GPU の使用率が高いプログラムをすべて閉じる必要があります。そうすることで、仮想背景を使用する際のパフォーマンスを向上させることができます。