デジタル信号を使用すると、ユーザのビデオおよびスタティック画像をミーティング間で、または Cisco Webex Shareアイドル状態のときに表示される画面上で表示できます。広告コンテンツを表示してブランドを宣伝できますが、訪問者や社内従業員の発表や情報も表示できます。

デジタルサイネージを利用するには、AppSpace などのサードパーティプラットフォームにアクセスする必要があります。

Webex 共有 2 分間動作しない状態が続くと、看板モードに入ります。会議中に画像が表示されない、画面が共有されない、カレンダーの予定されたカレンダーイベントが表示されません。

静止画像を使用する場合は、次の仕様に注意してください。

  • 最大解像度は 1920x1080 です。アップロードした画像が大きい場合は、AppSpace によってサイズが変更されます。

  • サポートされている静的イメージファイル形式は .png と .jpeg です。

ビデオを使用する場合は、次の仕様に注意してください。

  • コンテナ形式: .mp4

  • ビデオエンコーディング: H.264

  • B フレームはありません。Zerolatency ブレーキを使用してビデオをエンコードする場合は、[調整 (チューン)] パラメータを選択し ます。

推奨する H. ビデオの 264 設定は次のとおりです。

  • 主なプロファイル

  • レベル 4.2

  • 30 フレーム/秒の 1920x1080 の最大解像度と最大フレームレート。これらの設定を超えると、ビデオは再生されません。Webex 共有が次のビデオを受信すると、通常のビデオ再生が再開されます。

  • Web ストリーミングビデオ用に最適化します。

ビデオをストリーム配信する場合は、低帯域幅モードを無効にします。


画面表示設定は、デジタル信号の画像に影響を与えます。静止画像がゆがんでいるか画質が悪い場合は、テレビの表示設定を変更します。例えば、一部のディスプレイメーカーでは、鮮明度を低く設定したり、 画像モードコンピュータまたは同等の形式に変更したりすることができます。詳細については、TV に付属しているマニュアルを参照してください。

デジタル信号を設定すると、次のスタンバイ設定が変更されます。

  • 待機する > コントロール はオンにリセットされます。

  • スタンバイ > 遅延は、120 分とスリープモードにリセットされます。これは、デバイスがスリープモードに入るまでの遅延時間です。

HTML5 はサポートされていません。

詳細については、以下のデジタル信号のための AppSpace のドキュメントを参照してください。 https://docs.appspace.com/latest/how-to/configure-wallpaper-for-cisco-webex-share/

始める前に

AppSpace の管理者アカウントと、AppSpace チャネル用の HTTP セキュア URL が必要です。AppSpace サーバが自己署名証明書を使用している場合、証明書を Webex Share と共有します。信頼のおける認証機関により署名された証明書を使用してローカルのAppSpaceサーバを利用している場合は、証明書を共有しません。

1

https://admin.webex.com/の顧客ビューから、デバイスに進みます。

2

インベントリからデバイスを選択して、詳細設定を開きます。

3

DigitalSignageServerを選択します。

4

フィールドにAppSpace URLを入力します。

5

適用をクリックします。