この機能は、クラウドに録画されているビデオ中心のネットワークベースの MP4 録画で利用できます。


共有ファイルまたはホワイトボード共有を使用してミーティングまたはイベント中にコンテンツを共有する場合、MP4 録画はビデオ中心形式で保存されません

この機能は、Cisco Webex ビデオ プラットフォーム バージョン 2.0 を必要とします。 使用しているバージョンを確認するには、[Cisco Webex Meetings バージョン番号の確認] を参照してください。 この機能は、主催者のコンピューター上でローカルに記録されたミーティングおよびイベントでは利用できません。

デフォルトの画面レイアウトを変更すると、新しいデフォルト設定が転送する録画に適用されるようになります。 既存の録画のレイアウトは変更されません。

デフォルトでは、WBS40.9以降のサイトは、コンテンツを共有していないときはグリッド ビューを、コンテンツを共有しているときはサムネイル ビューを自動的に使用します(サイト管理者がデフォルトを他の値に設定していない場合)。 お気に入りの録画レイアウトを以前のコンテンツのみのビューに設定している場合、コンテンツを共有しているときとしていないときの両方に対して、これはデフォルトのままになります。

コンテンツを共有していない場合の画面レイアウト オプション

WEB_recording-pref_no-shared-content-layouts

グリッド ビューは、誰もコンテンツを共有していないときに、画面のメイン部分にアクティブなスピーカーを表示します。

アクティブなスピーカーとサムネイル ビューは、誰もコンテンツを共有していないときに、画面のメイン部分にアクティブなスピーカーを表示します。 アクティブなスピーカーと最大 4 人の参加者のビデオ サムネイルが、画面上部に表示されます。

アクティブなスピーカー ビューは、誰もコンテンツを共有していないときに、画面のメイン部分にアクティブなスピーカーを表示します。

ブランク ビュー コンテンツが共有されていない場合、空のビューには空白の画面が示されます。

コンテンツを共有している場合の画面レイアウト オプション

WEB_recording-pref_shared-content-layouts

サムネイル ビューでは、 画面のメイン部分にコンテンツ、アクティブなスピーカーのビデオサムネイル、および他の4人までの参加者が画面の上部に表示されます。

アクティブなスピーカー ビューでは、画面のメイン部分にコンテンツ、右上隅にアクティブなスピーカーの大きなサムネイルが表示されます。

コンテンツのみのビューには、画面のメイン部分ののみ共有コンテンツが表示されます。

1

Webex サイトにサインインします。

2

モダン ビューで、左のナビゲーション バーから [基本設定] を選択し、[録画] タブを選択します。

3

希望の [録画レイアウト] オプションを選択します。

4

[保存] をクリックします。