WBS40.10.10

新しいスローチャネルリリースバージョン 40.10.10

スローチャネルの新たなリリースバージョン 40.10.10 には数多くの革新的な機能があります。なかでも特に重要なのが、今回のリリースで新たに追加された、Webex Meetings をより直感的かつ使いやすくする、シンプルでありながら強力なユーザーエクスペリエンスです。 今回のリリースでは、バーチャルブレイクアウトセッション、共同主催者ロール、新たなミュートコントロールなど、トレーニング機能に関する大幅な機能強化もあります。

この新しいスローチャネルリリースにアップグレードする方法については、こちらの Webex ソフトウェアチャネルを参照してください。

新しくなった直感的かつシンプルなユーザーインターフェイス:

プレビューウィンドウの強化 – [ミーティングに参加] ボタンの上に表示されるようになったコンテキストメニューのオプションを使用して、新しい、より大きくなったプレビューウィンドウで音声とビデオの設定を簡単に調整できます。

新しいミーティング内コントロール – 画面の下部からいつでもミーティングコントロールにアクセスできるようになり、ビデオや共有コンテンツの邪魔にならないようになりました。

簡単にアクセスできるように、基本的なミーティングコントロールは以前同様中央に表示され、パネルコントロール(参加者とチャット)は配置が右側に変更されて選択時に開くようになっています。

ボタンがより直感的になり、アイコンやテキストラベル、ショートカットメニューの統一感が増して認識しやすくなったため、ユーザーは迷うことなく簡単にミーティング内設定を変更できます。

コントロールバーを非表示にする - プレゼンタモードではない場合、コントロールバーにマウスを移動して [コントロールバーを非表示] ボタンを表示するか、[表示] メニューに移動することで、下部にあるコントロールバーを非表示にできます。 CTRL+SHIFT+Q を使用してコントロールの非表示/表示を切り替えることもできます。

テーマ - [表示] メニューから利用できる、標準のライトテーマまたは新しいダークテーマでミーティングウィンドウを表示するかどうかを選択できます。 照明の状態に適したテーマを選択して、目のストレスを軽減します。

デスクトップアプリのビデオレイアウトの強化 - ミーティングとイベントに参加するときのビデオレイアウトを一部大幅に改善しました。 よりインタラクティブで直感的になったエクスペリエンスに関する主なポイント:

  • Meetings でコンテンツが共有されない場合、グリッドビューがデフォルトになります。 これにより、コラボレーション感がさらに増します。

  • Events では引き続き、アクティブなスピーカーとサムネイルのビューがデフォルトとなります。

  • 管理者は、各自のサイトの Meeting および Events 用に(コンテンツ共有がないとき)既定のビデオビューを設定することができます。

  • ユーザーは右上の操作パネルから「発言者のビデオビュー」または「発言者とサムネイルのビデオビュー」にビューを切り替えることができます。

  • ユーザーは自分のビューが他の参加者のビデオと一緒に表示され、より自然なエクスペリエンスを得ることができます。 または、自分のビデオビューをフローティング表示させたい場合、「フローティングウィンドウで自分のビューを表示」をクリックします。

  • ユーザーは「ビデオなしの参加者」を非表示にすることで、ビデオを有効にしている参加者だけを映し出すことができます。


グリッドビューで表示できるのは最大 6 個のビデオ会議システムからの同時ストリーミングに限られています。

ミーティングに導入されるトレーニング機能

ビデオブレイクアウトセッション - 新しいビデオブレークアウトセッションを使用すると、組織や学校のオンライントレーニングを強化したり、小さなグループでのコラボレーションを簡単に実現することができます。 主催者は、ブレイクアウトセッションを複数作成し、出席者を自動または手動で割り当てることができるようになります。

共同主催者 - Webex には、ミーティングとブレイクアウトセッションの管理を支援する共同主催者も導入しています。 共同主催者は、出席者のミュートや参加者の招待とリマインド、ミーティングロビーの管理などを行うことができます。

