Webex Assistant は Webex Meetings バージョン 40.4 以降で利用できます。

この機能には、ビデオシステムから会議に参加できる Cisco Webex ビデオプラットフォームバージョン 2.0 が必要です。 使用しているバージョンを確認するには、「Cisco Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

Webex サイトで Webex Assistant が有効になっている場合、ミーティング主催者はミーティング中に Webex Assistant をオンまたはオフにすることができます。 ミーティングの開始時、常に Webex アシスタントをオンにする場合は、[スケジュール] 設定の [Webex アシスタント] オプションをオンにします

Webex Assistant が有効になっている場合、主催者の画面の左下に表示されます。 Webex Assistant を非表示にすることはできません。

Webex Assistant が左下に表示される

主催者が Webex Assistant をオンにすると、音声のアナウンスを行えるようになり、Webex Assistant は音声ハイライトを保存できるようになります

各参加者には、参加時にミーティング内に Webex Assistant があることが通知されます。 参加者は画面の左下にある Webex Assistant を確認すること、または Webex Assistant は音声のハイライトを保存できるという アナウンスを聞くこと、またはその両方ができます。


Cisco Webex Teams または Cisco Webex Room または Desk デバイスから参加する出席者には、Webex Assistant は表示されません。

1

Webex Assistant をオンにするには、Webex Assistant にカーソルを合わせてWebex Assistant[Webex Assistant をオンにする] を選択します。

Webex Assistant をオンにする
2

Webex Assistant をオフにするには、Webex Assistant にカーソルを合わせてWebex Assistant[Webex Assistant をオフにする] を選択します。

Webex Assistant をオフにする
3

コンテンツを共有しているときに、画面の上部にあるフローティング バーの Webex Assistant にカーソルを合わせ、[Webex Assistant をオンにする] を選択します。

Webex Assistant がオンになっているフローティング バー

Webex Assistant をオフにするには、[Webex Assistant をオフにする] を選択します。

Webex Assistant がオフになっているフローティング バー

Webex Assistant が有効になっている場合、主催者の画面の右上に表示されます。 Webex Assistant を非表示にすることはできません。

主催者が Webex Assistant をオンにすると、音声のアナウンスが有効になり、Webex Assistant は音声ハイライトを保存できるようになります


Cisco Webex Teams から参加する出席者には Webex Assistant は表示されません。

Webex Assistant をオンにするには、[Webex Assistant]Webex Assistant[Webex Assistant をオンにする] の順にタップします。

Webex Assistant をオンにする

Webex Assistant をオフにするには、[Webex Assistant]Webex Assistant[Webex Assistant をオフにする] の順にタップします。

Webex Assistant を無効にする