自動カメラ モードを選択すると、会議中に手動でカメラを操作することなく、デバイスと会議を最適に表示できます。 通話中かどうかに関なく、カメラ モードを変更できます。

使用しているデバイスに応じて、次の中から選択できるモードがあります。

  • グループ。 カメラは調整して、すべての人に表示されます。

  • フレーム。 カメラは、個人または小規模なグループでズームして表示されます。

  • スピーカー。 カメラが話している人物の後に表示されます。 スピーカートラッキングが動作する最大距離は 7.5 m です。

  • 最も見えます。 カメラは自動的に調整され、常にフレームの中央にいます。

  • 手動。 カメラを自分で調整します。

  • 定義されている場合は、カスタム プリセット モードを使用できます。 カメラ プリセット に関 する記事を読む。


管理者が設定した設定に応じて、使用可能なモードを選択できます。

カメラ モードを選択するには、

1

右にスワイプするか、 ホーム画面のボタンをクリックします。 カメラをタップします。

2

カメラ モード をタップしてから 、自動(Auto) を タップします

3

モードを選択します。



または、[手動] を タップ してカメラを自分で調整します。



タッチ コントローラによる手動カメラ制御の詳細およびカメラ プリセットの保存方法については、この記事を 参照してください

4

コントロール パネル以外の場所をタップして終了します。


 

自画面のカメラ ボタンをタップして、カメラ コントロールにアクセスしたり、通話中または通話中に調整したりすることもできます。


これは DX70 および DX80 には適用されません。

カメラ モードを選択するには、

1

右にスワイプするか、 ホーム画面のボタンをクリックします。 カメラをタップします。

2

カメラ モード をタップしてから 、自動(Auto) を タップします。 [ベスト ビュー( Best view] を選択します



Desk Hub でカメラ コントロールをタップ し、[ ベスト ビュー(Best view] を選択します

3

または、[手動] を タップ してカメラを自分で調整します。



4

コントロール パネル以外の場所をタップして終了します。


 

自画面のカメラ ボタンをタップして、カメラ コントロールにアクセスしたり、通話中または通話中に調整したりすることもできます。

カメラ モードを選択するには、

1

をタップします。 タッチ コントローラのホーム画面のボタン。 カメラをタップします。


 

タッチ コントローラでカメラの設定を開く場合は、自画面の設定 も表示 されます。 自 画面の調整 については、この記事を参照してください。

2

カメラ コントロール をタップします。 モードを選択します。




 

スピーカー モードは Room Kit Mini または Webex Room USB

3

または、[手動] を 選択 してカメラを自分で調整します。



タッチ コントローラによる手動カメラ制御の詳細およびカメラ プリセットの保存方法については、この記事を 参照してください

4

右上隅の [X] をタップして終了します。

MX700、MX800、および SX80 は、SpeakerTrack 60 カメラでスピーカー トラッキングをサポートします。 スピーカートラッキングが動作する最大距離は 7.5 m です。

スピーカー トラッキングをオン/オフするには

1

タッチ コントローラの右上隅にある [ カメラ(Camera ] を選択します。

2

スピーカートラッキングをオンまたはオフに切り替えます。

3

メニュー以外の場所をタップして終了します。