スペースの告知をオンにすると、そのスペースにいる他のユーザーには変更が通知されます。

通知スペースを作成すると、モデレーター、ボット、およびインテグレーションのみが投稿できます。 他のユーザーは、通知を読んだり、ファイルを表示したり、ミーティングに参加したりすることのみできます。 ユーザーがスペースに参加または退出するとき、またはメッセージを削除したときにシステムメッセージも依然として表示されます。

自分がモデレーターを務めるスペースでは、[スペースの情報] に進み、[告知モードをオンにする] を選択します。 スペースの自分と他のモデレーターには、メッセージエリアの [告知] アイコンが表示されます。 スペースの他のユーザーには、このアイコンは表示されません。

モデレーターが存在しているスペースで、アクティビティメニュー に進み、[情報] を選択し、[告知のみ] をオンにします。 スペースの自分と他のモデレーターには、メッセージエリアの [告知] アイコンが表示されます。 スペースの他のユーザーには、このアイコンは表示されません。

自分がモデレーターを務めるスペースでは、[スペース設定を表示]に進み、[告知モードをオンにする] を選択します。 スペースの自分と他のモデレーターには、メッセージエリアの [告知] アイコンが表示されます。 スペースの他のユーザーには、このアイコンは表示されません。