ハーフウェイク状態のブランディング

ハーフウェイク状態の場合は、カスタムの背景画像とロゴを追加できます。



デバイスが起動すると、背景画像はフルカラーで表示されます。 数秒後、画像は自動的に透明な黒いオーバーレイで薄暗くなります。 PNG または JPEG 形式の画像を使用できます。 推奨サイズ: 1920 × 1080 ピクセル

暗い背景のブランド画像でより見やすくするために、透明な背景に PNG 形式の白いロゴを使用することをお勧めします。 最小サイズは 272 x 272 ピクセルです。 ロゴはスロットに合うように自動的に拡大縮小されます。

アウェイク状態のブランディング

目覚めた状態では、画面と Touch 10 にロゴを追加できます。



透明な背景には、PNG 形式の暗いロゴまたは黒いロゴを使用することをお勧めします。 このデバイスは、ロゴと他のユーザインターフェイス要素が混ざり合うように、40%の不透明度を持つ明るいオーバーレイを追加します。 最小サイズは 272 x 272 ピクセルです。 ロゴはスロットに合うように自動的に拡大縮小されます。


  • デバイスの使用方法に関する標準的なテキストはカスタマイズできません。

  • 組織レベルでカスタムブランド設定またはシスコのデフォルトビジュアルを適用すると、個々のデバイスのブランド設定が上書きされます。

  • Webex Edge for Devicesにリンクされたデバイスの組織全体のブランディングを有効にするには、[デバイス] > [設定] > [Webex Edge for Devices] に移動し、[Control Hub の許可] をオンにして構成を管理します。

カスタム ブランディングは次のデバイスではサポートされていません。

  • Cisco TelePresence SX10

  • Cisco IP 電話

  • アナログ電話アダプタ

1

Control Hub の顧客ビューから、デバイスに進み、設定をクリックします。 ブランディングにスクロールします。

2

すべてのデバイス用の会社のブランドビジュアルをアップロードし、次のようにブランドイメージを追加します。

  • ウェイクアップ バックグラウンド
  • ウェイクアップ ブランドロゴ(ライト)
  • アウェイク状態のブランドロゴ(ダーク)

[保存(Save)] をクリックして変更を適用します。

画像の表示方法の詳細については、例を参照をクリックしてください。

組織レベルでブランド設定を適用すると、個々のデバイスでのブランド設定が上書きされます。

1

Control Hub の顧客ビューから、デバイスに進みデバイスを選択します。 [サポート] に移動し、[Web ポータル] をクリックします。

管理者またはインテグレータユーザセットアップをお持ちの場合、 https://<endpoint ip または hostname>からブラウザでデバイスローカルのウェブインターフェースにサインインできます。

2

詳細設定ページから、セットアップそしてパーソナライズに進み、ブランディングタブを開きます。 このページから、独自のブランディング要素(背景ブランド画像、ロゴ)を部屋または机デバイスに追加できます。

1

Control Hub の顧客ビューから、デバイスに進み、設定をクリックします。 ブランディングにスクロールします。

2

すべてのデバイスでシスコのデフォルトの画像を使用するを選択して、組織内のすべてのデバイスにデフォルトのブランドを設定します。