コールのミュート

通話中に音声をミュートすると、自分の声が相手に聞こえず、相手の声だけを聞くことができます。

再度 [ミュート(Mute)] を押すと、ミュートはオフになります。

着信音量の調節

コールの着信音量が大きすぎるか小さすぎる場合は、音量を調節できます。着信音量の変更は、コール中の通話音量には影響しません。

着信音が鳴っているときに着信音量を調節するには、次のいずれかのオプションに従います。

  • Cisco IP Phone 6821 マルチプラットフォームフォンおよび Cisco IP Phone 7800 シリーズマルチプラットフォーム ー [音量 ]を上下を押します。
  • Cisco IP Phone 6841 および 6851 マルチプラットフォームフォンおよび Cisco IP Phone 8800 シリーズマルチプラットフォーム電話機 ー [音量 ]を左右に押します。
  • Cisco IP Conference Phone 7832 および 8832マルチプラットフォーム フォン ー [音量]を上下に押します。

呼出音の変更

電話機が着信コールに使用する音を変更できます。

1

次のアクションのいずれかを実行します。

  • デスク フォン:アプリケーション ボタン を押します。
  • Conference Phone:[設定(Settings)] を押します。
2

[ユーザ設定(User preferences)] > [着信音(Ringtone)] > [内線 (n) の着信音(Ext (n) - Ring tone)](n は内線番号)を選択します。

3

呼出音のリストをスクロールし、[再生] を押してサンプルを聞きます。

4

[選択(Select)] を押してから [設定(Set)] を押して選択内容を保存します。

コール中に音量を調節する

電話の音量が大きすぎるか小さすぎる場合は、相手の声を聞きながら音量を調節できます。

Cisco IP Conference Phone 7832 および 8832 マルチプラットフォーム電話機には、ハンドセットはなく、ヘッドセットもサポートしていません。

コール中に次の操作により音量を調節できます。

  • Cisco IP Phone 6821 マルチプラットフォームフォンおよび Cisco IP Phone 7800 シリーズマルチプラットフォーム ー [音量 ]の上下を押します。
  • Cisco IP Phone 6841 および 6851 マルチプラットフォームフォンおよび Cisco IP Phone 8800 シリーズマルチプラットフォーム電話機 ー [音量 ]を左右に押します。
  • Cisco IP Conference Phone 7832 および 8832マルチプラットフォーム フォン ー [音量]を上下に押します。

ヘッドセットのスピーカー フィードバックの調整

「フィードバック」(「側音」とも呼ばれる)は、ヘッドセットで自分の声を聞くことを指す用語です。通話中に自分の声が聞こえにくくなった場合は、サイドトーンレベルを調整したりオフにしたりできます。

1

[アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。

2

[ステータス] > [アクセサリ] > [セットアップ] > [スピーカー] > [サイドトーン]に移動します。

3

ナビゲーション クラスタを左または右に押して側音を調整します。

デフォルトでは側音が小さくなっています。

4

[保存(Set)] を押して設定を適用(および保持)します。