仮想デスクトップインフラストラクチャ

従来のデスクトップの代わりに VDI を使用すると、シンクライアントとホストされた仮想デスクトップがあります。

シンクライアントは、デスクトップコンピュータよりも一般的に低コストで強力なデバイスです。 組織では、シンクライアントとして、より性能の低い古い Pc を使用している場合があります。 ホストされた仮想デスクトップは、データセンターと呼ばれる中央サーバーの場所に存在します。 ホストされた仮想デスクトップには、

  • Microsoft Windows デスクトップ

  • アプリケーション (Webex Teams など)

  • データ

シンクライアントを使用して、安全な Citrix または VMware 接続を介して、ホストされた仮想デスクトップにアクセスします。

Webex Teams は VDI と連携します。 しかし、主催された仮想デスクトップを通じて音声およびビデオ通話に必要な追加データを送信すると、通信遅延が生じます。 この制限は「迂回」エフェクトと呼ばれます。

VDI で Webex Teams

Webex Teams VDI シンクライアントは、音声とビデオ通話のサポートを追加するソフトウェアです。 データは、ホストされた仮想デスクトップを経由しないため、迂回効果はありません。

Windows 版 Webex Teams のサポートされているバージョンでは、ユーザーは組み込みのメッセージング、ミーティング、およびチームのコーリング機能をシン クライアントで使用することができます。 さらに、ユーザーは通話環境でサポートされている通話機能を使用することができます (Webex Teams (統合型 CM) または Webex Calling 展開)。 VDI ソリューションはメディア ストリームを最適化します。 音声およびビデオ ストリームは、HVD を通さないで、シン クライアント間で直接送信されます。

ダウンロード

Windows VDI ソフトウェアダウンロードの Webex Teams は、https://www.webex.com/downloads/teams-vdi.html から入手できます。

管理者

管理者は、サポートされている機能、環境の準備方法、および Webex TeamsVDI ソリューションの展開方法についての詳細について、仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) のための Cisco Webex Teams の展開ガイドを参照してください。

機能の制限

Windows および Linux VDI の Webex Teams は、特に記載されていない限り、Windows の機能のほとんどの Webex Teams をサポートしています。 例外のリストについては、以下を参照してください。

  • Webex Teams コールまたはミーティング中の画面またはアプリケーション共有の注釈

  • アプリケーション共有

  • 卓上電話のコントロール

  • シン クライアント アプリとの近接通信ペアリング

  • 音声による画面共有