強化されたミュート コントロールと音声プライバシー

見つけやすい [すべてミュート] と [すべてのミュート解除] ボタン - [すべてミュート] ボタンと [すべてのミュート解除] ボタンが参加者パネルのすぐ下に配置され、見つけやすくなりました。

[参加時にミュート] を使用した [すべてミュート] - デフォルトでは、ミーティング中に [すべてミュート] または [参加時にミュート] から直接別の参加者をミュートすると、その参加者は手動で自身をミュート解除できるようになります。 これは、小規模で会話の多いミーティングには効果的ですが、大規模なミーティングやクラスルームでは、参加者がミュート解除を許可される際に他のモデレーションが必要になる場合があります。

この更新により、主催者と共同主催者は、参加者による自身のミュート解除を許可するかどうかを選択できるようになりました。 この設定のチェックがオフになっている場合、参加者の [ミュート解除] ボタンは無効になります。

[参加時にミュート] を使用した [すべてミュート] - [すべてミュート] をクリックすると、デフォルトで [参加時にミュート] もオンになるため、ミーティングに遅れて参加するユーザーもその時点からミュートに設定されます。 同様に、[すべてのミュート解除] をクリックすると、[参加時にミュート] が自動的にオフになります。 これにより、ミーティングでのミュート管理をより直感的に操作できるようになります。 [参加時にミュート] は引き続きオン/オフに個別に切り替えることができます。

ミュート解除と音声プライバシー - さらに、主催者または共同主催者が参加者をミュート解除すると、その参加者がそのままミュート解除されるのではなく、ミュート解除するかどうかを確認するメッセージが参加者に表示されます。 これにより、ミーティングでの集中力が乱されたり、想定外にミュート解除された参加者が困惑したりするのを防ぐことができます。

周囲のノイズを消去

バックグラウンドのノイズを発生させずにコラボレーションを継続できます。 [周囲のノイズを消去] 設定がオンになっている場合、デスクトップアプリにより、ユーザーの音声が聞き取りやすくなると同時に、バックグラウンドの犬の吠える声や家のリフォーム作業などのノイズが除去されます。

今回のスローチャネルのリリースの一部として利用できるようになる機能がまだまだ用意されています。 「Webex Meetings の新機能」、「Cisco Webex Meetings のスローチャネルの新機能」を参照してください。

最新の更新によるロックダウンの更新についての詳細は、「最新の更新からの Webex Meetins の共有コンポーネント」を参照してください 。 最新リリースに関する詳細については、「Webex Meetings の最新チャネルの新機能」を参照してください。

WBS40.6.8

新しいスロー チャネル リリース バージョン 40.6.8

新しいスロー チャネル リリース バージョン 40.6.8 は、スロー チャネルのユーザーが利用できるより優れた専門知識と機能を備えています。 このリリースでは、当社のスロー チャネルのお客様は、ユーザーと管理者を楽しませるための優れた新しい Webex ミーティング機能を提供できるようになりました。 Webex ソフトウェアチャネルの詳細については、こちらを参照してください。

このリリースの主なハイライトは以下の通りです。

  • 背景のぼかしと置換 - ユーザーは、Mac および Windows からミーティングやイベントに参加するときに、Cisco が提供する仮想背景のいずれかを選択して、背景をぼかすか、変更することができるようになりました。

  • 最も手軽で最も直観的な参加方法 - Webex Meetings に参加することで非常に早くなります - ミーティングに参加するための少ないクリック回数と時間の短縮! 「デスクトップの最新の Webex Meetings 参加エクスペリエンス」を参照してください。

  • Webex Meetings の Webex Assistant、 ミーティングの AI による Webex Assistant は、音声コマンドを使用したユーザーとの対話、メモ、アクション項目、リマインダーに役立ちます。 詳細については、「Webex Meetings の Cisco Webex Assistant」を参照してください 。

  • イベント中の任意のプラットフォームへのライブ ストリーミング -ライブでイベントをストリーム配信し、大人数の出席者と接続します。 詳細については、「Webex Meetings またはイベントをライブストリーミングする」を参照してください。

