エンドツーエンドの暗号化が行うことは?

Webex エンドツーエンド暗号化で情報を提供します。

エンドツーエンドの暗号化が行うとどのようになりますか?

E2E 暗号化を行うとどのようになりますか?

Webex サイトで E2E 暗号化を有効にするときの制限は?

E2E 暗号化を有効にするときに使用できない機能は?

 


解決方法:

アーキテクチャ ダイアグラム:

ユーザーにより追加されたイメージ

クライアントから Cisco Webex サーバーへのメディア ストリームは、Cisco Webex ファイアウォールを交差した後で復号されます。 Cisco はその後、将来の参照のためにすべてのメディア ストリームを含むネットワークベース録画を提供できます。 その後、Cisco Webex はほかのクライアントに送信する前に、メディア ストリームを再度暗号化します。 しかし、より高いレベルのセキュリティが必要な業務の場合、Cisco Webex はまたエンドツーエンドの暗号化も提供します。 このオプションを使用すると、Cisco Webex クラウドは通常の通信で行うように、メディア ストリームを復号しません。 代わりに、クライアント・サーバー通信のための TLS (Transport Layer Security) チャネルを確立します。 さらに、すべての Cisco Webex クライアントがキーペアを生成し、公開鍵を主催者のクライアントに送信します。

主催者は暗号論的擬似乱数生成器(CSPRNG)を使用して対称キーを生成し、クライアントが送信する公開鍵を使用して対称キーを暗号化し、暗号化された対称キーをクライアントに送り返します。 クライアントによって生成されたトラフィックは、対称キーを使用して暗号化されます。 このモデルでは、トラフィックは Cisco Webex サーバーにより復号できません。 このエンドツーエンドの暗号化オプションは、Cisco Webex Meetings および Webex Support で利用できます。

制限:
エンドツーエンドの暗号化が有効になっている場合、以下の機能は使用できません。

  • ブレイクアウトセッション
  • 主催者より早く参加
  • ロビーに移動
付加情報

この投稿記事は役に立ちましたか?