この記事は WBS40.9 以降のサイトに適用されます。 以前の Webex のバージョンをお持ちの場合は、ここでミーティングを参加する方法を学習することができます。

ミーティングやイベントに参加者が 2 人以上いる場合は、3 つの異なるビデオ表示を切り替えることができます。

  • 発言者ビュー

  • 発言者ビューとサムネイルビュー

  • グリッドビュー

これらのビデオ レイアウトのそれぞれを使用するメリットがあります。 ミーティングまたはイベント中のアクティブなスピーカー数および参加者数にもとづき、随時ビューを変更することができます。

ミーティングとイベントの最大容量の詳細については、 Webex セッションまたはコールの参加者の最大数を確認してください。

フローティング ビューでは、他のスピーカーをフルスクリーンで表示できます。 画面の右上の を選択します。


セルフビュー ビデオの基本設定を変更し、ビデオ に現れないすべての参加者を非表示にすることで、ビデオを示すユーザーに焦点を当てることができます。

グリッド ビューでは、最大 25 人の参加者を同時に表示することができます。これには 25 個のうち最大 6 個のビデオ ストリームがビデオ システムから提供されます。 このビデオ レイアウトは、複数のアクティブなスピーカーにフォーカスしたい場合、または参加者中のより大きなグループと共同作業する時などに便利です。

サムネイル ビデオの並べ順は、主催者およびプレゼンタの役割をもつ人、最近発言した人、ビデオを表示している人、およびアルファベット順に基づいています。 最近発言した参加者が最初に表示され、その後にビデオを表示している参加者が続きます。 最初に 6 個のサムネイル ビデオにフォーカスをロックすることできます。

参加者が 25 人以上いる場合、次のビデオまたは前のビデオアイコンを選択して映し出す相手を調整します。

フローティング ビューでは、参加者やビデオ パネルに関連したチャットなど、他のパネルの配置場所をコントロールできます。 2 台目のモニターに移動したり、サイズを変更したりすることもできます。

アクティブなスピーカー ビューには発言中の参加者が全画面で映し出されます。 このビデオ レイアウトは、1 対 1 の会話や少人数のミーティングに最適です。 アクティブ スピーカー ビューは、2 人のミーティングで使用されるビデオのみのレイアウトです。

アクティブなスピーカーとサムネイルのビューでは、発言中の参加者がプライマリビデオに映し出され、その他の参加者が最大 5 個のサムネイルビデオで映し出されます。 このビデオレイアウトは、アクティブなスピーカーをフォーカスしながらも、その他の参加者も映し出したい場合に便利です。 アクティブなスピーカーとサムネイル ビューは、ビデオ専用のレイアウトでデフォルトです。

サムネイル ビデオの並べ順は、主催者およびプレゼンタの役割をもつ人、最近発言した人、ビデオを表示している人、およびアルファベット順に基づいています。 最近発言した参加者が最初に表示され、その後にビデオを表示している参加者が続きます。 最初に 6 個のサムネイル ビデオにフォーカスをロックすることできます。

[次のビデオ] および [前のビデオ] アイコンを選択し、サムネイルビデオで映し出す参加者を指定します。