  • 強力なトラブルシューティングと診断 - 管理者は、リアルタイムでミーティング関連の問題を診断し、トラブルシューティングを行うことができるようになりました。 進行中のミーティングの音声、ビデオ、共有品質を確認する機能により、管理者はユーザーが最高の Webex ミーティングの操作性を得られない問題の根本原因を分析することができます。 詳細については、「Control Hub での高度な診断とトラブルシューティング」を参照してください。

新しいスロー チャネルのリリースが利用可能になると、以前のロックダウン バージョンのすべてのバージョン39.5 は、 2020 年 8 月 14 日にサポート終了になります。 Cisco は 2020 年8月14日以降、39.5 リリースにパッチやバグ フィックスを提供しなくなります。 さらに、39.5 リリースは、 2020 年 11 月 13 日に終了します。 40.6.8 以降に更新されていないサイトは、2020 年 11 月 13 日 までにアップデートされ、最新の利用可能なスロー チャネルリリース バージョンの更新時に自動的に更新します。

新しいリリースでサイトを更新する方法

新しいスロー チャネルのリリースに更新し、組織内のコラボレーションを強化するために、お客様が満足していることは確かです。 Cisco Webex Control Hub、または Webex サイト管理ポータルは、数回クリックするだけで、サイトをセルフアップグレードするための機能が提供されます。 詳細については、Cisco Webex Meetings ビジネス Suite のソフトウェア チャネル をお読みください。


サイトが Cisco Webex Control Hub の Cisco Collaboration パートナーによって管理されている場合、パートナーがセルフアップグレード機能を無効にしている可能性があります。 この場合は、お客様のサイトを更新するために、パートナーに連絡してください。

その他の通知

  • Meetings のクラシック ビューの廃止 - Webex モダン ビュー 40.9 の更新以降、すべての Webex Meetings 機能に対して、クラシック ビュー ポータルが廃止されます。 顧客は Webex Events および Webex Training 機能に引き続きアクセスできますが、クラシック ビュー インターフェイスから Webex Meetings 固有の機能にアクセスすることはできなくなります。 詳細は、モダンビューでサポートされている機能で確認してください。

  • Microsoft® Windows 7およびInternet Explorer 10のサポート終了


    更新:Windows 7 のサポート延長

    2020 年 9 月(40.9)の更新で、Windows 7 オペレーティングシステムのサポート終了について発表しました。 Mozilla Firefox、Google Chrome、および Microsoft Edge での Windows 7 サポートは、2021 年 6 月まで継続します。 シスコでは引き続き Windows 7 に対するバグ修正と更新を提供します。

    Internet Explorer を使用する Windows 7 のユーザーに対して、Microsoft がサービス終了を告知するまでの間、シスコは Internet Explorer 11 をサポートします。 最高のエクスペリエンスを得るために事前に OS とブラウザをアップグレードしておきましょう。

    次回の 40.9 アップデートにより、Cisco Webex は正式に Windows 7 OS および Internet Explorer 10 ブラウザのサポートを終了します。

    シスコはこれらの OS およびブラウザのためのバグフィックスや更新は今後提供しません。 これらのプラットフォームを利用するユーザーは今のところ、ミーティングに参加したり開始することはできます。しかしすべての動作が正常かどうかは保証できません。 最高のミーティングエクスペリエンスを得るため、OS とブラウザをアップグレードしておきましょう。

    これらのプラットフォームのユーザーが今後 Webex に参加することを防ぐために、日付の確立に積極的に取り組んでいます。 日付を入力すると、高度な通知が提供されます。

WBS39.5.26 のロックダウン更新

新しい Webex Meetings モバイルアプリの最小バージョン - セキュリティ強化のため、サイトで GCM が有効になっている場合、すべての Webex モバイルユーザーは、次のミーティングに参加する前に最新のモバイルアプリバージョンにアップグレードするように求められます。 モバイル デバイス管理 (MDM) を使用している顧客は新しいアプリを展開する必要があります。または、ミーティング参加のエクスペリエンスは、MDM コントロール デバイスで停止します。

