Webex Meetings のメール テンプレートの形式

WBS39.5 の更新以降、 Webex Meetings の招待状テンプレートに次の更新が適用されました。


カスタム Webex Meetings のメール テンプレートで変数を変更した場合、次の更新の一部が表示されない場合があります。 各メール テンプレートには独自の一式の変数が含まれています。 変数はメールの件名と本文の間、または 1 つのテンプレートから別のテンプレートにコピーペーストしても機能しません。 変数はテンプレート間で共有されることはありません。

  • カレンダーに追加 機能が削除されました。 ユーザーは ICS 添付ファイルをダブルクリックして、招待状を自分のカレンダーに追加するか、またはメール アプリケーションで招待を承諾することができます。

  • Webex サイトのミーティング スケジューラからスケジュールされたミーティングについては、メール テンプレートはデフォルトで iCalendar 形式になっています。ただし、この機能を使用したくない場合は、iCalendar 形式を無効にすることができます。

  • ビデオ プラットフォーム バージョン 2 の短い URL を有効にするを使用すると、「Microsoft Lync または Microsoft Skype for Business を使って参加する」セクションが「ビデオ システムまたはアプリケーションから参加する」のセクションが組み合わされます。同じビデオ アドレスがビデオ システムおよび Lync または Skype for Business で使用されているためです。

  • ミーティングに参加するためのリンクがボタンに置き換えられました。 メール テンプレートの HTML を変更して、参加ボタン コードを参加リンクと置き換えることができます。

  • Meeting Center 招待 PCM (生産性向上ツール) Cisco Webex メールテンプレートは Mac でのみ使用されていたため、廃止されました。 Windows および Mac の MC MeetingInfo For Attendee_PCM (生産性向上ツール) メールテンプレートを統合しました。。 Mac と Windows ユーザーが異なるメールテンプレートを使用すると、Mac のメールテンプレートは Windows のメールテンプレートによって上書きされます。

  • サイト管理の新しいユーザー エクスペリエンスを利用しない場合、サイト管理者はサイトでこの機能を無効にすることができます。

Webex Events のメール テンプレートの形式

WBS39.7.4 の更新により、カスタマイズしたメール テンプレートを含む Events メール招待状テンプレートを最大限活用して、次の更新が適用されました。 他のすべてのカスタマイズは同じままです。

すべての Webex Meetings テンプレートに加えられたビジュアルボタンおよび iCalendar の変更は、以下のような機能を持つほとんどの テンプレートにも適用されます。

  • カスタマイズされたテンプレートを変更していない既存の顧客には影響しません。

  • テンプレートのカスタマイズを引き続き希望するユーザーは、まずデフォルトのメール テンプレートに戻し、それから再びテンプレートを更新する必要があります。

  • ユーザーは、直接アップロードされた時点で、または WBS39.7 までに、ヘッダーまたはフッター画像を招待状に追加することができなくなります。 ただし、WBS39.7.4 から、ユーザーはテンプレートのカスタマイズ中に HTML コードを直接変更することで、ヘッダーとフッターの画像を組み込むことができます。


ロックダウンと非ロックダウンの両方のユーザーがこの変更を受け取りました。

クラシック ビューとモダン ビューの両方でこの変更を受け取りました。