People Insights はどこで利用可能なのか?

People Insights は現在、Webex MeetingsWebex、Jabber で利用できます。 Webex サイトとユーザーは、米国のクラスタの Control Hub にリンクされているか、Control Hub で管理されている必要があります。

Webex Meetings の People Insights は、米国のクラスターサイトでミーティングに参加するホストとユーザーが利用でき、現時点では英語でのみ利用できます。 米国以外の組織から参加するユーザーは、People Insights が有効になっているサイト上のミーティングに参加しているユーザーの公開されている People Insights プロファイルにアクセスすることができます。

People Insights は、Webex でグローバルに利用できます。 Cisco Webex のデータレジデンシーの制限を参照してください

People Insights は、チームメッセージングモードを有効にしている組織の Jabber で利用できます。

People Insights の新機能

新機能に関する最新の情報は、People Insights の新機能 をチェックしてください。

データはどこから入手できますか?

People Insights には、ユーザー名の検索エンジンの結果に表示されているものと同様に、プロファイルで公開されている情報だけが表示されます。 ディレクトリコネクタが有効になっている場合、People Insights では、同じ会社のユーザーに社内ディレクトリ情報も表示します。 外部ユーザーは社内ディレクトリ情報を見ることができません。

People Insights データベースは、ログインまたはペイウォールの背後を見ることはありません。つまり、プロファイルには、Facebook や LinkedIn などのようなサイトのコンテンツが、これらのリンクがプロファイルで表示されている場合でも、表示されません。

People Insights の詳細については、テクニカルペーパー「People Insights: ユーザーのコラボレーション エクスペリエンスの作成」を参照してください。

プライバシー

People Insights は、データ保護とプライバシーを考慮して設計され、GDPR の要件に準拠しています。 この機能により、ユーザーは公開プレゼンスとデジタルフットプリントを見ることができ、データの主題に関する権利を尊重する機能を利用することができます。

あなたは People Insights のプロファイルを完全に所有しており、写真を変更したり、雇用や学歴を変更することができます。 プロフィールの個別のセクションを非表示にしたり、情報を非公開にすることもできます。

Cisco Trust Center のデータ保護 & プライバシー プログラムの詳細についてご覧ください。

People Insights の使用方法

Webex サイトで People Insights を有効にするには:

Webex Meetings で People Insights を使用するには:

Webex で People Insights を使用するには:

フィードバックを送信するか、問題を報告する

People Insights に関するフィードバックを送信したり、プロファイルの問題を見つけたりするには、プロファイルから直接レポートを作成します。 こうすることで、People Insights サポート チームは迅速に対応するために必要なすべての情報を得ることができます。

プロファイルが間違った人にリンクされている場合は、 を選択し、[間違っている人] を選択してください。

他のフィードバックを送信するには、プロファイルの下部までスクロールし、[People Insights についてのフィードバックを送信] を選択してから、フィールドをクリックして、提供するフィードバックのタイプを選択します。