WBS39.5.25 のロックダウン更新

Cisco Webex は、Covid-19 から生じる状況により、Webex サイトに対してこれまでにない量の新しいトラフィックを得ています。 お客様のビジネス継続性を維持するために、当社のサービスを最適化するためにいくつかの変更を行う必要がありました。 新しいデスクトップ アプリのバージョンはこれらの変更により生じます。 お客様の Webex サービスを維持するには、バージョン 39.5.25 にアップデートしていただく必要があります。

トラフィックが増加することで、不正なアクターによるミーティングへの不正アクセスに対応するためにさらに努力が必要であることにも気が付きました。 ミーティングとビジネスが安全であることを確実にするために、すべてのミーティングでパスワードを強制する必要があります。 Cisco Webex は 2020 年 7 月 10 日に自動的にサイトのパスワードを強制します。 それより前にデスクトップ アプリのバージョン 39.5.25 を展開する必要があります。 デスクトップ アプリには新しい Microsoft Outlook プラグインも含まれており、パスワードが強制されている時にはユーザーがミーティングに影響を与えないようにしています。 パスワードを強制した後に作成されたミーティングには、自動的にパスワードが作成されます。 パッチ アップデート バージョン 39.5.25 は、2020 年 7 月 10 日以前に作成されたミーティングがユーザーの編集時に自動的にパスワードを取得しないように保証します。

パスワード要求の施行を行っても、出席者の参加エクスペリエンスには影響しません。 例えば、参加者はパスワードを入力せずにメール、Webex Meetings モバイル アプリ経由で送られてきたミーティング招待状に記載されている URL をクリックするだけで手軽に会議に出席できます。 ミーティングに参加するために、Web ページ上でミーティング番号を入力するユーザーは、パスワードを入力する必要があります。 電話またはビデオ デバイスを使用して出席者がミーティングにダイヤルインするように設定されている場合でも、電話またはビデオ デバイスを使用して参加する出席者にパスワードを要求するように、管理者がサイトを構成することを強くお勧めします。

パスワードの強制の詳細については、この記事をお読みください。

WBS39.5.22 のロックダウン更新

ミーティング数の増加 - Covid-19 から発生した前例のない状況により、多くの教育、商業、公共機関が、リモート作業のために Webex Meetings ビジネスSuite を利用するようになりました。 ミーティングのトラフィック量が膨大に膨れ上がったことで、Cisco Webex のミーティング番号がすぐに足りなくなりました。 この問題を解決するために、Webex Meeting、Events、Training と Support セッションの番号が 9 桁から 10 桁に移り、さらに今後すぐに 11 桁に移る予定です。 この 10 桁のミーティング番号への変更は 2020 年 2 月 15 日に予定されており、status.webex.com/maintenance のクラスターに基づいてサイトの日付を見つけることができます。

また、当社では、Webex Meetings デスクトップ アプリの更新を管理するための新しい方法を提供しています。40.4 では、ロックダウンのコンセプトはスロー チャネルに置き換えられます。 スローチャネルでは顧客がデスクトップアプリのアップデートを管理するために、予定に基づいた回数と頻度で提供されます。

WBS39.5.22 および以前の更新に付随する機能と解決済みバグの詳細については、次を参照してください。

WBS39.5.18 のロックダウン更新

新しいロックダウン バージョン、WBS39.5.18 を利用することができます。 新しいロックダウン バージョンが利用できるようになりました。2020 年 2 月 28 日に、WBS33.6 のサービス終了日もユーザーにリマインドします。 サイトをアップグレードする方法の詳細については、「Webex サイトを手動でアップグレードする」を参照してください。

WBS39.5.18 および以前の更新に付随する機能と解決済みバグの詳細については、次を参照してください。

WBS39.5.17 のロックダウン更新

新しいロックダウン バージョン、WBS39.5.17 を利用することができます。 新しいロックダウン バージョンが利用できるようになりました。2020 年 2 月 28 日に、WBS33.6 のサービス終了日も発表いたします。 サイトをアップグレードする方法の詳細については、「Webex サイトを手動でアップグレードする」を参照してください。

