Facebook から Workplace にライブ配信する

始める前に

Webex 管理者はライブ配信を有効にする必要があります。また、Workplace from Facebook を持っている必要があります。

Facebook から Workplace にサインインしていることを確認し、ミーティングまたはイベントのライブ配信を開始する前に、ライブ配信のプロセスをよく理解しておく必要があります。


ビデオ ファイルの共有を含めて、[ファイルの共有] を使用して、ホワイトボードを共有したり、ファイルを共有したりすることは、ライブ配信中には対応していません。

1

お使いの Webex サイトにログインしたら、ミーティングまたはイベントを開始します。

2

[他のオプション]他のオプションに移動し、[ライブ配信の開始] をクリックします。

ライブ配信は、イベントの練習セッション中には利用できません。

3

必要に応じて Workplace from Facebook を選択し、アカウントにサインインします。

4

ストリームに名前と説明を付け加えます。

5

次のブロードキャスト オプションを選択してください。

  • グループで共有: 選択した Workplace グループにストリームを投稿します。
  • タイムライン上で共有: Workplace のタイムラインにストリームを投稿します。
6

オンオフを切り替えるビデオ システムを選択します。

  • 自動生成キャプション: 複数の言語のキャプションを自動的に生成できます。
  • ライブ巻き戻し: ストリームのビューアはブロードキャストを巻き戻しできます。

 

このオプションが選択されている場合、[自動生成キャプション] および [ライブ巻き戻し] オプションが Workplace by Facebook でストリームの閲覧者に表示されます。

7

(オプション)[ストリームのレイアウトの変更] をクリックして、ストリームのビデオレイアウトを設定します。

ライブ配信 ビデオ レイアウトの選択の詳細については、Webex Meetings またはイベントのライブ配信を参照してください。

8

[続行] をクリックして、[ライブ配信の開始] をクリックし、Webex Meetings または Events からライブ配信を開始します.

Webex Meetings または Webex Events からライブ配信中であることを確認するには、ミーティングまたはイベントの右上にあるライブ インジケータをチェックしてください。

次に行うこと

ライブ ストリームを終了するには:
  • Workplace に戻って、[ライブ ビデオを終了] > [終了]を選択します。

  • ミーティングまたはイベントに戻って、[その他のオプション]その他のオプション を選択し、[ライブ配信を停止] を選択します。

41.7 の更新から、Facebook から Workplace にミーティングをライブ配信する主催者は、マルチメディア ビューアーに表示される Workplace ライブ配信のコメント フィードを使用して、ライブ ストリーム ビューアーとやり取りできるようになります。 ただし、主催者、出席者、視聴者に次の問題が発生する可能性があります。

  • ミーティングに参加している共同主催者と出席者は、マルチメディア ビューアでコメント入力を見ることができません。 これは現在、主催者専用の機能です。

  • ミーティング中、主催者がマルチメディア ビューアーを使用しているときに Facebook から Workplace へのライブ配信を開始すると、コメント フィードではなく共有されているマルチメディアが表示されます。

Mac を使用し、Google Chrome をデフォルトのブラウザーとして設定している場合、[新しいブロードキャスト] ページの代わりに、Facebook ホームページからの Workplace がロードされます。 デフォルトのブラウザーを Safari に設定して、ページを正しく読み込みます。