WBS39.5.17 および以前の更新に付随する機能と解決済みバグの詳細については、次を参照してください。

39.7.x 一時ロックダウンの削除


一時ロックダウンの削除は、WBS 39.7.x でロックダウンされているサイトに対してのみ適用されます。

2019 年 12 月 20 日時点で、一時ロックダウンの削除日時が 2020 年 3 月 21 日に延期されました。 一時ロックダウンサイト上のすべての顧客には、一時的なロックダウンを準備するために、別のコミュニケーションが送信されました。 次のセクションでも削除の日付を更新しています。

2019 年 9 月に、サイト管理者に対し、ユーザーが一貫したミーティング エクスペリエンスを継続して経験できるように、サイトが一時ロックダウンしたことをお知らせしました。(メール件名「サポートしていない構成のためデスクトップ アプリケーション ロックダウンが適用されます」)。 この一時ロックダウンで残りのサイトについては、39.10 更新と同じ時間のロックダウンを自動的に削除するプランを定めています。

公開されたスケジュールに従って Webex Meetings 39.10 の更新をお届けする予定です。これは 2020年1月10日 年 1 月 10 日に一時ロックダウンから削除された後になります。 サイトのロックが解除されると、ユーザーは 39.10 デスクトップ アプリを自動的に受信します。 将来的には、ユーザーは利用可能になったときに、デスクトップ アプリの更新も引き続き自動的に受信するようになる予定です。

サイトのロックが解除されると、「新機能」に記載されているすべての機能がユーザーに表示されます。 デスクトップアプリと生産性向上ツールに適用される主な変更については以下に記載します。

生産性向上ツール: Webex 生産性向上ツールは Microsoft Outlook、IBM Lotus Notes、および他のアプリケーションとのインテグレーションを提供します。 生産性向上ツールを使えばユーザーは Webex サイトに移動しなくても迅速に Webex ミーティングをスケジューリング、開始、参加することができます。 生産性向上ツールのインストールとデスクトップアプリのインストールは以前統合されました。 しかし、39.10 から、生産性向上ツールには別のインストール パッケージを作成しています。

デスクトップ アプリ: デスクトップ アプリは、デスクトップからミーティングを開始またはミーティングに参加するために必要な Webex Meetings アプリケーションです。 このアプリは Webex Meetings のためのミーティング内とミーティング前のエクスペリエンスを提供します。 また、ユーザーは生産性向上ツールの連携が利用できる場合は Microsoft Outlook でミーティングをスケジュールすることもできます。

39.10 の重要な変更の概要

  • 生産性向上ツールとデスクトップアプリのインストールパッケージが分離されました: 生産性向上ツールとデスクトップ アプリのインストール パッケージを分離しました。生産性向上ツールのインストールでは、ユーザーがデスクトップ アプリで管理者権限を持っている必要があるため、この変更が必要でした。デスクトップ アプリと生産性向上ツールをパッケージングすることにより、ユーザーはデスクトップ アプリで自動的に更新を受け取ることができます。また、顧客がOffice 365 に移動し、Microsoft AppSource で公開されている Office 365 アドインを使用する場合、デスクトップ アプリを保持している間に生産性向上ツールのみをアンインストールする必要があります。これらのパッケージを分離することで、これらのユースケースの両方を簡単にします。

    生産性向上ツールとデスクトップ アプリのパッケージは、サイトの [ダウンロード] ページで見つけることができます。

  • Webex サイトの管理の自動更新設定を変更する: Webex サイト管理内の [Webex デスクトップ アプリケーションの自動更新...] 設定の名前を、[Webex 生産性向上ツールの自動アップグレード...] に変更しました。 この新しい設定が有効になっている場合、下に示されるようにユーザーは生産性向上ツールの更新を自動的に受け取ります。 この変更により、デスクトップ アプリの自動更新は構成できなくなり、ユーザーに常に配信されます。

  • デスクトップ アプリには管理者権限は必要ありません。 39.10 では、ユーザーは初めてのインストールまたはデスクトップ アプリの更新でデスクトップの管理者権限を必要としません。この変更は Windows および Mac OS の両方のユーザーに適用されます。

生産性向上ツールの管理者権限

Windows

Mac OS

初回インストール

必須

必須

更新情報

必要ありません

必須

デスクトップ アプリの管理者権限

Windows

Mac OS

初回インストール

必要ありません

必要ありません

更新情報

必要ありません

必要ありません

2020 年 1 月 10 日以降、サイトのロックが解除されると、ユーザーは 39.10 デスクトップ アプリを受け取れるようになります。39.10 の更新で更新された新機能および更新された機能についての詳細は、『Webex Meetings 最新版の新機能』を参照してください。

ユーザーが現在 Microsoft Office または IBM Lotus Notes と連携している場合は、注意が必要です。 生産性向上ツールとデスクトップ アプリのインストール パッケージを分離したため、ユーザーがミーティングをスケジュールおよび参加するために両方のパッケージを入手していることを確認します。 下記のアップグレード パスを確認して2020年 1 月 10 日までに準備が完了していることを確認してください。

2020 年 1 月 10 日 日までに、下記のアップグレード パスの準備が完了していることを確認してください。

アップグレードへの道のり

ユーザーには管理者権限がありません

ユーザーは管理者権限を持っている

  • IT 管理者はすべての以前のバージョンの生産性向上ツールとデスクトップアプリの大量アンインストールを行う必要があります。

  • IT 管理者は、39.10.3 またはそれ以降のバージョンの生産性向上ツールを大量にインストールする必要があります。 39.10.3 は、ミーティングパスワードが強制される場合のユーザーへの影響を避けるための最小バージョンです。

  • IT 管理者が 39.10 デスクトップ アプリをインストールすることをお勧めします。代わりに、ユーザーはデスクトップ アプリの右上隅に表示される [更新] をクリックすることができます。

  • 2020 年 3 月 21 日以降、ユーザーはデスクトップ アプリのアップデートを自動的に受け取ります。 サポート ポリシーに合わせて、IT 管理者が生産性向上ツールを更新する必要があります。

39.10.3 または 39.10 より古いデスクトップ アプリのバージョンを生産性向上ツール持つユーザーは、2020 年 3 月 21 日からミーティングのスケジュール、開始、または参加に問題が生じます。

ユーザーのデスクトップデバイスに生産性向上ツールをインストールするために、IT 管理者は Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリと生産性向上ツール (WBS39.10 以降) の大量展開のための It Administrator ガイドに従ってください。

  • ユーザーは新しい 39.10 デスクトップ アプリを自動的に入手します。

  • ユーザーは自動的に生産性向上ツールの最新バージョンを入手します。

    代わりに、IT 管理者はデスクトップ アプリと生産性向上ツールの両方をインストールすることができます。 ユーザーは今後、デスクトップ アプリの更新を自動的に取得します。

    サポート ポリシーに合わせて、IT 管理者が生産性向上ツールを更新する必要があります。 代わりに、管理者は Webex サイト管理または Webex Control Hub から自動アップグレード設定を有効にして、生産性向上ツールの更新を自動的に配信することができます。

生産性向上ツールをインストールするには、ユーザーは次の作業を行うことができます。

アップデートがどのように自動配信されるか

生産性向上ツール

サイト管理で [Webex 生産性向上ツールを自動的にアップグレード] 設定が有効になっており、アップグレードが利用可能な場合、ユーザーには MIcrosoft Outlook に通知アイコンが表示されます。 Microsoft Outlook を再起動すると、更新が自動的にインストールされます。

デスクトップ アプリ

デスクトップアプリの新しいバージョンが利用可能になったら、アプリを再起動することで自動的にアップデートされます。 ユーザーには再起動が求められる [更新] ボタンが表示されますが、アプリが何かしらの理由で再起動した場合、更新が自動的に適用されます。

Cisco は、39.7 のバグ修正またはパッチを提供することができません。 できるだけ早く最新のデスクトップ アプリに対してサイトをロック解除することが重要です。 Cisco は 2020 年 1 月 10 日にサイトをロック解除します。 ただし2020 年 1 月 10 日に 39.10 の更新がサイトに適用される前に、Cisco Support またはカスタマー サクセス マネージャーに連絡して、サイトの一時的なロックダウンをいつでも解除することができます。

WBS39.5.13 のロックダウン更新

WBS39 ユーザーは新しいロックダウン バージョンの WBS39.5.13 を利用することができます。 このメンテナンスパッチには、Catalina サポートへのアクセスを希望する macOS(バージョン 10.15)ユーザーのサポートが含まれています。 Catalina サポート、以前のバージョンのサポート、および注意事項についての詳細は、『macOS Catalina 版 Cisco Webex Meetings サポート』を参照してください。

この更新で解決されたバグの詳細については、『ロックダウン Webex Meetings リリースの未解決バグと解決済みバグ』を参照してください。


2020 年 2 月 28 日までにアップグレードされていないロックダウンサイトは、その時点で最新の 39.5.x に自動的にアップグレードされます。 「Cisco Webex Meetings Suite バージョンの廃止ポリシー」を確認してください。

WBS39.5.11 のロックダウン更新

WBS39.5.11 を新しいロックダウン更新としてお知らせいたします。 現在 WBS33.6.x のロックダウンをご利用のお客様は、WBS39.5.11 にアップグレードすることで、優れた新機能がご利用いただけます。

Webex Meetings の大部分のお客様は、最新の機能が備わった最新版をご利用になっています。 お客様もできるだけ早いタイミングでアップグレードして、是非 Webex Meetings が持つ本来のパワーをお楽しみください。 お客様は、ご利用のサイトを WBS39.5.11 または最新版のいずれかにアップグレードすることができます。

以前のロックダウン更新から、次のような一部の素晴らしい新機能が導入されます。

2020 年 2 月 28 日までにアップグレードされていないロックダウンサイトは、その時点で最新の 39.5 に自動的にアップグレードされることに注意してください。 「Cisco Webex Meetings Suite バージョンの廃止ポリシー」を確認してください。

WBS33.6.16 のロックダウン更新

WBS33 ユーザーは新しいロックダウン バージョンの WBS33.6.16 を利用することができます。 このメンテナンスパッチには、Catalina サポートへのアクセスを希望する macOS(バージョン 10.15)ユーザーのサポートが含まれています。 Catalina サポート、以前のバージョンのサポート、および注意事項についての詳細は、『macOS Catalina 版 Cisco Webex Meetings サポート』を参照してください。

この更新の他の解決済みバグの詳細については、次を参照してください。 ロックダウンの Webex Meetings 更新の未解決バグと解決済みバグ


2020 年 2 月 28 日までにアップグレードされていないロックダウンサイトは、その時点で最新の 39.5 に自動的にアップグレードされます。 「Cisco Webex Meetings Suite バージョンの廃止ポリシー」を確認してください。

WBS33.6 のロックダウン更新

当社の前の更新である WBS33.6 はロックダウン版でした。 2020 年 2 月 28 日までにアップグレードされないすべてのロックダウンサイトは、そのタイミングで自動的に 39.5.x にアップグレードされます。 「Cisco Webex Meetings Suite バージョンの廃止ポリシー」を確認してください。


ロックダウンにすることでデスクトップアプリケーションの自動アップデートが停止されます。お客様は環境が整った時にいつでもアップデートすることができます。 自動更新を回避することは、重要な更新や新しい機能/機能強化の自動配信がされなくなるため、推奨される設定ではありません。 しかし、Webex Meetings をご利用の多くのお客様は、環境やビジネスへの適応性を慎重に評価するため、この自動アップデートを停止しています。 ロックダウンが適用されるのはデスクトップアプリケーションのみです。Cisco Webex Cloud ではすべてのアップデートが自動的に適用されます。